新着記事

梅雨を楽しもう!甲信越・北陸のあじさいの名所・見頃5選

咲き始めてから徐々に色が変化していく様子から、あじさいの花言葉は「移り気」、別名は「七変化」や「八変化」と呼ばれます。次々と色が変化する要因は土壌の酸性度で、酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。
今回は雨の日であっても傘をさして見に行って損のない甲信越・北陸のあじさいの名所・見頃5つをご紹介します!

【井の頭公園駅】戦前から続く絶品だんご店やギャラリーにふらっとよりみち散歩

井の頭公園へ行く時に利用する駅といえば「JR吉祥寺駅」の他に、京王井の頭線の「井の頭公園駅」があります。井の頭公園駅は下車してすぐに公園に到着するのですが、なかなか利用する機会が少ないのでは?今回は美しい緑と個性あふれるお店が点在する「井の頭公園駅」エリアの素敵スポットをご紹介します。

紙マニア必見イベント「紙博 in 東京 vol.2」が浅草で

2018年6月9日と10日の2日間、東京都立産業貿易センター台東館にて手紙社のイベント「紙博 in 東京 vol.2」が開催されます。

現代美術やマンガへの影響まで検証 オディロン・ルドンの展覧会

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、2018年7月22日(日)~12月2日(日)に、オディロン・ルドン(1840-1916)の展覧会「ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ」を開催します。

北海道・東北で見に行きたいバラの名所・見頃おすすめ5選!

バラの花は、色や形など見ているだけでワクワクする、ちょっと大人な気分になれる花。
北海道・東北にも素敵なバラの名所がいくつもあります。緑の葉と共に色づくバラ園はまるで欧米の庭園のようで、写真映えも抜群!

今回は、北海道・東北で訪れておきたいおすすめのバラ園やバラの名所を7つご紹介します。

北海道・東北で見たいポピーの花畑の名所・見頃おすすめ5選!

春はさまざまな花が咲き誇る季節。その中でも花畑一面に咲くポピーの光景は壮観です。
そんなポピーの季節は、おおよそ桜の季節が終わった後の、陽気もぽかぽかとしてくる頃。 ですが、北の地方では暦としてはもう少し後のほう。
今回は、地元からでも遠方からでも訪れて損がない、北海道・東北のポピーの名所や見頃を5つご紹介します!

甲信越・北陸で見ておきたいバラの名所・見頃5選!

バラの花は、色や形など見ているだけでワクワクする、ちょっと大人な気分になれる花。さらに、緑の葉と共に色づくバラ園はまるで欧米の庭園のようで、写真映えも抜群!
甲信越・北陸にも素敵なバラの名所がいくつもあります。バラの季節は春と秋の年2回。今回は、甲信越・北陸で訪れておきたいおすすめのバラ園やバラの名所・見頃を5つご紹介します。

大盛況の「湘南祭 2018」に行ってきた!サザン愛に包まれて、グルメもステージも満喫

2018年4月28日(土)・29日(日)に行われた「湘南祭 2018」。神奈川県茅ヶ崎市の「サザンビーチちがさき」で開催されました。なんと今年で25回目だそう。

茅ヶ崎といえば、サザンオールスターズ・桑田佳祐さんの出身地。サザンオールスターズとお祭り好きの血が騒ぎ、「行くっきゃない!」ということで、実際に遊びに行ってきました〜!参加するのは今回が初めて。会場は熱気に包まれて、大きな盛り上がりを見せていましたよ。

そこで、当日の様子をお伝えします。わたしが行ったのは、4月29日(日)。事情があって1時間半ほどしか参加できなかったのですが、十分楽しめました!それでは早速、レポートしていきますね。

梅雨どきに!日帰りで行く関東の花菖蒲の名所・見頃5選!

梅雨は雨の日が続き毎日ジメジメとして、どうしても外出しづらい時季。でも、梅雨時期に見ごろを迎えるお花もあります。その中の一つが花菖蒲。
雨の日はあまり遠出はしたくないもの。関東圏で日帰りで行ける花菖蒲の名所・見頃を5つご紹介します!

梅雨を楽しもう!東海地方のあじさいの名所・見頃のおすすめ5選

咲き始めてから徐々に色が変化していく様子から、あじさいの花言葉は「移り気」、別名は「七変化」や「八変化」と呼ばれます。次々と色が変化する要因は土壌の酸性度で、酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。
今回は雨の日であっても傘をさして日帰りでも見に行って損のない東海地方のあじさいの名所5つをご紹介します!

Banner