大阪府の東南部・南河内地域に位置する「大阪府 富田林市」。古くは戦国時代からの町並みが残る歴史の深い街です。農業体験やアスレチックなどの自然をいろんな形で満喫できるスポットも点在し、ちょっと立ち寄るだけでも満足感のある体験ができるはず。今回は、そんな富田林市の観光名所を5箇所ご紹介します。

この記事の目次

瀧谷不動尊

三代不動明王のひとつ!眼病平癒のご利益をもつ壮大な古刹


弘仁12年(821)、弘法大師空海により作られた「瀧谷不動尊(たきだにふどうそん)」。日本三不動のひとつと呼ばれ、交通安全や厄除けにご利益があるとされています。


このお寺のもうひとつの呼び名は「眼の神様」。

正平15年(1360)足利氏の戦火を逃れ、本尊と両童子は滝の下へ移されたそう。その後、眼の見えない老僧が現れてご本尊の霊験を説き小堂を建て日夜問わず礼拝したところ、目が見えるようになったという伝説から、眼病平癒の神様として伝わるようになりました。


さらに「眼の神様」から派生して「芽の出るお不動様」としても親しまれ、商売繁盛、開運にもご利益があると広く信仰されています。毎月28日の縁日にはお参りでたくさんの人で賑わい、その信仰の篤さが伺えますよ。


毎年5月28日には、柴灯大護摩供(さいとうだいごまく)という行事が。数百人の修験者により大練供養が行われ、十数万本の護摩木が焚かれる風景は迫力満点!せっかくならその日をめがけて不動尊へお参りに行ってみるのはいかがでしょうか?

9e5f51e92702f13a

瀧谷不動尊


住所

大阪府富田林市彼方1762


営業時間

①営業時間

6:00~16:30

毎月28日は御縁日

28日には本堂で終日御本尊開扉大護摩供を厳修し、秘仏のご本尊がご開扉されます

②本堂御護摩祈祷

【午前】5:00/10:00/11:30

【午後】13:00/14:00/15:30


アクセス

電車:

近鉄長野線「滝谷不動駅」から徒歩で約15分


バス:

毎月28日のみ「富田林駅」よりバスあり


車:

阪和自動車道「美原北IC」から約30分


駐車場

有り

(無料)


ウェブサイト

http://www.takidanifudouson.or.jp/

寺内町

まるで時代劇!風情のあるレトロな町並みをのんびり散策


江戸時代以前の町家やお寺など、古き良き町並みが残る「寺内町(じないまち)」。そこに一歩踏み入ればまるでタイムスリップしたような気分になれる、散策にぴったりなスポットです。


石畳に瓦屋根といった趣深い風景は「日本の道100選」や大阪府唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれている貴重な空間。夏の夜にはライトアップもあり、よりいっそう幻想的な風景が広がります。


東西南北に基盤の目のように道が走る寺内町では、辻角の道路を半間ほどずらし、見通しをわざと悪くする「あてまげの辻」という作りになっているとか。敵の侵入に時間をかけるようにと戦国時代ならではの工夫が込められているのも、面白いですよね。


現存する町家の中でも最古と呼ばれ、優れた町家建築と呼ばれる「旧杉山家住宅」では見学も可能。他にも吉田松陰の訪れた「仲村家住宅」など、歴史の深さを感じられる建造物が至る場所に点在しています。ぜひ、寺内町へ訪れた際はこちらもチェックしてみてください。

009e56be7ba0af7f

寺内町


住所

大阪府富田林市富田林町


アクセス

電車:

近鉄「富田林駅」又は「富田林西口」駅から徒歩で約7分


車:

①阪和自動車道「美原北IC」から約20分

②西名阪自動車道「藤井寺IC」から約30分

③南阪奈道路「羽曳野IC」から約15分


駐車場:

有り

市営東駐車場(30台)


ウェブサイト

http://tondabayashi-navi.com/miru/jinaimachi.html

龍泉寺

季節の花々が美しい、国の名勝に指定された庭園のある古刹


推古天皇2年(594年)、蘇我馬子が創建したとされる「龍泉寺(りゅうせんじ)」。「龍泉」という名前は、龍にちなんだお話がはじまり。


池に住みついた悪い龍が里の人々に害を与えていたため、蘇我馬子が寺を建て退治した。しかしその後、水脈が枯れ里が衰退してしまうことに。そこで弘法大師が祈祷したところ、清らかな泉が湧き出した…という仏法の力を示した伝説があるそうです。


お話にも出てきた庭園は、国の名勝に数えられるひとつ。名刹にふさわしい静寂な雰囲気とゆたかな自然を味わうことができ、睡蓮や菖蒲、ハスなどの美しい花々をゆっくりと眺めることができます。


さらに、鎌倉中期の作と伝わる「仁王門(重要文化財)」、迫力のある「金剛力士立像(府指定文化財)」、弘法大師が雨乞いをした「雨井戸」など見どころは他にもたくさん!貴重な建造物から美しい庭園が見られる風情ゆたかな龍泉寺、ぜひ立ち寄ってみてください。

龍泉寺


住所

大阪府富田林市龍泉888


営業時間

9:30~17:00


利用料金

・大人:300円

・小人:150円


アクセス

バス:

近鉄長野線「富田林駅」より金剛バス「龍泉駅」下車、徒歩約10分


車:

阪和自動車道「美原北IC」から約30分


駐車場

有り

(無料)


ウェブサイト

http://tondabayashi-navi.com/miru/ryusenji.html

錦織公園

甲子園球場の16倍!豊かな自然を満喫できる憩いの場


羽曳野丘陵の起伏にとんだ地形を活かした、甲子園球場16個分の広大な面積を誇る「錦織(にしこおり)公園」。大阪みどりの百選にも選ばれている自然ゆたかな公園で、梅や桜、ツツジなど季節折々の花々が咲き誇る、気持ちの良いスポットです。


園内にある展望台に登れば、葛城山や金剛山、和泉葛城山を望むことのでき、360°広がるパノラマを楽しむことができます。山脈に囲まれた富田林市ならではの絶景を、ぜひ堪能してみてください。


「やんちゃの里」では大きな滑り台やネッククライマーなどもあり、お子様連れにもぴったり。他にも、昔ながらの農村風景を再現した「河内の里」では風情のある茶畑や木造のおうちがあり、中では持ち寄りのお弁当などもいただけます。


のんびりと森林浴するもよし、お子様と一緒に遊具を楽しむもよし。いろんな過ごし方ができる市民に親しまれている公園で、憩いのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

2d121d1acbfc629b

錦織公園


住所

大阪府富田林市錦織1560


アクセス

電車:

①南海高野線「金剛駅」から徒歩で約30分

②南海高野線「滝谷駅」から徒歩で約20分

③近鉄長野線「滝谷不動駅」から徒歩で約20分


車:

阪和自動車道「美原北IC」から約22分


駐車場

有り・718台(北臨時駐車場を含む)


ウェブサイト

http://nishikori-park.jp/

城山オレンヂ園

メイド・イン・山のおやじ!何でもありな大型テーマパーク!?


みかんや栗拾い、いも掘りなどの味覚狩りにBBQ、アスレチックやザリガニ釣りに。地元民からは「南大阪のU●J」とも呼ばれる、何でもありな観光農園「城山オレンヂ園」。

76dac44808b4b57f

なんとこの広大な園はすべて「山のおやじ」の手作り! 「恐怖のアスレチック」と看板に掲げる滑り台やターザンロープ、土手すべりなどなど、ここでしか経験できないスリル満点&味わいのある遊具を楽しむことができます。

C8b7881932ba4055

そして、園内のあちこちにある、山のおやじによるユニークな看板もポイント。「落とすな!みかんとゴミと自分の財布」「当園ではなにからなにまでセルフです、どうぞよろしく!!」そんな手作り感たっぷりの素朴なメッセージに、思わずほっこり頬が緩んでしまうかも。


ちなみに売店はありますが10〜11月の土日祝のみ営業なので、基本は持ち込みとなります。テラス席もあるので、体を動かした後は山上からの景色をゆっくり眺めるのもおすすめですよ。


子どもはもちろん、かつて子どもだった方もきっと思いきり楽しめる時間になるはず! 自然と夢があふれる富田林市の遊び場で、ぜひ思い出を作ってくださいね。

B14ce8dd311d4d9b

城山オレンヂ園


住所

大阪府富田林市伏見堂1003


営業時間

①営業時間

・3月~9月/10:00~17:00(入園受付15:30まで)

・10月~12月上旬/10:00~16:00(入園受付15:00まで)

※状況にて変更あり

②定休日

・3月~9月 基本火曜日・平日不定休あり(悪天候など)

・10月~12月 平日悪天候など臨時休園あり

・12月中旬~3月中旬 休園


利用料金

目的や時期により異なる


アクセス

電車:

 近鉄南大阪線「汐ノ宮駅」から徒歩で約25分


車:

阪和自動車道「美原北IC」から約30分


駐車場

有り(無料)

約100台


ウェブサイト

http://yamano-oyaji.com/

いかがでしたか?

今回は大阪府富田林市の観光スポットを5箇所ご紹介しました。古くからの町並みや寺社仏閣の多い富田林市ですが、昔の良さを活かしつつ今もなお楽しめる場所として健在なのが魅力です。お子さまから大人まで思う存分満喫できるスポットも豊富なので、ちょっと寄り道したい時はぜひ足を伸ばしてみてください。