大阪府の南西部に位置する「阪南市」。大阪湾と和歌山の県境に面しており、海と山に囲まれた豊かな場所です。海側では夕陽百選に選ばれた「せんなん里海公園」、山側では約1000本の桜が咲き乱れる「山中渓」。そのほか、歴史根深いお寺も点在しています。今回は、そんな大阪府阪南市の観光名所を5箇所ご紹介しましょう!

この記事の目次

山中渓

豊かな自然風景を背景に、1000本の桜が咲き誇る


和歌山との県境にある「山中渓(やまなかだに)」。

約1,000本の桜が河川敷に咲き誇る、桜の名所として有名です。


遡ること江戸時代、山中渓には紀州街道が通っており、参勤交代の大名をもてなす宿場町として栄えていました。その後、昭和中頃まで温泉宿として賑わいますが、徐々に人の往来が少なくなっていきます。そこで、昭和40年代から山中渓に流れる「山中川」の河川敷に桜の植栽を始めました。


現在、河川敷には見事な桜並木が連なり、毎年3月下旬〜4月中旬にはソメイヨシノ・山桜が咲き誇ります。JR阪和線の車窓からの眺めも美しく、桜のトンネルの中をくぐっているかのようです。期間限定でライトアップもされますよ。

30dfe90c8308c4e8

桜シーズンだけでなく、山中渓の豊かな自然風景はいつ訪れても美しい。初夏には葉桜の袂で紫陽花がふっくらと咲き誇り、晩夏には彼岸花、秋には萩の花が河川敷を鮮やかに染め上げます。

48714971f98d6aae

山中渓


住所

大阪府阪南市山中渓


アクセス

電車:

JR阪和線「山中渓駅」からすぐ


車:

阪和自動車道「泉南IC」から約15分


駐車場

有り(有料)


ウェブサイト

http://www.city.hannan.lg.jp/kankou/kankospot/miru/1333611758079.html

わんぱく王国

大型肉食恐竜がシンボル!頂上の砦から眺める絶景


巨大な恐竜のオブジェが目印!

JR阪和線「山中渓駅」から徒歩数分、市営公園「わんぱく王国」があります。桜シーズンには「山中渓桜祭り」も開催され、多くの人たちで賑わいます。


某恐竜映画を想像させるゲートをくぐれば、待ち受けるのは豊かな自然と広大な敷地内に点在した特徴的な遊具の数々。子ども達に人気なのが、山の急斜面を利用した大型滑り台(ローラーエクスプレス)です。


全長約200mで、最終地点では恐竜の口の中へと吸い込まれていきます。

ちなみに、この恐竜は大型肉食恐竜「ディメトロドン」がモデル。高さ10m、長さ21m、幅5mになり、わんぱく公園のシンボル的存在です。

5df022343a9ed611

また、わんぱく公園内を上へ上へと登っていくと、頂上付近には「わんぱく砦」がそびえ立っています。標高約210mの山頂にある、木造3階建の展望塔。阪南市の町並みはもちろん、大阪湾や遠くには関西国際空港を望める絶景スポットです。辿り着くまでは少々大変ですが、是非、わんぱく砦を目指して登ってみてくださいね!

1cf6df83302e582d

わんぱく王国


住所

大阪府阪南市山中渓119-8


営業時間

①営業時間

9:30〜16:30

(5月1日〜9月30日は17:00まで)

②定休日

毎月第3水曜日、12月29日~1月3日


利用料金

無料


アクセス

電車:

JR阪和線「山中渓駅」からすぐ


車:

阪和自動車道「泉南IC」から約15分


駐車場

有り(有料・140台) 

・普通車 500円、大型車 1,500円


ウェブサイト

http://www.city.hannan.lg.jp/info/1519367973512.html

波太神社

江戸時代の建築様式が現存、秋祭りの舞台となる神社


平安時代の法典「延喜式」に記載される式内社「波太(はた)神社」。

戦国時代には織田信長の紀州成敗の本陣が敷かれ、豊臣秀吉・徳川家康による焼き討ちを経て、寛永15年(1638)に建立された本殿・社殿が現存する、怒涛の時代を潜り抜けてきた神社です。


波太神社の見所といえば、立派な本殿と社殿。江戸時代の建築様式「三間社流造」という建築様式がそのまま残っており、歴史的価値の高い建造物として国の重要文化財にも指定されています。


また、大阪府条例の指定を受けた「三十六歌仙扁額」も所蔵。約1000年前の歌人・藤原公任の著書に掲載された和歌の名人の肖像画です。そのほか、拝殿前の石灯篭は豊臣家の家臣・片桐且元が寄進したものとされています。


波太神社が最も盛り上がるのは、体育の日に開催される秋祭りのとき。

1日目には豪華絢爛なやぐらが拝殿前を豪快に駆け上がり、2日目には境内で神事を終えた神輿が海老野の浜で海の中へと駆け込む「神輿渡御」が行なわれます。

波太神社


住所

大阪府阪南市石田167


営業時間

①営業時間

9:30〜16:30

②定休日

年中無休


アクセス

電車:

JR阪和線「和泉鳥取駅」から徒歩で約15分


車:

阪和自動車道「泉南IC」から約15分


駐車場

有り(無料)


ウェブサイト

http://www.city.hannan.lg.jp/kakuka/shimin/mkatsu/spot/jinja.html

法福寺(お菊寺)

豊臣家と共にこの世を去った、悲運な女性の物語


文亀元年(1501)に創建された「法福寺」。

正式名称を「楊柳山西照院法福寺」、通称「お菊寺」と呼ばれています。


名称の由来は、20歳という若さで死を遂げた女性の物語。

関白・豊臣秀次と側室・小督の間に生まれた姫・お菊。しかし、秀吉によって父母が処刑され、生後1ヶ月で親を亡くしてしまいます。


その後、後藤六郎兵衛輿義の養女として育てられ、紀州の山口兵内に嫁入り。しかし、大坂夏の陣で豊臣方についた夫は討ち死に、大阪城の落城と共にお菊も捕らえられ、紀ノ川で処刑されてしまいます。


後藤家の養母が悲運の死を遂げたお菊を哀れんで木像を造り、後藤家の菩提寺だった法福寺に納められます。その後、火災によって焼失するも、安政5年(1858)、村人たちによって改めて造像。現在も法福寺に現存・祀られています。

法福寺(お菊寺)


住所

大阪府阪南市鳥取1221


営業時間

6:00~18:00


アクセス

電車:

南海本線「鳥取ノ荘駅」から徒歩で約3分


車:

阪和自動車道「泉南IC」から約15分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://hannan-tb.jp/spot/detail.php?pkId=33&archive=1

せんなん里海公園

大阪湾に沿って広がる公園、「日本の夕陽百選」認定


大阪湾に面している阪南市。

その海岸に沿って広がっているのが「せんなん里海公園」です。


里海と名付けられた由来は、海と人が共に暮らしてきた文化を表す「里」とその「海辺」を表したいという想いが込められています。その名の通り、地元の人たちはもちろん、市外からも多くの人たちが訪れる公園です。

013566f5548abfc5

公園内には、「ピチピチビーチ(箱作)」と「ときめきビーチ(淡輪)」の2つの海岸があり、海開きシーズンには海水浴客が集まります。また、カフェテリアやビーチハウスなどもあるので、穏やかな潮の満ち引きや遠くには淡路島・明石海峡大橋を眺めることもできますよ。


特におすすめなのが、夕暮れの時間帯。遠く地平線に夕日が沈んでいく様子は情緒にあふれ、阪南市観光の締めくくりにぴったり。「日本の夕陽百選」にも選ばれている絶景です。四季折々の草花を愛でながら、夕刻の時間を待ってみてはいかがでしょうか。

せんなん里海公園


住所

大阪府阪南市箱の浦6097


営業時間

①営業時間

8:30~17:00 (土日祝は8:00~) 

②定休日

年末年始


利用料金

無料(施設により有料)


アクセス

電車:

①南海本線「箱作駅」から徒歩で約15分 

②南海本線「淡輪駅」から徒歩で約10分


車:

阪神高速道路「泉佐野南出入口」から約25分


駐車場

有り(有料)


ウェブサイト

http://www.osaka-park.or.jp/rinkai/sennan/main.html

いかがでしたか?

今回は、大阪府阪南市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

山中渓に連なる桜並木にはじまり、重要文化財を有し、秋祭りのメイン舞台にもなる波太神社、大阪湾に沈む夕日が幻想的なせんなん里海公園など、豊かな自然を背景に歴史も感じられるスポットがたくさん!コンパクトにまとまっているので、車があれば1日で巡ることもできますよ。山と海の魅力を同時に味わいたいなら、阪南市がおすすめです!