大阪市に隣接し、大阪のベッドタウンとして栄えている門真市。主に住宅街が広がっていますが、辺りを見渡してみると、国の天然記念物である楠木やパナソニックの歴史館まで、ここでしか見ることができないおすすめスポットがたくさん!今回はそんな大阪府門真市の観光名所を5箇所ご紹介します。

この記事の目次

堤根神社(つつみねじんじゃ)

運気が「浮き上がる」!?1600年前創建とされる門真最古の宮


京阪電鉄「大和田駅」を北へ行くとすぐの場所にある「堤根神社(つつみねじんじゃ)」。その起源は今から約1600年前、旧淀川に日本最古の堤防である「茨田堤(まんだのつつみ)」を築く際、堤防を守るために創建された神社といわれています。


堤根神社は「運気浮かびあがり」の神様として親しまれているのが特徴。なぜ"浮かび上がり"なのかというと、それは堤防を築く際に起きた出来事に由来します。


茨田堤を造る大事業は難航し、かつて天皇は強頸(こわくび)と茨田連衫子(まんだのむらじころもこ)の2人を人身御供をして河の神に捧げようとした。強頸は身を捧げたが、衫子は「この瓢箪(ひょうたん)が沈めば身を捧げるが、沈まなければ捧げない」と瓢箪を投げ入れた。瓢箪が浮かび上がったので、衫子は死ぬことなく堤防も完成したというお話。


怯まず困難に立ち向かった衫子が祈った瓢箪は、願いが浮かびあがり実るようにと、特別な印としてこの神社で伝わっています。境内で実った瓢箪をお守りにした「浮かび守り」は、毎年限定数での頒布。立ち寄った際は覗いてみてくださいね。

7aeddf95e82c735a

堤根神社(つつみねじんじゃ)


住所

大阪府門真市宮野町8-34


アクセス

電車:

京阪電鉄「大和田駅」より徒歩で約3分


車:

阪神高速「都島IC」より約12分


駐車場

有り


ウェブサイト

https://tutumine.jimdo.com/

パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館

松下幸之助と会える!?経営の神様と家電の歴史を辿る旅


本社工場を門真に構えるパナソニック株式会社。その創業者である松下幸之助の歴史を辿り、その経営観や人生観を見つめることのできる場所がここ「パナソニックミュージアム」です。


ミュージアムは「松下幸之助歴史館」「ものづくりイズム館」「さくら広場」の3つから成り、歴史館は創業100年を記念して2018年3月にリニューアルしました。


歴史館内には創業当時の開発状況を再現した「創業の家」、松下幸之助の言葉やパナソニック100年の歴史を学べるミニシアターがある「学びの社」、ゆっくりと資料を覗けるライブラリーもあり、様々な角度で松下氏にスポットを当てています。


ものづくりイズム館では昔懐かしい家電製品も並び、電化製品の発展を見て感じられるのも魅力です。また、特別展やワークショップが定期的に開催され、何度訪れても新しい気づきがあるのは嬉しいですね。


松下幸之助の商売、経営、人づくりの哲学を学べる館。

入館料は無料なので、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館


住所

大阪府門真市大字門真1006


営業時間

①営業時間

9:00~17:00(入館は閉館30分前まで)

②定休日

日曜、年末年始


利用料金

入館無料


アクセス

電車:

京阪電車「西三荘駅」から徒歩で約2分


車:

阪神高速「都島IC」から約13分


駐車場

あり


ウェブサイト

https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum.html

三島神社

国の天然記念物、雄大な楠木がそびえる神社


門真南駅から徒歩10分ほどにある「三島神社(みつしまじんじゃ)」。

楠木を御神木とする神社は数あれど、こちらの神社では国の天然記念物に指定される巨大な楠木が鎮座。自然が生み出したパワースポットです。


樹齢1000年を超える楠木の幹回りは約13m、高さは約25mもあり、日本国内でも有数の巨木とされています。どっしりと地におろした根には大きなこぶがいくつもあり、枝分かれした5本の大枝がうねるように天へとのびる様は圧巻です。

Ddfc8bb2f784228d

楠木は「薫蓋樟(くんがいしょう)」という名前があり、これは江戸時代に詠まれた和歌からとったものだそう。根の近くに歌碑が添えられているので、チェックしてみてくださいね。


薫蓋樟は大阪みどりの100選のひとつでもあり、1989年には得票数1位となったことも。古くから地域の人々に愛され、街を見守ってきた大樹だったことがわかります。門真市のシンボルでもある天然記念物のある神社、ぜひ気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Bf5bf76a8d880277

三島神社


住所

大阪府門真市三ッ島1-15-20


アクセス

電車:

地下鉄長堀鶴見緑地線「門真南駅」より徒歩で約10分


車:

近畿自動車道「門真IC」から約6分


駐車場

なし


ウェブサイト

http://www.jinjacho-osaka.net/osakafunai-no-jinjya/dai3sibu/kadoma-city/m24_03_kadoma_mitusima.html

弁天池公園

古くからの言い伝えが残る、緑ゆたかな門真のオアシス


門真の最東にある、自然緑地公園「弁天池公園」。少し小高い芝生広場からは生駒山を望めたり、森林浴ができる森があったりとのんびり過ごせる憩いのスポットです。


園内にあるワンパクランドは水遊びや吊り橋渡り、トンネルくぐりなどがありお子様と一緒に活発に楽しめるのがポイント。夏にはメダカやアメンボがいるので、動植物の観察にもぴったりです。


公園のメインである「弁天池」には、ある言い伝えが。

昔、ある雨の降らない時期に若者が池の水や魚を獲って使っていたところ、若者が次々と怪我をするように。その夜、弁天様の使いが若者の夢に出て「池を汚すな」と告げたそう。それから魚を獲らず、水を汲む時は弁天さんにお参りするようになると、池の底から水が湧き出たというお話。今も園内には弁財天を祀った弁財天堂があり、公園の景観を見守ってくれています。


そのほかにも、花菖蒲園や紫陽花、桜、梅など約8,000本の植物が植えられており、四季折々のゆたかな自然を感じられるのも魅力。お天気の良い日はもちろん、雨の日も趣ある風景を観られます。門真市のオアシスへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

弁天池公園


住所

大阪府門真市岸和田1-8-2


アクセス

バス:

京阪本線「大和田駅」より乗車、「岸和田駅」下車、徒歩約10分


車:

近畿自動車道「門真IC」から約16分


駐車場

あり(有料)


ウェブサイト

https://www.city.kadoma.osaka.jp/kyoiku/shisetsushokai/spo_rec/benten.html

砂子水路

200本のソメイヨシノが咲き誇る、市内随一の桜の名所


南北約500mにわたり、水路の両岸に約200本の桜が植えられている桜の名所「砂子水路」。春には門真市内で一番の桜の名所となり、その華やかな風景は「大阪みどりの百選」にも選ばれています。


嬉しいのは、水路ならではのお楽しみ「観桜舟」があること。土日限定ですが両岸にある桜の花道を舟の上から眺めることができ、往復約25分の遊覧を楽しむことができます。この舟は地元の方のご厚意により、なんと無料で乗ることができるのだから驚きです。


現在、桜の名所として親しまれている砂子水路。

60年代頃までは田んぼやれんこん畑で使われていた農業用水だったとか。住宅地開発により水質が悪化した時期を乗り越え、地元自治会による地道な掃除により今の美しい景観が取り戻されたそう。


地域の人々から愛される歴史の深い桜並木。門真市らしいアットホームな雰囲気の中で味わえる見事な花のトンネルを、ぜひ見にきてみてください。

砂子水路


住所

大阪府門真市三ッ島


アクセス

バス:

京阪電車「古川橋駅」より乗車、「三島団地前」下車すぐ


車:

近畿自動車道「門真IC」から約6分


駐車場

無し


ウェブサイト

https://www.city.kadoma.osaka.jp/shisei/k_shokai/meisho.html

いかがでしたか?

今回は大阪府門真市の観光スポットを5箇所ご紹介しました。

松下幸之助の記念館や言い伝えの残る歴史深い神社があったり、興味深いスポットがいくつも点在しているのが門真市の魅力。大阪市から30分足らずで行けるアクセスの良い立地でもあるので、寄り道にちょっと立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。