福井県では、1989年からの発掘調査によりフクイラプトル、フクイサウルスなどのたくさんの恐竜が発見されています。中でも県北東部に位置する「勝山市」は恐竜化石発掘数日本一の街で、市内全域が「恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク」に認定されています。今回は、そんな恐竜王国勝山市の観光スポットを5箇所ご紹介します。

この記事の目次

かつやま恐竜の森

化石発掘体験もできる!


「かつやま恐竜の森」は、里山の豊かな自然環境を保全した都市公園です。広大な園内には、「福井県立恐竜博物館」や「かつやまディノパーク」など、恐竜に会えるスポットが目白押し!春から秋にかけては、有料で化石の発掘も体験できます。


大型遊具やアスレチックも充実していて、子どもたちが大喜びすること間違えなし!「ティラノサウルス広場」と「チャマゴン広場」という2つの広場には、ターザンロープやすべり台などの遊具や巨大な恐竜のモニュメントが、たくさん設置されています。


公園が雪に覆われる冬には、「恐竜の森スノーランド」がオープン。クロスカントリースキーやそり滑りなど、様々な雪遊びが楽しめます。


かつやま恐竜の森には、親子で一日遊べるスポットがいっぱい! ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

8bc31c23cf91bf32

かつやま恐竜の森


住所

福井県勝山市村岡町寺尾51-11


営業時間

①営業時間

7:00〜20:00

・遊歩道利用時間

9:00〜16:00

②定休日

12月29日から1月2日まで


利用料金

どきどき恐竜発掘ランド

・大人:1,030円

・高校生:830円  

・4歳~中学生:520円


アクセス

電車:

えちぜん鉄道かつやま永平寺線「勝山駅」からコミュニティバスにて約15分


駐車場

あり(無料)


ウェブサイト

https://kyoryunomori.net/

かつやまディノパーク

実物大の恐竜に会える!


かつやまディノパークでは、ライフサイズ(実物大)の恐竜が40頭以上も展示されています。森の中では、全長約20mの巨大な草食恐竜マメンチサウルスや、映画「ジュラシックパーク」でもお馴染みのヴェロキラプトルなど、たくさんの恐竜がお出迎え。恐竜たちはみんな動いたり鳴いたりと、まるで生きているようなリアルさで、太古の時代にタイムスリップしたかのような不思議な気分を味わえます。恐竜と間近で写真撮影できるので、カメラ持参で行くのがおススメです。


かつやまディノパークでは、ほかにも「巨大昆虫冒険ツアー」という、巨大昆虫の住む森を専用トラムカートで巡る冒険ツアーに参加することもできます。

巨大な恐竜や昆虫に会いに、ぜひ訪れてみてください。

8260bfbe67b263dd

かつやまディノパーク


住所

福井県勝山市村岡町寺尾51-11


営業時間

①営業時間

9:00~17:00(最終入場16:30)

※季節や天候により変更の場合あり

②定休日

第2・第4 水曜日

※夏休み期間は無休


利用料金

・600円(3歳から)

※2歳以下無料


アクセス

電車:

えちぜん鉄道かつやま永平寺線「勝山駅」からコミュニティバスにて約15分


駐車場

かつやま恐竜の森の駐車場を利用(無料)


ウェブサイト

https://www.dinopark.jp/

福井県立恐竜博物館

世界三大恐竜博物館の一つ


福井県立恐竜博物館は、恐竜に関する資料を展示した日本最大級の博物館です。巨大なドームの中には、化石や標本、巨大復元ジオラマ、本物のように動く恐竜ロボットなどなど、1,000点を超える展示物が揃っています。

2fc5f6b157832017

一番の見どころは、40体以上の恐竜の実物大骨格標本です。中には、本物の骨が使われている恐竜もあり、カマラサウルスの標本は9割以上がリアルな化石で造られています。

C84fdfa8adcd759b

ほかにも、岩から化石を削り出す作業を間近で観察できる「化石クリーニング室」や、本物のティラノサウルスの骨に触ったりできる「ダイノラボ」という展示室などもあり、色々な角度から恐竜について学べます。


また、実際の発掘現場に専用バスで行くツアーも開催され、化石発掘を体験することもできます。


迫力ある展示の数々に、大人でもワクワクしてしまうこと間違いなしのスポット! 恐竜好きも、そうでない人も、一度は訪れておきたい博物館です。

福井県立恐竜博物館


住所

福井県勝山市村岡町寺尾51−11


営業時間

①9:00〜17:00(入館は16:30まで)

時期により延長開園あり

②定休日

・第2・4水曜日(祝日の時は翌日が休館、夏休み期間は無休)

・年末年始(12月29日から1月2日)


利用料金

常設展観覧料

・一般: 720円

・高・大学生:410円

・小・中学生:260円


アクセス

電車:

えちぜん鉄道かつやま永平寺線「勝山駅」からコミュニティバスにて約15分


駐車場

かつやま恐竜の森の駐車場を利用(無料)


ウェブサイト

http://www.dinosaur.pref.fukui.jp

ホワイトザウルス

フォトスポットしても大人気の白い恐竜


勝山市内には、たくさんの恐竜のモニュメントが設置されてます。その中でも特に有名なのが、恐竜博物館近くの市道沿いにある「ホワイトザウルス」です。全長16.9mの白い恐竜が、田んぼの真ん中に立つ様は迫力満点!


ランドマーク的存在のホワイトザウルスですが、現在の恐竜は実は2代目。初代は福井県がイベント用に造った像を勝山市が譲り受け、2012年に設置したものでした。しかし越前和紙や竹で造られていたため、骨組みの腐食により頭部が落下してしまいます。


その後、クラウドファンディングによる寄付で再建資金の一部が集められ、2017年11月に繊維強化プラスチック製のホワイトザウルスとして見事復活を遂げました!


巨大なホワイトザウルスの周りは、芝生広場として整備され、撮影スポットとしても大人気。SNS映えしそうな珍しい恐竜に、会いに行ってみてはいかがでしょうか。

ホワイトザウルス


住所

福井県勝山市村岡町郡


アクセス

車: 

261号線郡町交差点を恐竜博物館方面へ


ウェブサイト

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/264704

スキージャム勝山

恐竜を満喫できるリゾート


スキージャム勝山は、西日本最大級のスノーリゾートです。最長滑走距離5,800mもあるゲレンデには、初心者から上級者まで楽しめる12のコースや、小さなお子様でも安心して遊べるキッズパークがあります。

16e708693d9ca4d4

雪のないグリーンシーズンは、バーベキューやパラグライダーなどを楽しめる高原リゾートに様変わり。「わんぱく恐竜ランド」というエリアには、恐竜をモチーフにしたフワフワのトランポリンやアスレチックなどがあり、ファミリーで楽しめます。


そんなスキージャム勝山に、この夏恐竜がテーマにした北陸最大級のイルミネーションが誕生しました。約60万個の電球を使い、地球誕生から恐竜が栄えた中生代までを6つのエリアで演出しています。

2018年のイルミネーション開催は、10月28日(日)まで。幻想的な光の世界を体験しに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

0034460d767da1be

スキージャム勝山


住所

福井県勝山市勝山170−70


営業時間

①例年の営業期間 12月中旬~4月上旬 

②休業日 無し 

③平日 8:00〜17:00 

④土曜7:30〜17:00 

⑤休日 7:30〜17:00 

⑥ナイター営業なし


アクセス

バス: 

JR北陸本線「福井駅」から直行バス利用で約60分 


車: 

北陸自動車道「福井北JCT」~中部縦貫自動車道「勝山IC」から約20分


駐車場

有り 

①3,400台(有料) 

②500円/1日


ウェブサイト

http://www.skijam.jp/winter/index.php

いかがでしたか?

今回は、福井県勝山市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

市内には恐竜博物館やかつやまディノパークなど、恐竜の世界を満喫できる施設が充実しています。ホワイトザウルスなど、街のあちらこちらにいる恐竜たちを探してみるのも面白そうです。スキージャム勝山にはホテルや温泉もあり、泊りがけでの観光も楽しめます。太古のロマンを感じに、家族や恋人と恐竜巡りの旅に出かけてみてはいかがでしょうか。