地産の食材や名産品が手に入るだけでなく、地域の特色が活かされた施設が併設されている「道の駅」。今回は千葉・埼玉の「道の駅」を5つご紹介致します!

この記事の目次

開放感あるガラス張りのレストランが目を引く「道の駅 しょうなん」

66c1a2b9171767ab

ガラス張りとなっているレストランからは、手賀沼を一望しながら本格的な中華料理や、店内で焼いているパンをいただくことができます。駅の施設内には広場が設けられており、地元伝統の太鼓を披露するイベントなどが行われていたりします。

52f2d09459f87175

レストランに併設された農産物直売所では、柏市産の採れたて野菜や果物、米などを生産者が直売しています。

D0cffc038c235dea

施設内ではレンタサイクルが貸し出されているので、天気の良い日は「道の駅 しょうなん」周辺の観光を気軽に楽しむこともできます。近くには「鳥の博物館」などがあるほか、夏には花火大会も楽しめるのも手賀沼地域の魅力です。

大きな水車と白い風車がシンボルの「道の駅 たけゆらの里おおたき」

Ec757db5e4598178

大多喜はたけのこの産地として有名ですが、メダカやイノシシ肉など、都内ではなかなか目にすることのない商品が直売所に並ぶことがあります。

農産物直売所のある「あじさい館」の1階には多古米をはじめ野菜などの新鮮な生鮮食品が売られています。

5e28eea1cd6a4f36

2階には展望ラウンジとレストランが入っており、大多喜にある牧場の牛乳を使ったアイスクリームは「道の駅 たけゆらの里おおたき」の人気メニューのひとつです。

175d82dd36bb848f

豊かな自然に囲まれた「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」

898391cf35a0da7a

ユネスコ無形文化遺産に登録されている「細川紙」を継承する東秩父村にある「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」。和紙漉き技術を継承する施設も整備されており、伝統的な和紙漉きを体験できるほか、和紙の歴史や文化にも触れることができます。食堂の人気商品は手打ちそば。よりみちした際は是非いただきたい一品です。

Fbb4aaf0f8ed0abd
B3be3557db044410

イチゴ尽くしの「道の駅 いちごの里よしみ」

Ecd3a0aa1cda2688

クラシック音楽の流れているレストランでは、地粉うどんや地元の旬な野菜を使った天ぷら、「吉見イチゴ」を使ったオリジナルメニューやソフトクリームも人気です。

1月から5月のシーズン中にはイチゴ狩りができるのも、「道の駅 いちごの里よしみ」の魅力です。シーズン中によりみちをした際は、イチゴ狩りをしてその場でいただくのもいいですね。

A7bce4694eafb447

小さな子供から遊べる遊具や芝生広場があるため、子連れの家族でも十分に楽しめますね。他にも、うどんの体験施設や月に一度行われるフリーマーケットなど魅力が満載の道の駅です。

Fbeab4eaa0fdffbb


豊かな自然がいっぱいの「道の駅 くりもと」

17eb9bdeeb2a5ff9

全国の道の駅の人気商品を取り寄せた「交流物産館」があるほか、秋には地域の特産品である「ベニコマチ」の焼き芋を無料で配布する芋祭りが開催されます。施設内にある里山公園ではニジマス釣りや、ザリガニ釣りも楽しめます。

D8037a4df10d2808

田植えから稲刈りまで、種類豊富な農業体験は当施設一番の魅力で、ふれあい農園では地元の農家がインストラクターとして栽培の仕方を教えてくれます。

Add2139cf2357bdb
D22d86fad51888c3

まとめ

イチゴ狩りや農体型のほかにも釣り堀まであり、カップルや家族連れなど多くの人で賑わう道の駅。地域の特色を活かした施設が充実している道の駅を訪れて、そこでしか感じられない体験を味わったり、古き良き文化や伝統に触れる機会を作ってみたいですね。