絶叫アトラクションで有名な遊園地「富士急ハイランド」がある「山梨県富士吉田市」。富士山麓の標高約650mから850mに市街地を有する高原都市で、市内のどこからでも霊峰富士を仰ぎ見ることができます。そんな富士吉田市には、富士山にちなむ観光スポットがいっぱい!
今回は、富士山を満喫できる観光名所を8カ所ご紹介します。

この記事の目次

富士山レーダードーム館

富士山レーダーの歴史や気象観測についてを学べる!


「富士山レーダードーム館」は、35年間台風観測の砦として活躍した富士山レーダーを展示する学習施設です。ドーム内部が公開され、使用していた機器類が見られるほか、実際に動くレーダーの様子が見学できます。

NHK番組「プロジェクトX」の第一回目放送で取り上げられた富士山レーダー。館内にあるシアターでは、番組未公開のエピソードも盛り込んだドキュメンタリーが上映されています。


ほかにも、気温-8℃、風速13mという5月の富士山頂の環境が体感できるコーナーや、気象庁の職員として、富士山レーダーの建設に携わった直木賞作家の新田次郎さんのコーナーもあり、見どころ満載。国家の一大プロジェクトに力を尽くした人々の苦労を偲ぶことができます。

富士山レーダードーム館のすぐ近くには「道の駅富士吉田」があり、お土産を買ったりするのにも便利。ドライブついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

0b8bf3019930fa3d

富士山レーダードーム館


住所

山梨県富士吉田市新屋1936-1


営業時間

①営業時間 

・9:00~17:00(入館は16:30まで) 

②休館日 

・火曜日 (祝日の場合は営業、その翌日休館、ただし7・8月は無休)


利用料金

・大人:610円

・小中高生:410円

・小人(5歳以下):無料


アクセス

バス:

富士急行「富士山駅」より「サンパークふじ前駅」下車、徒歩約5分


車: 

①中央自動車道「河口湖IC」から約10分 

②東富士五湖道路「山中湖IC」から約10分


駐車場

有り(無料) 69台 

ふじさんミュージアム

富士山信仰の歴史について学べるミュージアム


富士吉田市歴史民俗博物館が、2015年にリニューアルオープンして誕生した「ふじさんミュージアム」。富士山信仰に関する資料展示をメインに、世界文化遺産の構成資産や富士吉田市の歴史・民俗・産業などを紹介するミュージアムです。


1/2,000の富士山模型に投影される大迫力のプロジェクションマッピングをはじめ、「富士山昔ばなし」という富士山の伝説を紹介するアニメーション、富士講と呼ばれる富士山を信仰する人々にまつわるコーナーなど、多彩な展示が充実。富士山について様々な角度から学べます。


ふじさんミュージアムは、約180mのイロハモミジ街道があり、紅葉の名所としても有名なスポット。秋に開催される「もみじ祭り~心静かに紅葉を観る会~」のメイン会場ともなり、期間中はライトアップされた紅葉のトンネルも楽しめます。

8165a6d1f6e53f50

ふじさんミュージアム


住所

山梨県富士吉田市上吉田2288−1


営業時間

①営業時間

9:30~17:00(入館は16:30まで )

②定休日

火曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始


利用料金

・大人:400円

・子供(高校生以下):200円


アクセス

バス: 

富士急行「富士山駅」より「サンパークふじ前駅」下車すぐ 


車: 

①中央自動車道「河口湖IC」から約15分 

②東富士五湖道路「山中湖IC」から約15分


駐車場

あり(無料)


フジヤマミュージアム

展示作品は全部富士山!


「フジヤマミュージアム」は、富士急行株式会社の創立75周年記念事業としてオープンした美術館で、富士急行株式会社と公益財団法人堀内浩庵会が40年以上にわたり収集してきた富士山の絵画が展示されています。

東山魁夷、横山大観、草間彌生、梅原龍三郎など近現代の著名画家の作品ほか、長嶋茂雄氏、片岡鶴太郎氏といった文化人が描いた富士山もコレクションされ、それぞれの画家の眼を通した様々な富士の姿を見ることができます。


作品を展示する建物は、白を基調とした明るい雰囲気。開放的なアトリウムをメインに配置し、スロープ状の回廊をめぐって作品を楽しむユニークな造りになっています。

29ab37b4053392e2

富士急行株式会社の運営する富士急ハイランドに隣接し、フリーパス券を持参すれば入場無料になる嬉しい特典も。カフェやミュージアムショップもあるほか、子どもから大人まで楽しめるイベントも随時開催されています。ご家族でのんびりアート鑑賞に出かけてみてはいかがでしょうか。

55fd57f8f18feffc

フジヤマミュージアム


住所

山梨県富士吉田市新西原5-6-1


営業時間

①営業時間

・平日:10:00~17:30

・土曜:10:00 ~ 20:30

・日祝・夏季:9:00 ~ 20:30

※入館最終受付は閉館の30分前まで

②定休日

不定休、公式HPをご確認ください


利用料金

・大人:1,000円

・大学生・専門学生:800円

・高校生:600円

・中学生:500円

・小学生以下:無料


アクセス

電車:

富士急行線「富士急ハイランド駅」から徒歩で約15分

※富士急行線「富士山駅」と「富士急ハイランド駅」から無料シャトルバスあり


車:

中央自動車道「河口湖IC」からすぐ


駐車場

あり

新倉山浅間公園

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの表紙も飾った絶景!


新倉山の中腹にある「新倉富士浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)」は、650本以上のソメイヨシノが植えられ、桜の名所として知られる公園です。


麓にある「新倉富士浅間神社」の境内地から398段もの長い階段を登ると、そびえ立つのは戦没者を慰霊するために建てられた「忠霊塔」という五重塔。さらに山道を上がった先にある展望台からは、裾広がりの雄大な富士山と朱色の忠霊塔のコラボレーションを楽しめます。春には咲き誇る桜も加わり、広がる光景は「ザ・日本」!。その美しい展望は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの表紙も飾ったほどで、桜シーズンともなると国内外からたくさんのカメラマンが押し寄せます。


富士五湖エリアで随一とも称される富士山ビュースポット。富士急行大月線「下吉田駅」から徒歩約15分とアクセスも良好なので、ぜひ訪れてみて下さい。

A2292a2fc621de30

新倉山浅間公園


住所

山梨県富士吉田市新倉3353−1


アクセス

電車:

富士急行大月線「下吉田駅」から徒歩で約15分


車:

中央自動車道「河口湖IC」から約10分


駐車場

有り

北口本宮冨士浅間神社

富士山の登山口もある!世界文化遺産の構成資産の一つ


1900年の由緒がある「北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)」は、富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)をお祀りする神社です。


杉木立と石灯籠が立ち並ぶ参道に一歩足を踏み入れれば、そこには神聖な空気に包まれた空間が広がります。広い境内には、本殿や拝殿、神楽殿など国の重要文化財に指定された社殿が目白押し。拝殿前には、冨士夫婦桧と冨士太郎杉という2本の御神木などもあり、パワースポットとして人気を集めています。


境内の奥には、富士山の吉田口登山道の起点となる鳥居が建ち、夏には麓から山頂を目指す登山者で賑わいます。


北口本宮冨士浅間神社は、毎年8月26日、27日に「吉田の火祭り・すすき祭り」という富士山の山じまいのお祭りが行われることも有名。26日の夜には、富士吉田市内の沿道に並んだ70本以上の大松明が炊き上げられ、迫力のある光景を見ることができます。

396f7dfb8d2a3a48

北口本宮冨士浅間神社


住所

山梨県富士吉田市上吉田5558


アクセス

電車: 

富士急行「富士山駅」から徒歩で約20分 


バス: 

富士急行「富士山駅」より約6分「浅間神社前駅」下車 


車: 

中央自動車道「河口湖IC」から約10分


駐車場

あり

白糸の滝

きらきら輝く白い絹糸の絶景


富士吉田市上墓地にある「白糸の滝」は、高さ20メートル・幅150メートルの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています。 きらきら光る白い絹糸に見えることが名前の由来となっており、その名にふさわしく優しく女性的な美しさで、訪れる人々に幻想的な世界を見せてくれます。


富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と下部の水を通さない地層である古富士火山層の境の絶壁から湧き出しており、年間を通じて水温12℃、毎秒1.5トンの湧水が流れ出ているといわれています。

また白糸の滝の隣には、曽我兄弟伝説でも知られる「音止の滝」もあります。女性的な美しさで例えられる白糸の滝とは対照的に、豪快で雄大な滝が流れているので、こちらも合わせて楽しんでみてくださいね。


滝から少し上がった所には「ミツバツツジ」の大群落があり、山肌を覆うように咲いています。富士見台からは富士山の眺望が良く絶景を楽しむことができるのでおすすめですよ。

白糸の滝


住所

山梨県富士吉田市上暮地3802 白糸の滝


アクセス

車:

中央自動車道「河口湖IC」から約40分


駐車場

有り

明見湖

美しいピンクの花を咲かせる蓮池


周囲を懐かしい里山に囲まれた「明見湖」は、湖面いっぱいに約2万株のハスが自生していることから「蓮(はす)池」の愛称で知られています。

清流と沼の多種多様な生き物が同居し、多くの水鳥が羽を休めるサンクチュアリとなっています。春は桜、夏は蓮やあじさい、秋は紅葉など、四季折々の姿を楽しむことができます。中でも蓮の見頃を迎える8月ごろには、湖面いっぱいに広がる葉の緑の上に淡いピンクと白のグラデーションの花が咲き誇り見事です。


湖を含めた一帯は「富士吉田市立明見湖公園」として整備され、遊歩道や展望台から蓮の花をお楽しみいただけます。公園内では、自然観察、ウォーキングなど、自然とのふれあいを楽しむことができるほか、「杓子山」登山客のハイキングコース、写真愛好家の方たちのビューポイントとしても親しまれています。湖の山側では、アジサイやマリーゴールド、メランポジウムの花も咲いています。

B8479a9568067d22

明見湖


住所

山梨県富士吉田市新屋1936-1


営業時間

開園時間 

①12月1日~2月28日 7:00~17:00 

②3月1日~4月30日 7:00~17:30 

③5月1日~9月30日 6:00~18:00 

④10月1日~11月30日 7:00~17:30


アクセス

車: 

中央自動車道「河口湖IC」から約25分 

バス: 

富士急行線「富士山駅」からバスで20分。下車後、徒歩で約10分


駐車場

有り

鐘山の滝

鐘の音が聞こえてくる伝説がある滝


山中湖で湧いた水が忍野の通って富士吉田市に流れ込んできます。その途中で見事な自然を見せてくれるのが、富士見公園内にある「鐘山の滝」。その昔、武田信玄が勢いあまって鐘を滝に落としてしまい、それ以来滝つぼの中から時折早鐘の音が聞こえてくるという逸話に由来するそうです。


周囲の岩は富士山の噴火で流れ出た溶岩でできており、滝の落差は約10メートル。二条の滝から流れ落ちる白い飛沫がまわりの木々と調和し、味わい深い水の風情を醸し出しています。滝壺が深く夏でも清冽な空気が満ちている憩いのスポットです。


春はミツバツツジ花、秋はイロハモミジなどの紅葉など四季を通じて美しい自然を楽しむことができます。紅葉の時期は、滝壺に落ちた赤や黄色の葉が、水流に乗って水面に円を描くように漂い、趣を添えています。

D90ae106c0a4ffbb

鐘山の滝


住所

山梨県富士吉田市上吉田 鐘山の滝


アクセス

バス: 

富士急行大月線・河口湖線「富士山駅」からバスで15分


駐車場

有り

※ふじさんミュージアムの無料駐車場を利用

いかがでしたか?

今回は、山梨県富士吉田市の観光名所を8カ所ご紹介しました。

富士山頂で活躍したレーダーや富士山信仰について学べるミュージアム、絶景スポットなど富士山を魅力を存分に堪能できる富士吉田市。

「吉田のうどん」というグルメもあるので、ぜひお出かけしてみて下さい。