奈良市に次いで2番目の人口を誇る「奈良県 橿原市」。地方都市としての側面がありながら、大和朝廷時代に始まり、飛鳥時代の藤原京、江戸時代の今井町など、根深い歴史の面影残るスポットが点在。今回は、そんな奈良県橿原市の観光名所を5箇所ご紹介します。

この記事の目次

今井町

江戸時代の香り包まれる、重要文化財や歴史建造物が軒を連ねる


各線最寄駅から「飛鳥川」を渡ると、広がるのは江戸の町並み。

当時の情緒と佇まいが残る「今井町」は、橿原市を代表する名所です。


今井町の起源は、天平年間(1532~1555)。

本願寺の今井兵部が「称念寺」を建立したのが始まりとされています。その後、周辺諸国の浪人や商人が集まり、町場を形成。寺内町として栄え始め、江戸時代にはいると肥料や木綿、味噌、酒などの取引が盛んに。独自の紙幣「今井札」の流通も相まって、「大和の金は今井に七分」と称されるほどに繁栄しました。


東西約600m、南北約310m、エリア全体が「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。国の重要文化財を9件、奈良県の指定文化財を3件、橿原市の指定文化財を5件も有しており、歴史的価値の高さを伺えるでしょう。


また、約500棟の伝統的建造物があり、白い漆黒塗りが鮮やかな「今西家住宅」や威風堂々な面構えの「豊田家住宅」など、それぞれの建物に特徴があって面白い。町屋民宿やお土産屋さんもあるので、今井町をゆっくりと散策してみてください。

Bc49eb8c11e5a5f3

今井町


住所

奈良県橿原市今井町


アクセス

電車:

近鉄「八木西口駅」から徒歩約5分


車:

南阪奈道路「葛城IC」から約10分


駐車場

有り(有料)


ウェブサイト

http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_imai/kankou/imaichou/

橿原神宮

初代天皇の史実に基づき建立された、橿原市が誇る歴史建造物


近鉄日本鉄道「橿原神宮前駅」から徒歩5分。

橿原市を象徴する建造物「橿原神宮」、必ず参拝しておきたい場所です。


初代天皇とされる「神武天皇」が橿原宮で即位。「日本書紀」の記述に基づいて、明治23年に建立されたのが橿原神宮です。神々しいとは正にこのこと。静寂のなかに鎮座する本殿と神楽殿に施された、伝統建築の美しさに魅せられます。

F0b213591e431207

また、橿原神宮を取り囲んでいるのが「橿原森林遊苑」。紀元2600年祭を記念し、全国各地から寄せられたシラカシやクスノキなど、約15万本の樹木が植えられています。公園、というよりも、森林。休憩場所もあるので、橿原神宮の参拝後に森の奏でる音を聞きながらひと休み。

6a9b489af38f14c3

今井町からも歩いて行ける距離。

途中の「桓武天皇陵」を覗きながら、梶原神宮に赴いてはいかがでしょうか。

橿原神宮


住所

奈良県橿原市久米町934


営業時間

①拝観時間

6:30〜17:30

②定休日

年中無休


利用料金

拝観無料


アクセス

電車:

近鉄「橿原神宮前駅」から徒歩で約10分


車:

南阪奈道路「葛城IC」から約20分


駐車場

有り(有料)


ウェブサイト

http://www.kashiharajingu.or.jp/

奈良文化財研究所 藤原宮跡資料室

飛鳥時代の都・藤原宮、起源から衰退までの足跡を辿る


大和朝廷時代から飛鳥時代、江戸時代に至るまで、太古の昔から歴史が続いている橿原市。その足跡を特別史跡「藤原宮跡」の観点から紐解いているのが「奈良文化財研究所 藤原宮跡資料室」です。


橿原市に広がっていたとされる藤原宮。藤原宮跡資料室では、その遺跡から発掘された土器、木器、金属器、木簡などを所蔵・展示されています。玄関ホールに飾られた飛鳥・藤原地域の全体像を確認したら、タイムトンネルをくぐり抜け、藤原京に満ちた空間へと進みましょう。


資料室では藤原京の始まりから、完成形、平城京遷都後の衰退について、史料に基づいて解説されています。宮殿建築に使われたとされる瓦類も展示されており、藤原宮には200万枚以上が使われていたのだとか。藤原京時代の下級役人の1日を描いたコンピューターグラフィック作品も必見です。

奈良文化財研究所 藤原宮跡資料室


住所

奈良県橿原市木之本町94-1


営業時間

①営業時間

9:00〜16:30

②定休日

年末年始・展示替え期間中


利用料金

無料


アクセス

電車:

近鉄「耳成駅」から徒歩で約20分


車:

南阪奈道路「葛城IC」から約20分


駐車場

有り(無料)


ウェブサイト

https://www.nabunken.go.jp/fujiwara/exhibit.html

橿原市昆虫館

意外にも知らない?昆虫の生態と魅力を探ろう!


橿原市の魅力は歴史だけではありません。

豊かな自然環境に基づいた「橿原市昆虫館」も注目の観光スポットです。

417dc2a754e859e0

平成22年にリニューアルした、橿原市昆虫館。見て、聞いて、触って、感じる昆虫館をテーマに、意外に知らない昆虫の生態や魅力に迫れる博物館です。昆虫の基礎知識に始まり、人との関わり、1,000点以上の昆虫標本や化石標本など、驚きの連続。特に沖縄八重山地方の蝶が舞う温室が人気です。

Bea06ec000afd234

その他、目の前で動く昆虫を観られる「生態展示室」がおすすめ。万葉の森を再現したジオラマや水槽が設けられており、水中に暮らす昆虫を小型カメラを操作して観察できます。季節に応じた企画展示も開催され、昆虫の秘密をぐぐっと深められますよ。

橿原市昆虫館


住所

奈良県橿原市南山624


営業時間

①営業時間

・4月〜9月:9:30〜17:00

・10月〜3月:9:30〜16:30

(最終入館は閉館30分前まで)

②定休日

月曜、12月28日〜1月2日

(GW・夏休み期間中は無休)


利用料金

・大人:510円

・高・大学生:410円

・4歳〜中学生:100円


アクセス

バス:

近鉄「大和八木駅」より乗車約30分、「昆虫館駅」下車、徒歩すぐ


車:

西名阪自動車道「郡山IC」から約1時間


駐車場

有り(無料)


ウェブサイト

http://www.city.kashihara.nara.jp/insect/

歴史に憩う橿原市博物館/新沢千塚古墳群

橿原の約2000年に渡る歴史と現在の美しさを望む


橿原市内に点在する数々の遺跡。

そこから出土した貴重な資料を閲覧できるのが「歴史に憩う橿原市博物館」です。

Bce14ac13553b43a

縄文時代の終わりから江戸時代まで。約2000年に渡る歴史の息遣いを感じる、貴重な考古資料を所蔵・展示。「縄文〜弥生時代」「古墳時代」「飛鳥時代」「奈良時代〜江戸時代」と、各時代にブースが分けられており、橿原の地が時代と共に変化していく様子を観られます。

E14b5dbe2c4d90ba

映像やクイズ形式で展示されているため、気軽に歴史を学習できるのも魅力。実際に土器に触れたり、出土品の復元作業を体験できたりするコーナーもあります。


歴史や史料に触れたら、歴史に憩う橿原市博物館の目と鼻の先にある「新沢千塚古墳群」も訪ねておきましょう。前方後円墳や円墳、長方形墳など、600基以上が眠る古墳群。遊歩道が整備されており、展望台からは橿原市を一望できます。


橿原の遺跡から、現在の橿原を望む。

目の前の景色に、どのような想いや感情を抱くでしょうか。

A40df6daebe8813a

歴史に憩う橿原市博物館


住所

奈良県橿原市川西町858-1


営業時間

①営業時間

9:00〜17:00

②定休日

月曜日(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月4日


利用料金

・大人:300円

・高・大学生:200円

・小・中学生:100円


アクセス

バス:

近鉄「橿原神宮前駅」より奈良交通バス乗車、「川西駅」下車すぐ


車:

京奈和自動車道「橿原北IC」から約20分


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.city.kashihara.nara.jp/hakubutsukan/

いかがでしたか?

今回は、奈良県橿原市の観光名所を5箇所ご紹介しました。

新沢千塚古墳群にはじまり、藤原京や今井町など、各時代における名所が点在する橿原市。また、豊かな自然に囲まれ、四季折々の景色や生き物の姿を観察することもできます。どの時代の橿原市を訪れたいのか。是非、訪れる前に思いを巡らせてみてください。