大塚は都内屈指の繁華街・池袋と、おばあちゃんの銀座・巣鴨に挟まれた、ちょっと存在感が薄い街……? いえいえ、そんなことはありません。歩いてみればレトロで懐かしい雰囲気の暖かい街で魅力は十分。ここは古き良き昭和の名残があちこちに。

それに、日本人のソウルフード「おにぎり」の名店もあります。しっかりお腹を満たして、あちこち歩いて楽しみましょう。

この記事の目次

都電荒川線

都電荒川線は、その昔都内にいくつもあった路面電車・都電の中で唯一現存する路線です。最近愛称が「東京さくらトラム」になりましたが、やっぱりみんな「とでん」の名前に愛着がありますよね? もっと昔から親しんでいる人は「チンチン電車」などとも呼んでいます。改装されすっかり新しくなったJR大塚駅と隣接して都電の大塚駅がありますが、レトロ感たっぷりで、乗るだけでタイムスリップできそう。


現在、都電荒川線は三ノ輪橋~早稲田間を走っています。大塚から三ノ輪方面に乗れば下町景色、早稲田方面に走れば池袋などの都会の景色が楽しめます。発車合図の「チンチン」というベル音も愛らしく、車窓を眺めているだけでも楽しいのがこぢんまりとした都電ならでは。時間があるときは大塚駅発、荒川線の旅などいかがでしょうか?

Bb7a5f1669a94c77

おにぎりぼんご

日本人のソウルフード、おにぎり。テイクアウトすればいつでもどこでも食べられるファストフードですが、こちら「おにぎりぼんご」は店内で握りたてをいただくのもおすすめ。種類の豊富さに驚くおにぎりの具は、なんと50種類以上! 趣向を凝らしたおにぎりがおいしそう……。


おかわり自由の味噌汁と選べるおにぎりの「ランチセット」に注目!


ランチタイム(月~金曜日。11:30~15:30)は、250円のおにぎり2個+とうふ汁のランチセットが大人気。お昼どきは行列もできるほどの大人気ぶりです。もちろんテイクアウトもできますが、一度は炊きたての温かいごはんで握ったふんわりおにぎりをおためしあれ♪

9312481d1148991d

天祖神社

大塚駅から南方向へ続く商店街を進んでいくと、なんと大きな鳥居が現れます。その鳥居をくぐると、「大塚天祖神社」があります。天祖神社とは天照大御神(アマテラスオオミカミ)さまを祀った由緒ある神社です。もちろん創建は古く、鎌倉時代もの昔からこの地にあると伝えられています。境内には樹齢約600年、高さ25メートルほどの一対の大イチョウがあり、参拝者を神聖な気持ちに導いてくれます。


散策ついでに立ち寄って参拝するのもいいですが、初詣や9月の例大祭などに訪れても、また違う賑やかさが感じられます。

7c94d1f30082fcba

大塚バッティングセンター

JR大塚駅南口から徒歩1分のところに、都内では最近めっきり見かけなくなったバッティングセンターがあります。全8打席とでそこそこの規模があり、思いっきりバッティングが楽しめます。外観はもちろんのこと、店内も昭和のバッティングセンターそのもの、といったレトロ風情。1コイン20球のプレイで料金は300円。4コインまとめ買いすると、ちょっぴりお得な1,000円となります。バッティングをせずとも、ゲームコーナーだけでも楽しめますよ。


また、ホームラン競争やヒット競争など、お店が主催するイベントもユニーク。これを楽しみにしているファンは少なくありません。上位入賞者は名前が貼り出され、上位の方にはプレゼントもあるそうです!

さらに、店内には少年野球のメンバー募集などのお知らせも掲示され、地元の野球好きの憩いの場になっていました。

1975b0feb82535c4

西巣鴨公園

駅から北へ歩くこと10分ほどで、住居表示は北大塚から西巣鴨になります。西巣鴨に入ってすぐのあたりに、こぢんまりとした「西巣鴨公園」があります。園内では小さな子どもが走り回っていたり、ファミリー連れで楽しそう。近所の人や周辺に勤める人がほっとひと休みできるスポットとしても重宝されている様子。その賑わいの中心には、大きなカブトムシ! よく見ると、大きな滑り台になっており、子どもたちの間で一番人気となっています。


園内にはカブトムシ滑り台意外にもさまざまな遊具があり、アクティビティーも楽しめますが、藤棚や桜の木もあるので、季節の花や木を眺めてひと息つくのにもぴったりです。

Bdf0af10a6bfd9e6