日本三景のひとつ「宮城県 松島町」。松島湾を望む絶景「松島四大観」を2つも携え、平安時代の古刹が残り、特産品の牡蠣や魚介類も楽しめる!今回は、景観・歴史・食事の3つを堪能できる、宮城県松島町のおすすめ観光名所を7箇所ご紹介します。

この記事の目次

瑞巌寺

約1000年の歴史を誇る古刹、神秘的な洞窟遺跡群


松島を代表する寺院のひとつ「瑞巌寺(ずいがんじ)」。正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といい、平安時代、天長5年(828)に慈覚大師円仁が創建したと伝えられています。


1000年以上の歴史を誇る、東北随一の禅刹。現在の建物は慶長19年(1609)に再建されたもので、江戸時代には入り、仙台藩の初代藩主だった伊藤政宗が各国の名工130人を引き連れて造り上げたとされています。

0cd81eb7374eefc9

豪華絢爛な桃山様式を施し、巨大な瓦葺の屋根は圧巻。本堂、庫裏、廊下が国宝に指定されており、「聖観世音菩薩立像」や本堂の障壁画として描かれている「鷙鳥図」は必見です。


また、本堂以外の瑞巌寺の見所といえば「洞窟遺跡群」。江戸時代に掘られたと考えられており、五輪塔や戒名などが刻まれ、「奥州の高野」とも呼称される松島が供養場として使われていたことが伺えます。奥行きのある穴がいくつもあり、石仏が祀られている風景は神秘的。是非、たち寄ってみてください。

837a36a1c474421f

瑞巌寺


住所

宮城県宮城郡松島町松島町内91


拝観時間

・12月、1月:8:00〜15:30 

・11月、2月:8:00〜16:00 

・10月、3月:8:00〜16:30 

・4月〜9月:8:00〜17:00 

※閉門の30分前までにお入りください。


利用料金

・大人(高校生以上):700円 

・小人(小・中学生):400円


アクセス

電車: 

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩で約9分 


車: 

三陸自動車道「松島海岸IC」から約10分


駐車場

無し 


ウェブサイト

http://www.zuiganji.or.jp/

五大堂

平安の秘仏・五大明王を安置する、国指定重要文化財


松島のシンボル的存在である「五大堂」。先にご紹介した「瑞巌寺」から徒歩数分、海岸広場の東端に飛び出している五代堂島の上に鎮座。歴史的価値の高さから、国の重要文化財に指定されています。


起源は遡ること大同2年(807)。坂上田村麻呂が奥州に遠征するとき、毘沙門堂を建立したのが始まりとされています。その後、天長5年(828)に慈覚大師円仁が瑞巌寺を創建したときに、東西南北にそれぞれ五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。現在のお堂は慶長9年(1604)に再建したもので、東北最古の桃山建築として知られています。

6e08acbc04d94a3c

五大堂を参拝するには五代堂島との間にある「すかし橋」を渡ります。橋げたの隙間が5寸(約15cm)あり、そこから海が覗けてちょっとしたスリルを味わえますよ。また、非公開の五大明王像が開帳されるのは33年に1度。次回は2039年の予定です。

E4fa1f057b038223

五大堂


住所

宮城県宮城郡松島町松島町内111


拝観時間

・12月〜1月:8:00〜15:30 

・2月、11月:8:00〜16:00 

・3月、10月:8:00〜16:30 

・4月〜9月:8:00〜17:00 

・12月:8:00〜15:30


利用料金

・大人(高校生以上):700円 

・小人(小・中学生):400円


アクセス

電車: 

JR「松島海岸駅」から徒歩で約7分


車: 

三陸自動車道「松島海岸IC」から約7分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://www.zuiganji.or.jp/index.html

富山(麗観)

松島四大観を望む、奥州三観音が鎮座する小山


松島四大観のひとつ「富山(別名:麗観)」。七ヶ浜町の「多聞山(偉観)」、東松島市の「大高森(壮観)」、「同町の扇谷(幽観)」に並び、日本三景・松島が誇る絶景スポットとして知られています。


富山は標高約116m。ビューポイントの「大仰寺」は山頂にあり、急勾配の階段を上っていきます。富山からは、松島湾の全景をほぼ真正面から望むことができ、古くから「松島の景ことごとく富山に在り」と称されるほどの美しさです。


また、大仰寺は坂上田村麻呂が創建したと伝えられており、「奥州三観音」のひとつに数えられています。伊藤政宗の長女「五郎八姫」の遺髪・仏舎利が収められていたり、大正・明治両天皇が訪問されたりと、歴史に深く関わっている寺院。本堂の紫雲閣からの景色も素晴らしいので、ゆっくりと参拝してみてください。

4bf13daeb91357d8

富山(麗観)


住所

宮城県宮城郡松島町手樽字富山


利用料金

大仰寺の入庭料:100円


アクセス

電車:

JR仙石線「陸前富山駅」から徒歩で約45分


車:

三陸自動車道「松島北IC」から約10分


駐車場

有り(5台)


ウェブサイト

http://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=133

扇谷(幽観)

連なる島々が扇の形に!夕焼けや紅葉も綺麗な松島四大観


富山に並ぶ、もうひとつの松島四大観。標高約55mの「扇谷(別名:幽観)」の山頂からは、名前の由来にもった、扇のように見える美しい入江を望むことができます。


国道45号線から松島パノラマラインへ。駐車場に車を停めて、雑木林に囲まれた石段を登って展望台へと向かいます。途中、インド仏教僧「達磨大師」の像が観られ、聖徳太子が達磨大師の渡来を待った場所なのだとか。「待つ島」が「松島」になったと云われています。


扇谷の頂上付近から望む、松島湾の美しい景色。要島や朴島といった島々がより一層の風情を生み出しています。夕暮れの時刻に訪れると、小島のシルエットが写し出され、壮麗な絶景を観ることもできます。また、扇谷の周囲は紅葉スポットとしても有名。紅く色づく季節、松島四大観の景色に魅せられてはいかがでしょうか。

E6b91e740a5afa6b

扇谷(幽観)


住所

宮城県宮城郡松島町松島字桜岡入


アクセス

バス:

JR仙石線「松島海岸駅」より乗車、「双観山入口」下車、徒歩約30分


車:

三陸自動車道「松島海岸IC」から約20分


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=135

松島さかな市場

松島の牡蠣や新鮮な魚介類を食べ尽くせ!


松島は景色や歴史だけじゃない!新鮮な魚介類のグルメも魅力のひとつです。海鮮料理を味わえるお店はたくさんありますが、「松島さかな市場」もおすすめ。大型マグロ漁船を7隻も携える「昭福丸」が経営しており、活魚や鮮魚を販売している魚市場と食事処がひとつになっています。


是非とも味わっておきたいのが、松島名物の牡蠣。山盛りの牡蠣を鉄板で豪快に焼き上げる焼き牡蠣や牡蠣飯や生牡蠣がセットになった定食、松島牡蠣を使ったバーガーなど、より取り見取りです。


そのほか、マグロやカツオなどの新鮮な魚介がたっぷり乗った海鮮丼も人気。珍しいマグロ担々麺やふかひれラーメンなどもありますよ。明太子や蒲鉾など、松島で揚がった魚介の加工品もあるのでお土産を購入する場所としてもおすすめです。

Aa476ec2ba0c16d1

松島さかな市場


住所

宮城県宮城郡松島町松島普賢堂4-10


営業時間

①営業時間

8:00〜17:00

②食事受付時間

1階:8:00〜15:00

2階:10:00〜15:00

③定休日

年中無休


アクセス

電車:

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩で約10分


車:

東北縦貫道「大和IC」から約30分


駐車場

有り(40台)


ウェブサイト

http://www.sakana-ichiba.co.jp/

みちのく伊達政宗歴史館

東北の偉人たちの蝋人形がずらり!


伊達政宗をはじめ、東北にゆかりのある偉人に関する展示を行っている施設が、「みちのく伊達政宗歴史館」です。

2b11833192ecde9e

館内に入ると、石川啄木や太宰治などみちのくの偉人たちの蝋人形がずらりと並んでおり、伊達政宗の生涯も蝋人形を使って再現しているほか、遺骨を基に復元された伊達政宗の顔や再現された声も聴くこともできます。

Dc1316e2a1baa931

甲冑着付体験も行われており、ドラマや映画で使用する甲冑を制作している職人が手掛けた「黒漆五枚胴具足」を身に着けることができます。歴史館の敷地内で自由に記念撮影ができるのもうれしいポイントです。

Aa953f7d5ed62f26

こまやこけしの絵付け体験なども開催しており、飲食・喫茶スペースも充実していますので、一日中楽しむことができますよ。

みちのく伊達政宗歴史館


住所

宮城県宮城郡松島町松島普賢堂13−13


営業時間

①営業時間

9:00~17:00

②定休日

無休


利用料金

・大人(高校生以上):1,000円 

・子供(小・中学生):500円


アクセス

電車: 

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩で約10分

車: 

三陸自動車道「松島海岸IC」から約5分


駐車場

あり


ウェブサイト

http://www.date-masamune.jp/

福浦橋

海岸と島をつなぐ出会いの橋


島全体が県立自然植物園に指定されている「福浦島」と松島海岸を結んでいる朱塗りの橋が「福浦橋」です。


福浦島にはツバキやカエデをはじめとする様々な草木が自生をしており、トイレや休憩所などの設備もありますので、遊歩道を歩きながら自然散策を楽しむことができます。


松島海岸には朱塗りの橋が3つあり、「縁結び橋」と呼ばれる五大堂の透橋、「縁切り橋」と呼ばれる雄島の渡月橋と合わせ、福浦橋は別名「出会いの橋」とも呼ばれています。

79e501612d8e1d08

夜になると季節やイベントに合わせた色のライトアップが行われますので、闇夜に浮かぶ幻想的な橋を見ることができますよ。青い海の中に映える朱色の橋と、渡った先にある福浦島の自然を楽しみに、足をはこんでみてはいかがでしょうか。

A67749fbf869faea

福浦橋


住所

宮城県宮城郡松島町松島仙随39


営業時間

橋の通行時間 

・8:30~17:00(3月~10月) 

・8:30~16:30(11月~2月)


利用料金

・大人(高校生以上):200円 

・子供(小中学生):100円


アクセス

電車: 

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩で約13分


車: 

三陸自動車道「松島海岸IC」から約20分


駐車場

あり


ウェブサイト

http://www.town.miyagi-matsushima.lg.jp/index.cfm/8,8393,36,html


その他

ライトアップ 

4月から8月:18:00から22:00まで

9月から3月:17:00から22:00まで

いかがでしたか?

今回は、宮城県松島町の観光名所を5箇所ご紹介しました。

平安時代に創建された東北随一の禅刹や松島のシンボル・五大堂のほか、松尾芭蕉があまりの美しさに感動した松島四大観を携え、名物の新鮮な牡蠣や魚介類も堪能!歴史、景色、グルメと3拍子揃った松島町を訪れてみてはいかがでしょうか。