松島湾を望む日本三景が有名な「宮城県」。一方で、西側は日本最長の山脈「奥羽山脈」に面しており、秋が深まるにつれて、渓谷や名瀑をはじめ、寺院の庭園などが真っ赤に染まります。今回は、宮城県おすすめの紅葉スポットを5箇所ご紹介します!

この記事の目次

鳴子峡

宮城県を代表する名勝、温泉郷が紅く染まる


宮城県の北西部に位置する「鳴子峡」。

大谷川が幾年もかけて刻んだ、深さ100mにも及ぶV字渓谷です。


紅葉シーズンには、ブナやナラ、カエデが染まり、山肌が赤色や黄色に覆われます。絶景を眺めるなら、「鳴子峡レストハウス」にある見晴台の利用がおすすめ。鳴子峡に架かる「大深沢橋」も合わさって、まるで1枚の絵画を見ているかのような景色が広がります。


鳴子峡レストハウスからは、1週約2.2kmの「大深沢遊歩道」が整備されており、美味しい空気を味わいながら紅葉の中を散策できますよ。


また、鳴子峡付近には「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」の5つの温泉があり、総称して「鳴子温泉郷」と呼ばれています。開湯から1000年が経った歴史ある温泉郷。紅葉の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Efc9f9de3f2d7226

鳴子峡(鳴子峡レストハウス)


住所

宮城県大崎市鳴子温泉星沼13-5


アクセス

電車:

JR「鳴子温泉駅」「中山平温泉駅」からタクシー


車:

東北自動車道「古川IC」から国道47号で山形方面へ約1時間


駐車場

有り

利用期間:4月中旬~11月下旬(冬季自然閉鎖)

紅葉シーズン(10月中旬から11月上旬まで)は有料


ウェブサイト

http://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/24,1166,108,234,html

円通院

松島町を代表する紅葉スポット、石庭・庭園が真っ赤に染められる


日本三景を有する松島町のおすすめ紅葉スポット。

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩5分。庭園の紅葉が美しいと話題の「円通院」があります。正保4年(1647)、仙台藩の初代藩主・伊藤政宗の孫・光宗の霊廟として開山しました。


円通院には2つの庭園があり、雄大な松島湾を描いた「天の庭」、人生を描いた「地の庭」で構成されています。紅葉シーズンになると庭園が真っ赤に染まり、枯山水に舞い散る紅い木の葉が風情を引き立てます。


また、石庭から本堂「大悲亭」へと足を運んでみましょう。寄棟造萱葺の落ち着いた佇まいで、どこか懐かしさも感じられる風貌です。本堂前には庭園「演習の庭」があり、江戸時代を代表する作庭家・小堀遠州が手がけた作品といわれています。妖艶な紅葉の姿が水面に写し出され、幻想的な雰囲気に。昼間と夜間で表情が違うので、時間に余裕があれば2回訪問してみるのもおすすめですよ。

F723b2c4df62fe08

円通院


住所

宮城県松島町松島字町内67


拝観時間

・4月~10月下旬:8:30~17:00

・10月下旬~11月:8:30~16:30


利用料金

大人:300円

高校生:150円

小人(中・小学生):100円


アクセス

電車:

JR「松島海岸駅」より徒歩で約5分


車:

三陸自動車道「松島海岸IC」より国道45号線経由で約5分


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.entuuin.or.jp/


その他

「紅葉ライトアップ2018」

10月27日(土)〜11月25日(日)17:30〜21:00

円通院夜間拝観料

・一般:500円

・小中学生:200円

・未就学児:無料

瑞巌寺

真っ赤な紅葉に彩られる、約1000年前に創建された古刹


松島町には数多くの寺院が点在していますが、なかでも代表的なのが「瑞巌寺(ずいがんじ)」です。正式名称「松島青龍山瑞巌円福禅寺」、平安時代に創建されたと伝えられている東北随一の名刹です。


現在、国宝に指定されている本堂や庫裏、廊下は、江戸時代の慶長19年(1609)に再建されたもの。仙台藩の初代藩主・伊藤政宗が桃山様式を用いて造り上げたとされています。本堂には「仏の間」や「鷹の間」などの部屋があり、金箔の見事な障壁画は是非とも観ておきたいポイントです。


紅葉シーズンで最も華やぐのは「洞窟遺跡群」。洞窟に沿って真っ赤に染まった木々が並びます。ライトアップの時間帯になると、周辺が青白く照らされ幻想的な空間に。杉並木に並行して蝋燭が並べられる「参道」も、光の回廊のように描かれます。

F348fcba414855b2

瑞巌寺


住所

宮城県宮城郡松島町松島町内91


拝観時間

・10月:8:00〜16:30 

・11月:8:00〜16:00

※閉門の30分前までにお入りください。


利用料金

・大人:700円 

・小人(中学生以下):400円


アクセス

電車: 

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩で約9分 


車: 

三陸自動車道「松島海岸IC」から約10分


駐車場

無し 

※専用駐車場はありません。


ウェブサイト

http://www.zuiganji.or.jp/

秋保大滝

紅葉に包まれる、日本三大瀑布に数えられる大滝


雷が落ちたかのような轟音。勢いよく滝壺へと落ちる水の流れ。日本の滝百選に選ばれた「秋保大滝(あきうおおたき)」は、宮城県を代表する名瀑です。


幅6m、落差55mの大滝。蔵王国定公園と県立自然公園二口峡谷に流れる、一級河川「名取川」の上流部に当たります。平安時代、松島町のシンボルである「五大堂」を建てた慈覚大師が訪れ、不動明王を安置したとも伝えられており、歴史にも馴染み深いスポットです。


周囲や岩肌の木々が秋色に染まり、大滝を鮮やかに彩る様は格別。川沿いの遊歩道から滝壺に近づくこともでき、大迫力かつ紅葉の美しい秋保大滝を見上げられます。付近には「秋保温泉街」もあるので、温泉に浸かりながら名瀑の余韻を味わってみてはいかがでしょうか。

946b7c93c7628e15

秋保大滝


住所

宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝11


アクセス

バス: 

①JR「愛子駅」より仙台市営バス「秋保大滝」下車、徒歩約5分

②JR「仙台駅」より宮城交通秋保大滝行きに乗り終点下車(土・日・祝のみ運行)


車: 

東北自動車道「仙台宮城IC」から約45分


駐車場

有り

無料駐車場(150台)


ウェブサイト

http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/116

横川渓谷

水守りの郷から望む、吊り橋と湖畔の紅葉絶景


宮城県南部に流れる一級河川「白石川」。

その支流部分に当たる「横川渓谷」も、見事な紅葉風景を望めます。


横川渓谷がある「七ヶ宿町(しちかしゅくまち)」。美しい森と水に恵まれた「水守りの郷」と呼ばれており、その名の通り、清らかな川が流れ、紅葉シーズンには町全体が秋色に染まります。


特に有名なのが「やまびこ吊り橋」。全長120mで東北一の長さを誇ります。吊り橋と共に背景の紅葉を楽しむもよし、吊り橋の上から山肌の紅葉を眺めるもよし。赤色・黄色に染まる自然の芸術作品に感きわまることでしょう。

E1fb14221f62c36d

また、横川渓谷の付近には「長老湖」と呼ばれる大きな湖もあります。湖畔に遊歩道が整備されており、紅葉の山が水面に写る光景は圧巻。ボートに乗ることもできるので、是非、あわせて訪れてみてください。

横川渓谷


住所

宮城県刈田郡七ヶ宿町柏木山


アクセス

バス: 

JR「白石蔵王駅」または「白石駅」より町営バス「七ヶ宿町役場」行きに乗り終点下車、乗り換えて「青少年旅行村駅」下車、徒歩約3分


車: 

東北自動車道「白石IC」より約45分


駐車場

有り

無料駐車場(10台)


ウェブサイト

http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp/sightseeing/view/

いかがでしたか?

今回は、宮城県の紅葉スポットを5箇所ご紹介しました。豊かな自然が描き出す紅葉芸術だけでなく、歴史ある名刹や寺院の洗練された紅葉作品など、息を飲むほどに美しい紅葉スポットが点在しています。秋が深まるシーズンに合わせて、松島四大観や蔵王連峰、牡蠣、海苔など、宮城県ならではの観光名所も楽しんでみてはいかがでしょうか。