静岡県中部が誇る「吉田のうなぎ」と「焼津ミナミマグロ」がガチ勝負!バトルロイヤル・食フェス『うなとろ対決』が11月10日に開催されます。地元の名店14店舗が集結し、27品目をお得な価格で販売。2大名産を贅沢に食べ比べる『うなとろ対決』の魅力をお伝えします!

この記事の目次

2大名産を自慢料理で食べ比べ!『うなとろ対決』とは?

2018年11月10日(土)の10:00から開幕する、ガチンコ対決『うなとろ対決』。静岡県中部が誇る「吉田のうなぎ」と「焼津ミナミマグロ」を食べ比べる、贅沢な食フェス&バトルロイヤルです。


吉田町と焼津市、それぞれの地元から合計14店舗が出店し、27品目を500円から販売。2大名産の絶品料理を、普段では考えられないお得な価格で堪能できちゃいます!


大井川の豊富な環境で養殖された「吉田うなぎ」からは、地元ならではのフィンガーフードスタイル「小串蒲焼き」や「肝串蒲焼」、「うなぎ蒲焼たれ焼きそば」など、バラエティ豊かなメニューがズラリ。


対して、焼津港で水揚げされた新鮮な「ミナミマグロ」からは、芳醇な甘味が口に広がる「南鮪丼」や希少部位を使った「頭身・カマ照り焼き詰め合わせ」など、地元でしか食べられないメニューも特別に登場します。


また、会場では「愛を叫ぶ!大声コンテスト」も開催。うなぎ・まぐろへの愛を叫び、特製レトルト「うなぎカレー」「まぐろカレー」をゲットしましょう!

0e26f2b61b830302

大井川が育む地元の誇り!「吉田のうなぎ」の魅力

養殖鰻発祥の地ともいわれる静岡県。大正時代から続く浜名湖に次いで、養鰻業が盛んなのが大井川の河口付近。「吉田のうなぎ」の名前で地元の方々はもちろん、鰻好きの方からも高い人気を誇っています。

0cb13b26b668012a

大井川の恩恵を受けて育つ養殖鰻

大井川の河口付近で養殖される吉田のうなぎ。養分が豊富に含まれる伏流水を活用し、生き生きとした鰻が育てられています。また、与える餌は栄養満点の魚のアラ。後にご紹介する「焼津ミナミマグロ」もふくまれているとか。美味しいものを食べた鰻が、美味しくならないわけがありません!


吉田のうなぎにかける愛情

吉田のうなぎは出荷までに約1年の歳月を投じます。通常が1ヶ月〜半年なのと比べれば、養鰻にかける愛情の強さを感じていただけるでしょう。じっくりと育てることで、身は柔らかく、芳醇な甘い脂を纏った鰻として人気を集めています。


地元のフィンガーフードに舌鼓

地元・吉田町では、吉田のうなぎの旨味を最大限に引き出した料理を提供するお店がたくさん。定番の「うな丼」や「うな重」をはじめ、直売所などでは「小串蒲焼き」が売られており、お酒のおつまみ・おやつ代わりに人気のフィンガーフードです。もちろん、今回の『うなとろ対決』でも登場しますので、美味しい料理に七変化した吉田のうなぎを堪能してはいかがでしょうか。

58b9b5e0e3b88318

水揚げ量No.1の頂点に君臨!「焼津ミナミマグロ」の魅力

水揚げ量が日本No.1を誇る焼津市。江戸時代から漁業の町として栄えており、豊富な魚介類が集まっています。なかでも、カツオと並んで焼津市を代表する魚が「ミナミマグロ」です。

Fe7efd69ec2115c8

しずおか食セレクション認定

焼津漁協が取り扱うミナミマグロは天然物!数ある漁場のなかで最も良いポイントを焼津の漁船が押さえており、延縄(はえなわ)漁法で漁獲されたらすぐさま超低温保管。鮮度抜群のミナミマグロが焼津の漁港に打ち上げられます。また、静岡県は高級食材「焼津ミナミマグロ」を「しずおか食セレクション」にも認定。伝統漁法の伝承と厳格な品質管理を行っています。

食後の余韻を楽しめる「甘いマグロ」

ミナミマグロは、南半球の比較的水温が低い海域を回遊するマグロ。通常よりも身が引き締まり、脂のノリが良いのが特徴です。赤身は癖がなく濃厚な味わい、腹身(トロ)は上品な脂と香り高い旨味があり、「甘いマグロ」としても知られています。口に含んだ瞬間、マグロの甘味が広がり、食べたあとの余韻さえも楽しめる。世界各国のシェフが注目する高級マグロです。


地元・焼津でしか食べられないカマトロ

特に「カマ」は、鮮度が重視されることから県外に出回ることが少ない希少部位。なかでも、カマトロは最上級の中の最上のトロです。今回の『うなとろ対決』では、ミナミマグロの頭身・カマの照り焼きも販売されるので、是非、ご賞味ください。

F205323382789716

2大名産をふるさと納税で自宅でも

当日、イベントに参加できない!

遠方に住んでいるからなかなか足を運べない!

そんな方におすすめなのが「ふるさと納税」の利用です。


駿河湾と大井川に面した「静岡県吉田町」は、1年を通して温暖な豊かな町。ふるさと納税のお礼品には「吉田のうなぎ」をはじめ、吉田漁港の「釜揚げしらす・桜エビセット」や大井川の清らかな伏流水で栽培された「季節の野菜と漬物の素セット」などが並びます。


静岡県吉田町 ふるさと納税「さとふる」

https://www.satofull.jp/town-yoshida-shizuoka/


漁獲量日本No.1の漁港の町「静岡県焼津市」。ふるさと納税のお礼品には「ミナミマグロ」や「カツオ」などの魚介類はもちろん、駿河の豊かな大地で育った「金豚王」、静岡工場を構える「サッポロビール」など、バラエティ豊かな品々が展開されています。


静岡県焼津市 ふるさと納税

http://yaizu-furusato.jp/shop/


今回、『うなとろ対決』に参加した上で、改めて当日の味わいを思い出したい!という方にもおすすめ。吉田町と焼津市の"旨味"をご自宅でも堪能してみませんか?

吉田町・焼津市お手製!『うなとろ対決』のPR動画

言葉や写真だけでは伝えきれない!

吉田町と焼津市が描く、イベントのPR動画もご覧ください。


2大名産の美味しそうな料理にヨダレ必至なのはもちろんのこと、クスッと笑えたり、ジーンと感動したり、『うなとろ対決』だけでなく、両者の魅力や地元愛を感じられる内容ですよ。


https://youtu.be/NGZMFQY-bTU

いかがでしたか?

2018年11月10日(土)に開催される『うなとろ対決』。静岡県中部が誇る2大名産「吉田のうなぎ」と「焼津ミナミマグロ」を食べ比べる、バトルロイヤル&食フェス。地元で腕をふるう14店舗が集い、絶品料理をお得なお値段で楽しめたり、普段はお目にかかれない特別なメニューをいただけたり、大満足の1日となることでしょう。


どちらも一切の引けを取らない「吉田のうなぎ」と「焼津ミナミマグロ」。

あなたの一票は、果たしてどちらに?