東京藝術大学美術学部デザイン科1年生が「未来のカバン」をテーマに、未来の生活をイメージし、 デザインし、制作した作品を展示する成果展「2018 モチハコブカタチ展」が2018年1月30日(火)から3月10日(土)の期間で開催されます。
2020年を意識したスポーティブなライフスタイルをはじめ、目的をもった未来のカバンの提案を、ぜひ見に行きませんか?

この記事の目次

「モチハコブカタチ展」とは

モチハコブカタチ展は、今回で6回目の開催。

東京藝術大学とエース株式会社の共同プロジェクト「エース株式会社デザイン展 モチハコブカタチ」を2011年に東京藝術大学美術館陳列館で開催した事をきっかけに、毎年テーマを設け開催をしています。

「2018 モチハコブカタチ展」では、東京藝術大学美術学部デザイン科の1年生44名が「未来のカバン」をテーマに、未来の生活やライフスタイルをイメージした“モチハコブカタチ”をデザインし、その作品をエースが運営する世界のカバン博物館で特別展示する企画展です。

A9345ab7da739c09

未来のカバンに思いを馳せる

必ずといっていいほど、毎日のように持ち歩くカバン。

機能性重視の人も、ファッション重視の人も、誰もが皆、お気に入りのカバンを持っているのではないでしょうか。


そんな身近なカバンのあり方今一度考える、「モチハコブカタチ展」。

展示場所となっている「世界のカバン博物館」は浅草駅から徒歩6分ほどの距離なので、浅草へおでかけした際のよりみちに、いかがですか?

0c25b1171fd48e98

イベント概要

  • イベント名 「2018 モチハコブカタチ展」
  • 開催期間 2018年1月30日(火)~ 3月10日(土)
  • 開催時間 10:00~16:30
  • 会場 東京都台東区駒形1-8-10 世界のカバン博物館
  • 入館料 無料
  • 公式HP https://www.ace.jp/museum/