韓流ブーム以降、コリアンタウンとしてすっかりおなじみになった新大久保。韓国コスメや韓流スターグッズが立ち並ぶ大久保通り(大通り)沿いを、ぶらりと歩くだけでも楽しいですが、脇道にそれてみるのもまた一興。大久保通りから職安通りまでの通りに「イケメン通り」などという名前がついているなんて!

さらに驚くことに、ハラル食材などを売るちょっとディープな「イスラム横丁」などという一角もあるのです……。

この記事の目次

イケメン通り

イケメン通りというからには韓流イケメンがあちこちに……!! いるわけではないのですが、韓国の雑貨やコスメ、ファッションなどを扱うショップがあちこちにあり、若い女性がたくさん買い物に来ていて原宿の竹下通りのように賑やかです。イケメン通りには占いのお店が軒を連ねる一角があり、手相や四柱推命、易占いなどの占術が大集合。まるで横浜中華街のようになっています。


もちろんグルメも充実しており、具だくさんでカラフル&ボリューミーな韓国風かき氷の「パッピンス」などを出すお店や、トッポッキなどのテイクアウトフードのお店が人気となっています。

39a669b45008d302

西大久保公園

ショッピングにグルメにと、見どころ満載の新大久保ですが、意外にないのが休憩スポット。だから、こちら「西大久保公園」は地元の人や観光客にとって貴重な存在となっています。


もともとは、東京都が戦時中火災の延焼防止のために計画・設置されただけあって広々としています。敷地内は大部分が広場となっていますが、遊具や砂場、ブランコ、すべり台などもひと通り。パパ・ママは子どもをのびのびと遊ばせることができます。すべり台は高低差があるものと、角度が低めなのものがあり、どちらもビビッドなカラー。インスタ映えもバッチリです。

E0f75e30131a6a33

ポポホットク

新大久保には本格的なレストランも多いのですが、歩きながらでも食べられるテイクアウトグルメもバラエティー豊富。おすすめはホットク。小麦粉や餅米で作った生地の中にあんこなどの具を入れて焼き上げたストリートフードです。たとえるならば、信州名物のおやきのようなものでしょうか。


新大久保コリアンタウンでチーズタッカルビが流行したように、ホットク界にもチーズブームが到来! 屋台風のテイクアウトショップ「ポポホットク」でも、チーズホットク、ハチミツ+チーズホットク、キムチ+チーズホットクなど、チーズが大人気。もちもちでおいしい生地の中に、チーズがたっぷり。韓国の伝統的なドリンク「柚子茶」などと合わせておやつタイムを楽しんでみては。

7d327ae75999c0c2

皆中稲荷神社

皆中稲荷(かいちゅういなり)神社の創建は古く、天文2(1533)年にさかのぼり、以来大久保の鎮守として信仰されています。寛永年間には、幕府が江戸の警備のために「鉄砲組百人隊」をこの付近に住まわせました。ある夜、鉄砲組与力の夢枕に稲荷之大神が現れ、翌朝射撃を試みると百発百中したという話が伝わっています。


「皆中」は「皆(みな)中(あたる)」と読めることから、宝くじや競馬などにご利益があるという評判を呼び、参拝者が尽きることがありません。


また、奇数年の9月には「鉄砲組百人隊行列」(国の無形民俗文化財に登録)を実施し、江戸時代の儀式を再現しています。

Cffa4569fdec9cc6

イスラム横丁

イスラム教徒は豚肉やアルコールの摂取が禁じられており、鶏肉や牛肉なども適切に下処理したものをハラル(飲食可能)とする戒律があります。さすが、人種のるつぼ・新大久保。イスラム教徒のためのマーケットができて、異国情緒たっぷりのディープスポットとなっています。


東京グローブ座に向かう通りに、「GREEN NASCO(グリーンナスコ)」というハラル食材店があり、珍しい果物なども売っている24時間営業の八百屋「新宿八百屋」と向かい合っています。この間の小道にもハラル食材店が続いており、このあたり一帯が「イスラム横丁」と呼ばれています。外国人だらけで日本人はほぼゼロ。あちこちから外国語が聞こえて、ハラルミートを使ったケバブのお店にも長い行列ができて、まさにカオス!


E2c7a351d1fe7c2a