「箱根町」は都心から電車で一時間半ほどと、抜群のアクセスを誇る温泉地です。富士山を望む絶景スポットやたくさんの美術館、紅葉の名所など数多くの見どころがあり、年間を通して訪れる人が絶えません。今回は箱根のおすすめ観光名所を19カ所ご紹介します。

この記事の目次

箱根美術館

箱根屈指の紅葉の名所


昭和27年に開館した「箱根美術館」は、箱根で最も歴史ある美術館。本館展示室では、縄文から江戸時代までの古陶磁、信楽や備前といった中世古窯のやきものを中心に展示しています。

D1d23faa9468350b

美術品とともに箱根美術館の見どころが、「神仙郷」という国の登録記念物の庭園です。中国風の庭園「竹庭」や萩がトンネルのように続く「萩の道」など、変化に富んだ景色を楽しめます。


特に、約130種類の苔が広がる「苔庭」には約200本のモミジが植えられ、紅葉の名所としても有名なスポット。地面を覆う青々とした苔に赤く色づく紅葉が映え、まるで絵画のような絶景が広がります。また、土日祝日と11月には、巨石の石組みと渓流を中心とした「石楽園」も特別公開されます。

苔庭に面したお茶室では、季節のお菓子とお抹茶を楽しむことも。美しい庭園を眺めながら、四季の移ろいを感じてみてはいかがでしょうか。

48b5b1f075c8e2df

箱根美術館


住所

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300


営業時間

①営業時間

9:30〜16:30(12月〜3月は16:00まで) 

②定休日

木曜(祝休日の場合は開館)、年末年始


利用料金

・一般:900円

・高大生:400円

・中学生以下:無料


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道鉄道線「強羅駅」から徒歩で約10分


車: 

西湘バイパス・小田原箱根道路「箱根口IC」から22分


駐車場

あり(無料)

芦ノ湖

富士山と湖のコラボレーションが美しい!


約3,000年前の箱根火山の噴火により生まれた「芦ノ湖」。県下最大の広さを誇る湖で、箱根を代表する景観の一つです。湖の周りには、パワースポットとして名高い「箱根神社」や現代日本画を中心としたコレクションで知られる「成川美術館」、江戸時代交通史の重要な遺跡「箱根関所」など、数多くの観光名所が点在しています。


芦ノ湖は、富士山を望む箱根屈指の景勝地。地上から眺める景色も素敵ですが、ぜひとも体験したいのが箱根海賊船や芦ノ湖遊覧船でのクルージング!船の発着する元箱根港付近からは、芦ノ湖と富士山、箱根神社の鳥居が揃う絶景に出会えます。

湖畔にはレンタルボート店も点在しているので、手漕ぎボートやスワンボートでゆったりと水上散歩もおすすめです。

2a242d6ce742032e

芦ノ湖


住所

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根


アクセス

バス:

①箱根登山バス・伊豆箱根バス箱根町行き乗車、「元箱根港駅」または終点下車

②箱根登山バス湖尻桃源台行き乗車、終点下車


車:

ターンパイク箱根「箱根大観山口IC」から約22分

箱根ロープウェイ

箱根の名所を空から楽しめるロープウェイ


約3,000年前の火山活動でできた「大涌谷」。かつて「大地獄」とも呼ばれ、モクモクと噴き上がる白煙や荒涼とした岩肌、独特な硫黄の匂いなど、今も活火山の迫力を間近で体感できる箱根屈指の人気観光スポットです。


車でも行ける大涌谷ですが、「箱根ロープウェイ」を利用すれば楽しみ倍増! 早雲山駅から桃源台駅を結ぶ全長4㎞の空の旅では、眼下に大涌谷を望めるほか、雄大な富士山をはじめとする山々、芦ノ湖など箱根の名所を満喫できます。


乗り換え地点の大涌谷駅には、火口跡名物の黒たまごやお土産グッズを購入できるお店、展望レストランなどがあり、大涌谷観光の拠点ともなっています。秋は紅葉の名所としても有名な箱根ロープウェイ。色づく山々を空の上から眺めてみませんか。

385956a3f4441af4

箱根ロープウェイ


住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251(大涌谷駅)


営業時間

ロープウェイ運行時間

・3月~11月:9:00~17:00

・12月~2月:9:00~16:15

※ゴンドラは約1分間隔で運行


利用料金

乗車区間により異なる

例)早雲山駅から桃源台駅まで大人片道1,450円、往復2,550円


アクセス

電車:

箱根登山ケーブルカー「早雲山駅」より乗り換え


車:

小田原厚木道路「小田原西IC」から約40分


駐車場

あり(無料)

恩賜箱根公園

芦ノ湖と富士山を満喫できる公園


「恩賜箱根公園」は、明治時代に皇族の避暑と外国からの賓客をもてなすために造られた「箱根離宮」の跡地に広がる県立公園です。

離宮が造られたというだけあり、公園の目の前に芦ノ湖が広がる絶好のロケーション。晴れていれば箱根の山々とともに富士山も望めることから、「関東の富士見100景」にも選ばれています。

8fe923bd34aedd4a

旧離宮本館の礎石が残る中央広場には、「湖畔展望館」という2階建ての洋館が建てられています。離宮についての貴重な資料が展示されているほか、バルコニーからは展望も楽しめます。

4baf0c65bcfa818f

広い園内にはたくさんの木が生い茂り、自然がとても豊か。木々の緑や季節の花々を眺めながらの散策は、気持ちをリフレッシュさせてくれますよ。小高い丘の上にはベンチが設置された展望台もあるので、見晴らしを楽しみながらのんびり過ごせる観光スポットです。

恩賜箱根公園


住所

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171


営業時間

湖畔展望館

①営業時間

9:00~16:30

②定休日

年末年始(12/29~1/3)


利用料金

無料


アクセス

バス: 

「箱根港行き」または「箱根関所跡行き」バス乗車、「恩賜公園前駅」下車すぐ 


車: 

①小田原厚木道路「小田原西IC」から約40分 

②東名高速「御殿場IC」から約50分 


駐車場

あり(有料)

彫刻の森美術館

迫力ある彫刻がいっぱい!日本初の野外美術館


昭和44年に開館した「彫刻の森美術館」は、日本初の野外美術館です。7万㎡の広大な庭園には、近代・現代を代表する彫刻家の作品約120点が展示されています。たくさんのアートの中には、全体がステンドグラスで出来た高さ18mの展望塔「幸せをよぶシンフォニー彫刻」やカラフルな模様のドレスを着た巨大な女性像「ミス・ブラック・パワー」など、大型作品も多数。


また、「しゃぼん玉のお城」や「ネットの森」という体験型の造形作品もあります。小学生以下なら中で遊べるので、子どもたちも楽しみながら芸術に触れることができます。

6edf0a5dc92695f7

ほかにも、20世紀の巨匠パブロ・ピカソの作品を展示する「ピカソ館」やレストラン、ミュージアムショップなど、見どころ盛りだくさんの彫刻の森美術館。庭園内には天然温泉を利用した足湯もあるので、アート巡りで歩き疲れたら立ち寄ってみて下さい。

彫刻の森美術館


住所

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121


営業時間

①営業時間 

9:00〜17:00(最終入館16:30) 

②定休日 

年中無休


利用料金

・一般:1,600円 

・高・大学生:1,200円 

・小・中学生:800円 


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道鉄道線「彫刻の森駅」からすぐ


バス: 

箱根登山バス、伊豆箱根バス「二の平入口駅」下車、徒歩約5分


車: 

西湘バイパス・小田原箱根道路「箱根口IC」から約20分


駐車場

有り

大観山

箱根と富士山を同時に眺める絶景スポット


湯河原町と箱根町の境に位置する、大観山。富士山のビュースポットとして知られ、時期によっては雲海や紅富士も見ることができると人気の撮影スポットになっています。中でも展望台からの眺めは絶景で、眼下に芦ノ湖と富士山の大パノラマを望むことができます。


のんびり絶景を楽しみたいなら、スカイラウンジ2階のティーラウンジがおすすめ。芦ノ湖と富士山、駒ヶ岳などの中央火口丘、金時山などの外輪山、そして遠くには南アルプス、三浦半島、房総半島、大島までも眺望でき、まさに360度の絶景を楽しむことが出来ます。

大観山


住所

神奈川県足柄下郡箱根町箱根


アクセス

電車: 

伊豆箱根鉄道伊豆箱根鉄道駒ヶ岳鋼索線「駒ヶ岳登り口駅」から徒歩で約60分


バス:

箱根登山バス「大観山」下車、徒歩約1分

大涌谷

火山活動の迫力を体感


約3000年前の箱根火山の爆発によってできた、大涌谷。いまなお火山活動が続くこの場所では、もくもくと噴煙が上がり、独特な景観を作り出しています。荒涼とした大地の中に白煙がたちこめるその様子から、かつては「地獄谷」や「大地獄」と呼ばれていました。


大涌谷の名物グルメといえば、「黒たまご」。大涌谷温泉池で作られたゆで卵で、温泉の成分と硫化水素が反応して卵の殻が真っ黒になっています。中身は通常と同じく白いゆで卵ですが、ふつうのゆで卵に比べてうまみ成分が高く、美味しいと評判!また、大涌谷には平安時代に弘法大師によって作られたといわれる「延命地蔵尊」というお地蔵様があることから、黒たまごを食べると寿命が伸びると言われています。


大涌谷へは車やバスなどでもアクセス可能ですが、おすすめはロープウェーの上からの景色。早雲山駅から大涌谷へ向かう途中には地上から約130mの谷を越える箇所があり、迫力ある谷底が見られます。また、桃源台方面へ向かう途中には富士山や芦ノ湖を一望でき、こちらも絶景!ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

大涌谷


住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道鉄道線「彫刻の森駅」からタクシーで約16分


車: 

芦ノ湖スカイライン「湖尻IC」から約12分

蓬莱園

ツツジと紅葉の名所


小涌谷温泉の老舗旅館である三河屋旅館に隣接する「蓬莱園」は、3万株余りののツツジ・サツキが植えられた約5,000坪の廻遊式庭園です。大正のはじめに三河屋旅館主の榎本恭三氏により開かれ、箱根三河屋旅館の裏山の名をとり「蓬莱園」と名づけたと言われています。


毎年5月の見頃の時期には「つつじ祭り」が催され、多くの花見客でにぎわいを見せます。ツツジで有名な蓬莱園ですが、春には桜、6月頃にはホタル鑑賞と楽しみ方は様々。また、秋には紅葉の名所として知られ、赤や黄色に色づいたツツジやサツキが庭園を秋色に染めます。

蓬莱園


住所

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」から徒歩で約15分


バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」からバスで6分、箱根町港行「蓬莱園」下車、徒歩約1分


車: 

小田原厚木道路・西湘バイパス「小田原西IC」から約22分

仙石原すすき草原

関東一を誇るススキの名所


仙石原エリア・台ヶ岳北西のふもと一帯はすすきの草原になっており、秋の見頃の時期には金色に色づいたススキの絶景を見ることができます。関東一の規模を誇る仙石原のススキは全国的にも有名。秋の箱根の風物詩とも言えます。


仙石原のすすき草原の特徴は、まっすぐ続く一本の散策路。草原の中を歩きながら、間近にススキの迫力を感じることができます。大人の背丈を越えるほどのススキに囲まれながら、ゆっくりと散策を楽しみましょう。


一面が黄金の穂で埋め尽くされる秋はもちろんですが、黄金に変わる前の銀色の穂や、夏の青々とした草原の風景も見どころの一つ。また、春には草原内に雑木が増えるのを防ぐための「山焼き」が行われ、多くの人が見物に訪れます。

仙石原すすき草原


住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 仙石原すすき草原


アクセス

バス: 

①JR「小田原駅」から「湖尻桃源台」行きで約50分 

②箱根登山鉄道鉄道線「箱根湯本駅」から箱根登山バス桃源台線(T路線)約30分「仙石高原」下車、徒歩約1分


車: 

東名高速道路「御殿場IC」から約50分


駐車場

有り 

約300台(無料) 

千条の滝

いく筋もの水が静かに流れる、優美な滝


蛇骨川上流に位置する「千条の滝」。横に長いのが特徴で、高さ約3mの岩盤を幅20mにわたって静かに水が流れ落ちていきます。「千条(ちすじ)」の名前は、このように水がいく筋にも分かれていくことからつけられました。


周囲はカエデやモミジに囲まれ、紅葉の季節も見応え抜群。また、例年6月下旬~7月下旬頃にはゲンジボタルやヒメホタルが飛び交い、滝の音の中で幻想的な光景を見ることが出来ます。

箱根登山鉄道「小涌谷駅」からは徒歩で10分程度と、アクセスも良好。ぜひお気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

千条の滝


住所

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷507


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」から徒歩で約13分


バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」からバスで12分、箱根町港行「蓬莱園」下車、徒歩約7分


車: 

西湘バイパス・小田原箱根道路「箱根口IC」から約23分

箱根ガラスの森美術館

ロマンティックな空間で楽しむガラス作品


小田急箱根ハイランドホテルから、徒歩で約5分のところにある「箱根ガラスの森美術館」。15〜19世紀にかけてヨーロッパ貴族の中で栄えたヴェネチアン・グラスと、新しい生命を吹き込まれた斬新な現代ガラス作品を約100点展示しています。

館内展示だけでなく、水の都ヴェネチアをイメージした庭園も有しており屋外に展示された作品もとても魅力的です。美しいガラス作品はもちろんのこと、屋外に設置された「光の回廊」や季節ごとの企画展示も美しく何度も足を運ぶ方もいるほど。


また、世界各国のガラス製品を集めた「ミュージアムショップ」や、イタリア人歌手によるカンツォーネの生演奏(毎日6回公演)も楽しめるカフェレストラン「カフェテラッツァ」があり、お食事や喫茶をお楽しみいただけます。広い庭園を眺めながら、ぜひゆっくりとしたひとときを過ごしてみてくださいね。

箱根ガラスの森美術館


住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48 箱根ガラスの森美術館


営業時間

①営業時間

10:00〜17:30(最終入館は17:00) 

②休館日

臨時休館有り


利用料金

・小学生600円、中学生600円、高校生1,100円、大学生1,100円、大人1,500円 

・15名以上の団体 小学生500円、中学生500円、高校生900円、大学生900円、大人1,200円


アクセス

バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「宮ノ下駅」からバスで14分、湖尻行「俵石・箱根ガラスの森前」下車、徒歩1分

車: 

芦ノ湖スカイライン「湖尻IC」から10分


駐車場

有り 

約150台(1日300円)

箱根駅伝ミュージアム

箱根駅伝の歴史がつまったファン必見の博物館


「箱根駅伝ミュージアム」は箱根町の芦ノ湖すぐ近く、箱根駅伝の往路ゴール・復路スタート地点に隣接するミュージアムです。1920年から始まった箱根駅伝は、今や正月の風物詩となり語り継がれるエピソードも数多く生まれています。TV中継を見ているだけでは伝わらない箱根駅伝の歴史を知ることができるファン必見の観光スポットです。


館内はヒストリーゾーン、エピソードゾーン、データゾーン、検索コーナー、オリンピックゾーンなどに分かれており、箱根駅伝を詳しく知ることができます。年表や写真、箱根寄木細工でできた往路優勝杯、歴代優勝校や区間記録などの展示はぜひ見たいところ。また、ミュージアムシアターでは、感動シーンを映像で振り返ることができます。往年の名勝負を見ることができ、感動を再び味わえると来館者に好評です。


ひととおり見学したらカフェで休憩することも可能です。ミュージアムショップではお土産にぴったりな、箱根駅伝の記念商品や大学のオリジナルグッズの販売もありますよ。

1f94f518d8644d17

箱根駅伝ミュージアム


住所

神奈川県足柄下郡箱根町箱根167


営業時間

①営業時間

平日:

10:00〜16:30

土曜、日曜、祝日:

9:30〜17:00

②休館日

無休


利用料金

・小学生300円、中学生300円、大人500円 

・15名以上の団体 小学生200円、中学生200円、大人300円


アクセス

バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」からバスで23分、箱根町港行「箱根ホテル前」下車、徒歩3分

車: 

箱根新道「箱根峠IC」から5分

富士屋ホテル

外国人にも愛された、歴史あるクラシックホテル


「富士屋ホテル」は日本を代表するクラシックホテルの一つ。まだ日本に「ホテル」という概念がなかった明治11年に日本初の本格リゾートホテルとして開業しました。

開業初期の頃はチャップリンやヘレンケラーはじめ、世界中のVIPご用達の「外国人客専用のホテル」として知られていました。年間約8万人が宿泊し、数多くの人に愛されているホテルです。


老舗ホテルとしての歴史がある一方で老朽化が進んでおり、2018年から約2年間、耐震補強工事ならびに改修工事を実施。休館期間中は、別館「菊華荘」、ベーカリー&スイーツ「ピコット」、オンラインショップ「富士屋ホテル倶楽部」はこれまで通り営業しています。

2020年夏に新たな魅力を加えオープン予定とのこと。より素敵にパワーアップした「富士屋ホテル」の完成を楽しみに待ちたいですね。

B17defb6a9b84c39

富士屋ホテル


住所

神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道箱根登山鉄道鉄道線「宮ノ下駅」から徒歩で約6分

箱根神社

関東屈指のパワースポット


「箱根神社」は天平宝字元年(757年)、万巻上人によって創建され、古くは箱根三所権現といい、山岳信仰の霊場として多くの信仰を集めていました。鎌倉時代に入ると、源頼朝をはじめ鎌倉幕府要人から敬われ、その名を高めていきました。800年を越す杉並木が続く参道は、とても神聖な雰囲気に包まれています。


勝負運に強いと言われる「箱根大神」を祀っていて、関東最強のパワースポットの一つとも言われています。箱根神社は箱根で一番高い「神山」を拝む場所にあるため、古代から神様が降臨する神聖な場所として大切にされてきました。そのため、箱根神社一帯がパワースポットとしての強いエネルギーを持っていると言われています。


お願いごとや勝負事がある時にはぜひ一度、箱根神社の強いパワーに頼ってみてはいかがでしょうか。

箱根神社


住所

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1


参拝時間

9:00~16:00


拝観料

無料


アクセス

バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」からバスで28分、箱根町港行「箱根神社入口」下車、徒歩11分

車: 

ターンパイク箱根「箱根大観山口IC」から14分


駐車場

あり(無料)

箱根登山鉄道あじさい電車

梅雨の時期だけの特別な景色


神奈川県の小田原駅から箱根の強羅駅までをつなぐ箱根登山鉄道。この沿線の「あじさい」は6月中旬頃から開花の時期を迎えます。そのため、あじさいの咲く時期の箱根登山電車は「あじさい電車」の愛称で親しまれています。箱根湯本駅から強羅駅までの路線の間(約40分)に約1万本のあじさいが咲き誇り、まさに絶景です。電車に乗りながらでも、充分にあじさいを堪能できます。


あじさいの見頃は、6月中旬から7月下旬までと少しずつ標高の高い駅へと移っていきます。また夜間になると箱根鉄道沿線の6カ所でライトアップが行われ、闇夜に浮かぶ幻想的なあじさいを観賞できます。

満開に咲く色鮮やかなあじさいを眺めれば、きっと梅雨の時期の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれるはずです。

箱根登山鉄道あじさい電車


住所

神奈川県足柄下郡箱根町湯本 箱根湯本駅


乗車料金 

・小田原駅〜強羅駅 670円(大人) 

・箱根湯本駅〜強羅駅 400円(大人)


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道「箱根湯本駅」から「強羅駅」までの乗車区間

箱根園水族館

珍しいバイカルアザラシや可愛い魚たちに出会える水族館


「箱根園水族館」はプリンスホテルが運営する総合リゾート施設「箱根園」にある水族館です。海抜723mと水族館としては日本で最も標高の高い場所にあります。

館内は「バイカルアザラシ広場」「淡水館」「海水館」の3つのエリアに分かれています。バイカルアザラシ広場では、世界的にも珍しい淡水で暮らすバイカルアザラシに出会えます。キュートなアザラシによるショーが毎日行われ、頭に手ぬぐい&手に桶というバイカルアザラシの温泉芸も満喫できます。

また、海水館にはペンギンやサメ、熱帯魚など、海の生き物がいっぱい。メイン展示の高さ7mの大水槽では、ダイバーがエサをあげる海中ショーが毎日開催され、可愛い魚たちのお食事タイムも見学できますよ。

有料でコツメカワウソや世界最大級の淡水魚ピラルクにエサやり体験できるイベントなども行われているので、HPをチェックしてみて下さい。

6c18f8a811e2bc34

住所

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 龍宮殿本館


お問い合わせ

0460-83-1151


営業時間

9:00~17:00(季節により異なる) 

最終入館は閉館40分前まで


利用料金

4歳〜小学生750円、大人1,500円


アクセス

バス: 

①JR「新宿駅」西口から小田急箱根高速バス「箱根園」下車 

②東海道新幹線「小田原駅」から伊豆箱根バスで80分 

③小田急ロマンスカー「箱根湯本駅」から伊豆箱根バス 

車: 

①厚木ICからで65分 

②御殿場ICから乙女峠経由で約45分 

(小田原方面からのアクセスは、箱根新道の利用が便利。通行無料)


駐車場

有り 

312台(1日1,000円)

岡田美術館

東洋美術や足湯を楽しめるミュージアム


2013年にオープンした「岡田美術館」は、日本をはじめとした東洋の美術品を収蔵するミュージアム。5階建ての館内には、日本や韓国、中国の陶磁器や近世近代の日本画、平安時代や鎌倉時代の仏像などが、常時約450点展示されています。

美術館のシンボルともなっているのが、俵屋宗達の風神雷神図屏風をモチーフにした「風・刻(かぜ・とき)」という大壁画。壁画の前には足湯カフェもあり、アート鑑賞をしながら源泉かけ流しの足湯を満喫できます。

庭園も大きな見どころ。自然豊かな園内は、牡丹や紫陽花、紅葉など四季折々の植物で彩られます。庭園に面して「開化亭」というレストランもあり、美しい景色を眺めながらの食事も楽しめますよ。

また、ミュージアムショップでは、美術館専属のショコラティエが手掛けたチョコレートなどのオリジナルグッズを販売。魅力たっぷりな岡田美術館は、時間をかけてじっくり巡りたいスポットです。

522d8350b2fac03a

住所

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493−1


お問い合わせ

0460-87-3931


営業時間

①営業時間 

9:00~17:00 (入館は16:30まで) 

②休館日 

会期中無休(12月31日・1月1日・展示替期間は休館)


利用料金

美術館:

一般・大学生2,800円/小中高生1,800円

庭園:300円

足湯カフェ:500円(美術館ご利用の方は無料)


アクセス

電車: 

箱根登山鉄道鉄道線「小涌谷駅」から徒歩で約15分 

バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「箱根湯本駅」からバスで「小涌園」下車、徒歩すぐ(約20分)


駐車場

有り 

・約80台 

・美術館ご利用の方は無料、庭園・開化亭・足湯カフェのみご利用の方は1時間無料(以降1時間500円)。

箱根湿生花園

水湿地の植物を中心とした植物園


「箱根湿生花園」は湿原や湖といった水湿地に生息する植物を中心とした植物園です。広大な園内には、日本各地に点在している湿地帯の植物200種をはじめ、高山植物や外国の野草など約1700種もの植物を植栽。ミズバショウやカタクリ、ノハナショウブ、ワレモコウといった四季折々の花が咲き誇ります。また、毎年春には “ヒマラヤの青いケシ”という珍しい花も展示され、人気を集めています。

季節ごとに様々な花を楽しめる園内ですが、おすすめは春~夏。特に6月はニッコウキスゲ、ノハナショウブ、トキソウなどが湿原を彩り、園内で100種類以上が花を咲かせます。

10時と13時の1日2回、ガイドによる無料案内ツアーも開催されているので、詳しい解説が聞きたい方は時間に合わせて訪問してみてはいかがでしょうか。

なお、12月~2月は冬季閉園になるので、訪問の際はご注意ください。

A21d6b2067746870

住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817番地 箱根湿生花園


お問い合わせ

0460-84-7293


営業時間

9:00〜17:00 (最終入園 16:30)

開園期間 3月1日〜11月30日

期間中無休


利用料金

小学生400円、大人700円


アクセス

バス: 

箱根登山鉄道鉄道線「宮ノ下駅」からバスで24分、湖尻行「仙石原文化センター前」下車、徒歩7分


車: 

箱根スカイライン「長尾峠IC」から13分


駐車場

100台(無料)

箱根強羅公園

日本最古のフランス式庭園


「箱根強羅公園」は大正3年に開園した日本最古のフランス式庭園で、2013年に公園全体が国の登録記念物に認定されました。傾斜地に広がる園内には、公園のシンボルして親しまれる噴水池や約140品種1,000株のバラが植栽されたローズガーデン、トロピカルな熱帯植物を楽しめる温室といった見どころが点在。また、桜やツツジ、アジサイ、紅葉など、年間を通して色々な植物も楽しめます。

「クラフトハウス」では吹き硝子や陶芸、とんぼ玉などの製作体験をすることもできるほか、お茶室「白雲洞茶苑」ではお抹茶とお菓子を頂くこともできます。

また、園内には「自然有精卵のだし巻きサンド」や「燻製鶏ハムサンド」など本格的なサンドウィッチ料理店「一色堂茶廊」と、カレーやパンプレートを提供する「Cafe PIC」という2つのカフェも。散策や体験、そして食事にと1日中楽しめる公園です。

箱根強羅公園ではクリスマスシーズンのライトアップなど、年間を通して様々なイベントも行われているので、ぜひお出かけしてみてください。

D9936f0b1aba2690

住所

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300 箱根強羅公園


お問い合わせ

0460-82-2825


営業時間

(1)公園営業時間 

・9:00〜17:00(入園は16:30まで) 

・箱根クラフトハウスは各体験により受付時間異なる 

(2)定休日 年中無休 

(3)箱根クラフトハウス(体験) 

①吹きガラス体験 

体験時間約15分 

②陶芸体験 

・てびねり陶芸体験 

体験時間約60分 

・電動ろくろ体験 

体験時間約40分 

③サンドブラスト体験 

体験時間約60分 

④ドライフラワーアレンジメント 

体験時間約30分〜60分 

⑤とんぼ玉体験 

体験時間約15分(徐冷約50分)


利用料金

(1)入園料 

・大人 550円 

・小学生以下 無料 

(2)箱根クラフトハウス(体験) 

①吹きガラス体験 3,800円〜 

②陶芸体験 

・てびねり陶芸体験 3,600円〜 

・電動ろくろ体験 3,800円〜 

③サンドブラスト体験 2,100円〜 

④ドライフラワーアレンジメント 1,100円 

⑤とんぼ玉体験 2,500円


アクセス

電車: 

①箱根登山鉄道鉄道線「強羅駅」から徒歩で約2分 

②箱根登山鉄道鉄道線「彫刻の森駅」から徒歩で約13分


車: 

西湘バイパス・小田原箱根道路「箱根口IC」から約21分


駐車場

有り 

普通車43台(1時間300円)

いかがでしたか?

今回は神奈川県箱根町のおすすめ観光名所を19カ所ご紹介しました。彫刻がいっぱいの美術館や皇族の離宮の跡に整備された公園、絶景を満喫できるロープウェイなど、箱根にはたくさんの観光名所があります。

紅葉狩りも楽しめるスポットも多いので、ぜひ箱根にお出かけしてみて下さい。