琵琶湖の北西部に位置する「滋賀県 高島市」。メタセコイア並木をはじめ、赤坂山、近江のの厳島など、琵琶湖と水辺の景観が日本遺産に認定されるほど、美しい自然が広がっています。今回は、そんな滋賀県高島市の観光名所を5カ所ご紹介します。

この記事の目次

メタセコイア並木

約500本が四季折々の表情で魅せる、高島市が誇る名所


高島市で外せない観光スポットといえば「メタセコイア並木」です。牧野ピックランドからマキノ高原を結ぶ、約2.4kmの道路。その両側には、約500本ものメタセコイアが植樹されています。


昭和56(1981)年、マキノ町果樹生産組合が植えたのが始まり。その後、組合の人たちをはじめ、地域の協力によって、大切に育まれてきました。平成6年には、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」にも登録されています。

Fad2de87a6d804da

高島市の豊かな気候も相まって、四季折々の表情を見せてくれるのがメタセコイア並木の魅力。春から夏にかけては緑が深まり、秋には黄色から紅色にに彩られ、冬には雪化粧に染まる。特に秋の紅葉は人気で、毎年11月下旬頃、すらっと伸びる1本道が紅いトンネルに包まれます。

59b28f0d8dd76a52

メタセコイア並木


住所

滋賀県高島市 メタセコイア並木


お問い合わせ

0740-27-1811


営業時間

常時


利用料金

レンタサイクル(マキノピックランド内) 

・2時間まで 300円 

・3時間まで 500円 

・6時間まで 800円 

・超過料金 200円/時間 

・レンタサイクルの乗り捨て料金 200円 

※乗り捨て場所(マキノ駅観光案内所、マキノ高原温泉、知内浜オートキャンプ場)


アクセス

バス: 

JR湖西線「マキノ駅」から市バスマキノ高原線「マキノピックランド」下車すぐ 


車: 

・名神高速道路「京都東IC」から約90分 

・北陸自動車道「木之本IC」から約30分 

・北陸自動車道「敦賀IC」から約40分


駐車場

有り 

・マキノピックランド内


ウェブサイト

http://xn--ncke3dzaw0b5dze4d.com/

マキノ高原・マキノ高原温泉さらさ

関西百名山の麓にある、自然と温泉を堪能できるスポット


メタセコイア並木を通って、間もなく見えてくる「マキノ高原」。滋賀県と福井県にまたがる関西百名山のひとつ「赤坂山」の麓に広がっています。


マキノ高原は、1年を通して楽しめるレジャー&アウトドア施設。春から秋にかけてはキャンプやBBQを堪能し、冬は雪景色に包まれたゲレンデとなります。敷地内にはクヌギ林の林間サイトが併設。約100組が宿泊できるキャンピングエリアや水遊びを楽しめるヨキトギ川(斧研川)、赤坂山への登山入口などがあり、四季折々の森林浴も味わえますよ。

655f8818e81b2f64

さらに、疲れを癒せる温泉施設「マキノ高原温泉さらさ」も併設されており、まさに至れり尽くせり。高島市の旅の締めくくりに立ち寄るのもおすすめです。

Fab0c14792c9d8fe

マキノ高原・マキノ高原温泉さらさ


住所

滋賀県高島市マキノ町牧野931


お問い合わせ

0740-27-0936(マキノ高原)

0740-27-8126(マキノ高原温泉さらさ)


営業時間

①営業時間

平日 10:00~21:00 (最終受付8:30)

土・日・祝祭日 10:00~22:00 (最終受付9:30)

②定休日

マキノ高原温泉さらさ 定休:第2・4水曜日、臨時休業あり


利用料金

お風呂利用料金

大人(12歳以上)700円

小人(3歳以上12歳未満)350円


バーデゾーン利用料金

大人(12歳以上)800円

小人(3歳以上12歳未満)400円


お風呂+バーデゾーン利用料金

大人(12歳以上)1200円

小人(3歳以上12歳未満)600円


アクセス

電車:

JR湖西線 「マキノ駅」 下車 バス 15分 「マキノ高原温泉さらさ」前


車:

①名神高速道路「京都東IC」から約80分

②北陸自動車道「木之本IC」から約30分


駐車場

有り

普通車120台


ウェブサイト

http://www.makinokougen.co.jp/

白鬚神社

琵琶湖に浮かぶ鳥居がシンボル、近江最古の大社


近江で最も歴史が古い神社とされる「白鬚(しらひげ)神社」。地元の人たちを中心に「白髭さん」「明神さん」と親しまれ、延命長寿・長生きの神様として知られています。

E0e323562ae0fd0f

創建されたのは、1900年以上も前。古墳時代よりも前にいた豪族・倭姫命(やまとひめのみこと)によって社殿が建てられたのが始まりと考えられています。境内は豊臣秀吉の遺命によって造営され、本殿は慶長8(1603)年に建てられたもの。国の重要文化財に指定されています。


琵琶湖に浮かんでいるかのように建つ鳥居が有名。「近江の厳島」とも呼ばれています。社殿お参りの際には、朱色の鳥居が佇む琵琶湖の景色も見てみてください。

A7a4821b81467eb0

白鬚神社


住所

滋賀県高島市鵜川215


お問い合わせ

0740-36-1555


アクセス

電車: 

JR湖西線 「近江高島駅」から車で約5分


車:

名神高速道路「京都東IC」から約50分 


駐車場

有り 

約50台


ウェブサイト

http://shirahigejinja.com/

ホソイフクロモノ

高島市の地場産業、シンプルな実用アイテムたち


織物が地場産業として根付いている高島市。せっかくなら、本場に赴いて、お気に入りのアイテムを見つけてみませんか?


麻織物や綿帆布を使い、オリジナルの商品を手がけている「ホソイフクロモノ」。トートバックやバックパックをはじめ、小物入れ、ペンケースなど、実用的なアイテムを製作しています。

3ccc87d18a4e86d9

上質な8号規格の帆布を使い、バイオウィッシュ加工を施すことで、自然な風合いと丈夫さを追求。また、オリジナルのストライプ柄も使用。どの商品もシンプルな出で立ちで、洋服や使用シーンを選ばないのが特徴です。女性だけでなく、男性でも持ちやすいデザインですよ。


店舗には工房が併設されており、実際に職人さんが手作業で作っている現場も見学できます。高島市のものづくりの一端を覗いてみてください。

E0cb48d5fbc42220

ホソイフクロモノ


住所

滋賀県高島市安曇川町常磐木154-1


お問い合わせ

0740-32-2434


営業時間

①営業時間

10:00〜18:00

②定休日

日曜日


アクセス

電車:

JR「近安曇川駅」から徒歩約20分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://hosoifukuromono.jp/

STAGEX高島(ステージクス高島)

琵琶湖の湖畔で、最上級のグランピング空間を楽しむ


自然溢れた広大な敷地で過ごす、非日常の特別な時間。2018年7月にオープンした「STAGEX高島(ステージクス高島)」では、グランピングキャンプを楽しめます。


グランピングとは、専用道具やテントがなくても自然のなかで宿泊やレジャー体験をできる、新しいキャンプスタイルのこと。部屋の代わりに、テントやコテージが割り当てられます。

55d812884f0d8090

客席数400席を誇る、STAGEX高島(ステージクス高島)。敷地内には大きな池があり、フェス広場や芝生エリアなど、憩いの空間が広がります。BBQや食事を楽しんだり、琵琶湖サイクリングの中継地点としても活用できますよ。


宿泊時には、高島市が誇る食材を使った料理に舌鼓。和食・フレンチ・イタリアンの3種類が用意されており、アウトドアの概念を超えた贅沢なひと時を過ごせます。

2a6d658da1a1841e

STAGEX高島(ステージクス高島)


住所

滋賀県高島市新旭町藁園336


お問い合わせ

0740-25-8212


営業時間

①営業時間

10:00〜18:00

②定休日

無し(予定)


アクセス

電車:

JR湖西線「新旭駅」から送迎あり


車:

名神高速道路「京都東IC」から約1時間


駐車場

有り


ウェブサイト

https://www.takashima.stagex.jp/

いかがでしたか?

今回は、滋賀県高島市の観光名所を5カ所ご紹介しました。

紅葉スポットとして有名なメタセコイア並木や関西百名山の赤坂山を望むマキノ高原、近江最古の大社だけでなく、地場産業の織物技術が活かされたおしゃれなアイテムなど、見所がたくさんあります。宿泊はもちろん、日帰りでの旅行もおすすめですよ。