神奈川県鎌倉市は「古都鎌倉」とも呼ばれ、鎌倉大仏、長谷寺、鶴岡八幡宮などがある歴史深い街。また「鳩サブレー」の本店や漫画「スラムダンク」の聖地など穴場もたくさん!今回は、鎌倉市のおすすめスポット26カ所をご紹介します!

この記事の目次

長谷駅

鎌倉観光の玄関口


レトロ感あふれる、かわいらしいローカル線「江ノ電」こと「江ノ島電鉄」。100年以上の歴史があり、現在は藤沢から鎌倉までを繋いでいます。湘南・江ノ島の印象が強い江ノ電ですが、「長谷駅」は鎌倉観光の玄関口となっていることもあり、同じ車両でもすっかり古都・鎌倉の雰囲気をまとっているから不思議。

長谷駅から長谷寺まで徒歩5分、鎌倉大仏まで徒歩約10分。駅周辺にはパン屋さんやカフェ、たい焼き屋さんなどもあるので、休憩や食べ歩きにもおすすめです。

長谷駅


住所

神奈川県鎌倉市長谷2丁目14−10


アクセス

江ノ島電鉄「長谷駅」


ウェブサイト

https://www.enoden.co.jp/train/station/hase/

長谷寺

アジサイで有名な花寺


通称「長谷観音」と呼ばれる長谷寺は、奈良時代の創建と伝えられる古刹です。

穏やかな雰囲気の境内は観音山の裾野から山腹にあり、見晴台からは鎌倉の町や由比ヶ浜を望むことができます。

四季折々の花が咲く花の名所としても有名で、中でもアジサイは鎌倉屈指の美しさ。ピンクや紫、青、水色など色とりどりの花が楽しめるのが特徴で、梅雨の時期にもかかわらず毎年多くの参拝客が訪れます。

アジサイの時期は1時間待ちも当たり前という人気スポットですが、少し前には睡蓮や花菖蒲、後には桔梗や百合などが楽しめます。「鎌倉の西方極楽浄土」とも称される長谷寺に、一度はお参りしたいですね。

長谷寺


住所

神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2


営業時間

・夏 3月〜9月 8:00〜17:00(閉山 17:30) 

・冬 10月〜2月 8:00〜16:30(閉山 17:00)


利用料金

拝観料 

・大人 300円 

・小学生 100円


アクセス

電車: 

江ノ電「長谷駅」から徒歩で約5分 


バス: 

JR 横須賀線「鎌倉駅」からバス乗車「長谷観音」下車、徒歩5分 


車: 

横浜横須賀道「朝比奈IC」から約30分


駐車場

有り(約30台、30分300円)


ウェブサイト

http://www.hasedera.jp/

豊島屋本店

変わらない味、鳩サブレー


黄色いパッケージに素朴な鳩のパッケージでもおなじみ、「鎌倉 豊島屋 鳩サブレー」。えっ、鎌倉土産だったの?と思うほどメジャーな焼き菓子です。

明治27年に誕生して以来、古くから愛されている豊島屋。鳩サブレーのほかにも、季節感あふれる和菓子を作り続けています。

そしてなんと、豊島屋本店ではここでしか手に入らないオリジナル鳩サブレーグッズ「鳩クッション」を販売しています。サイズや色はもちろん、布と本革も選べるというから驚き!鳩サブレーの鳩の素朴な瞳と鳩胸が見事に再現されています。完全受注生産のため、注文してから約2週間お待ちくださいね。

豊島屋本店


住所

神奈川県鎌倉市小町2丁目11-19 


営業時間

①営業時間

9:00〜19:00 

②定休日

水曜(不定休)


アクセス

電車: 

JR横須賀線、江ノ島電鉄線「鎌倉駅」東口から徒歩で約3分


駐車場

無し


ウェブサイト

https://www.hato.co.jp/shop/index.html

鎌倉高校前踏切

あの人気マンガの聖地!


名前はピンとこなくても、景色を見るとなぜか既視感を覚える人も多いのではないでしょうか。

77fedb4d04343c7c

それもそのはず、この江ノ島電鉄「鎌倉高校前1号踏切」は1990年代の大人気アニメ、「スラムダンク」のオープニングシーンとして有名な場所なんです。踏切の向こうには、鎌倉から江ノ島を通る国道134号線と七里ガ浜の海。現在でもなおファンの聖地として多くの観光客が訪れる場所となっています。


最近では日本のみならず、台湾からもファンが訪れているそうですよ。”湘北”ならぬ湘南江の島も徒歩圏内。鎌倉を訪れた際はぜひ立ち寄って、記念撮影していってくださいね。

鎌倉高校前踏切


住所

神奈川県鎌倉市腰越1丁目1−25


アクセス

電車:

JR横須賀線・湘南新宿ライン「鎌倉駅」から江ノ島電鉄に乗換え「鎌倉高校前駅」下車すぐ(約18分)


ウェブサイト

http://www.shonan-monorail.co.jp/news/2017/04/post-30.html

鶴岡八幡宮

源頼朝ゆかりの神社


鎌倉初代将軍・源頼朝ゆかりの地である「鶴岡八幡宮」。鎌倉を代表する観光スポットです。

1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。

境内を散策し、源平池(源氏池・平家池の2つを合わせた総称)の水面を眺めているだけでもゆっくりとした時間を感じられます。また、同じく境内にある神苑牡丹園は元日〜2月下旬と4〜5月中旬が見頃。色も形も様々な牡丹が楽しめます。

190dbcbd84c53ed1

鶴岡八幡宮


住所

神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31


営業時間

拝観時間 

①5:00~21:00(最終入門20:50) 

②10月~3月は6:00開門


利用料金

(1)拝観料(宝物殿拝観) 

①中学生以上 200円 

②小学生 100円 

③未就学児童 無料 

(2)御朱印帳受付 

①御朱印手帳 1,000円 

②11cm×16cm


アクセス

電車: 

JR・江ノ電線「鎌倉駅」から徒歩で約15分


駐車場

有り(有料40台うち大型車8台)


ウェブサイト

https://www.hachimangu.or.jp/

鎌倉大仏

高さ約13メートル、鎌倉のシンボル


言わずと知れた鎌倉の大仏さま。正式名称は「銅造阿弥陀如来坐像」、浄土宗の寺院である高徳院の本尊であり、鎌倉の仏像で唯一の国宝でもあります。像高は約11.3m、台座も含めると約13m。奈良の大仏(約15m)より少し小さめです。


ただ、鎌倉の大仏さまは胎内めぐりができることが大きな特徴。中からはまた違った雰囲気の大仏さまを感じられるとともに、創建当時の建築技術も垣間見ることができます。

胎内めぐりはひとり20円。急な階段が多く、狭いのでご注意くださいね。

鎌倉大仏殿高徳院


住所

神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28


営業時間

①4月〜9月 8:00〜17:30(入場は閉門15分前) 

②10月〜3月 8:00〜17:00(入場は閉門15分前) 

③大仏胎内 8:00〜16:30(入場は閉門10分前) 


利用料金

①幼児(未就学児)無料、小学生150円、中学生200円、大人200円 

②大仏胎内の拝観料は別途1名当たり20円


アクセス

電車: 

江ノ電線「長谷駅」から徒歩で約6分 


バス: 

JR・江ノ電「鎌倉駅」から「鎌倉山」行き「大仏前」下車、徒歩約2分


駐車場

有り 


ウェブサイト

http://www.kotoku-in.jp/

円覚寺

美しい庭園は国の史跡・名勝に指定


JR横須賀線「北鎌倉駅」を降りてすぐ、鎌倉散歩の入り口ともなっている円覚寺。広大な境内は静かで、落ち着いた雰囲気に包まれています。


南北に広がる境内には、御本尊の宝冠釈迦如来像を祀る仏殿や、北条時宗の廟所でもある仏日庵などの塔頭寺院、三つの解脱の象徴とされる迫力ある三門(山門)など見どころが多くあります。

6094c17ada17c8f5

この円覚寺は、鎌倉時代後半、北条時宗が中国から無学祖元禅師を招いて創建したもの。時宗公は若くして執権職につき、 不安な武家政治の中で無学祖元禅師の教えを心の支えとし、深く禅宗に帰依したといいます。


円覚寺では毎週土曜日と毎月第2・第4日曜日に座禅会を開催しています。禅の思想や座禅に興味がある方は、気軽に参加してみてください。

円覚寺


住所

神奈川県鎌倉市山ノ内419


営業時間

①4月〜10月8:00〜17:00 

②11月〜3月8:00〜16:00


アクセス

電車: 

JR「北鎌倉駅」から徒歩で2分


駐車場

有り・約18台


ウェブサイト

http://www.engakuji.or.jp/

安国論寺

由比ヶ浜を一望


日蓮聖人の松葉ヶ谷草庵の跡と言われており、前執権北条時頼に建白した「立正安国論」を執筆した岩穴(法窟)の側に安国論窟寺を建てたのが始まりとされています。敷地内には「立正安国論」に反感をもつ人々に庵が襲われた際に白猿に導かれて避難したとされる南面窟があります。 


また、少し急な階段になりますが敷地内の山の上まで登ると由比ヶ浜が一望できる眺めの良いスポットがありますよ。

安国論寺


住所

神奈川県鎌倉市大町4丁目4−18


営業時間

①拝観時間

9:00〜16:30 

②定休日

月曜(祝祭日以外の月曜が休み)


利用料金

100円


アクセス

電車: 

JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅」から徒歩で約15分


ウェブサイト

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/01ankokuronji.html

小町通り

食べ歩きグルメにお土産!


JR「鎌倉駅」東口から鶴岡八幡宮まで、若宮大路と平行に走る小町通り。飲食店やカフェなどのほか、お土産屋、うつわ屋など幅広いお店が並ぶ鎌倉観光の名所のひとつです。


特に食べ歩きグルメが人気で、クレープにジェラート、鎌倉コロッケにおせんべいなど、スイーツから軽食までバリエーションは多種多様。近年は新しいショップのオープンや新商品の登場も多く、いつ行っても賑わっています。

738e65122c7c9ffd

午前中に鎌倉駅から小町通りを散策してショッピングや食べ歩き、ランチを楽しみ、そのまま鶴岡八幡宮へ抜けるルートが鎌倉観光の定番ともなっています。


食べ歩きは50円のおせんべいから楽しめるので、気軽にいくつものお店をハシゴできるのも人気のポイント。ぜひお気に入りのグルメを見つけてみてくださいね。

小町通り


住所

神奈川県鎌倉市小町


アクセス

電車: 

JR「鎌倉駅」東口からすぐ


ウェブサイト

http://www.kamakura-komachi.com/

報国寺

竹林が美しいお寺で座禅やお茶も


1334年創建、「竹の寺」とも呼び習わされる報国寺。

境内には約2,000本の孟宗竹が植えられており、足を踏み入れると心なしか涼しくなるような景色が広がります。苔むした岩やお地蔵様も鮮やかな緑色で、凛とした雰囲気に包まれます。鎌倉でわずか2カ所の「ミシュラン・グリーンガイド三つ星」にも選ばれています。


また、15:30までに訪れると竹林の中でお抹茶も味わえますよ。

45383a57e62286db

竹林で有名な報国寺ですが、枯山水の庭園も見事。季節の花や樹木も目に優しく、リフレッシュできます。

鎌倉駅から少し離れていることもあり、喧騒から逃れて自分を見つめるひと時を過ごすのにもぴったり。


日曜日には「少し厳しめ」の坐禅会も開かれていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

547f1dfef6424df5

報国寺


住所

神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7−4 


営業時間

①拝観時間

9:00〜16:00 

②休業

12月29日〜1月3日


利用料金

・拝観料 200円 

・抹茶(干菓子付) 500円


アクセス

電車: 

JR・江ノ電線「鎌倉駅」からバスで約7分


ウェブサイト

http://www.houkokuji.or.jp/index.html

若宮大路

鶴岡八幡宮に続く2kmの長い参道


海水浴場として知られる由比ヶ浜海岸。そこから「鶴岡八幡宮」に一直線に伸びる参道が「若宮大路」です。


治承4(1180)年に鎌倉入りした源頼朝。その後、鶴岡八幡宮を中心とした街づくりがはじまります。若宮大路の造営がはじまったのは、養和2(1182)年のとき。妻・北条政子の安産祈願のためにつくられたと言われています。


若宮大路は2kmにもなる長い参道。平安京の朱雀大路を参考に造営されており、鶴岡八幡宮に近づくほど道幅が狭くなる遠近法を採用しています。また、大正6年に植樹された桜並木が有名。四季折々の表情を見上げながら、多くの参拝者が訪れます。

F36664980ae3e051

若宮大路


住所

神奈川県鎌倉市雪ノ下


アクセス

電車:

JR・江ノ電「鎌倉駅」から「一の鳥居」まで徒歩で約10分


車:

横浜横須賀道路「朝比奈IC」「逗子IC」から約20分


駐車場

有り


ウェブサイト

https://www.hachimangu.or.jp/(鶴岡八幡宮)

材木座テラス

全てのテナントが日本初出店!海と空を望みながらお買い物


コンセプトは「年間を通してビーチライフを楽しむ」。平成28(2016)年にオープンした商業施設「材木座テラス」。鎌倉の地名である「材木座」を看板名に取り入れています。


例えば、海とサーフィンがテーマのライフスタイルマガジン『HONEY』が手がける4店舗が出店。雑誌にも掲載している商品が購入できる『my HONEY(マイハニー)』やヘルシー&ボリューミーな飲食店『POST(ポスト)by HONEY』など、洗練された空間が広がります。


また、地下1階にはサーフクラブ『HONEY SURF CLUB』。サーファー向けのシャワーブースやパウダールームのほか、ヨガやフラダンスなどのレッスンスタジオも併設。広い空と青い海を望みながら、お買い物やリラックスするひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

材木座テラス


住所

神奈川県鎌倉市材木座5-8−25


営業時間

ショップによって異なる


アクセス

電車: 

①江ノ島電鉄「和田塚駅」から徒歩で約9分 

②JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅」から徒歩で約15分


車: 

横浜横須賀道路「朝比奈IC」「逗子IC」から約25分


駐車場

無し

※近隣の「由比ヶ浜地下駐車場(駐車台数 200台)」を利用


ウェブサイト

http://www.zaimoku-the-terrace.com/

源氏山公園

源頼朝が戦勝祈願した公園


JR「鎌倉駅」から徒歩約35分。ちょっとしたハイキング気分を味わいながら訪ねられるのが「源氏山公園」です。


平安時代、源頼義が後三年の役の戦勝を祈願し、源氏山公園の山上に白幡を立てたことで知られています。また、それに倣って、平家討伐の折に源頼朝も戦勝祈願に訪れたのだとか。現在、公園内には頼朝の銅像が立っています。


四季折々の風景が美しく、特に6月の紫陽花が有名。そのほか、春の桜や紅葉シーズンには山茶花も見頃を迎えます。鎌倉ハイキングのコースに、源氏山公園を組み込んでみてはいかがでしょうか。

源氏山公園


住所

神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目7−1


アクセス

電車:

JR・江ノ電「鎌倉駅」から徒歩で約30分


車:

横浜横須賀道路「逗子IC」から約25分


駐車場

無し


ウェブサイト

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_genjiyama.html

大船フラワーセンター

約370種類の可憐なバラが咲き誇るナチュラルガーデン


鎌倉市の岡本にある「大船フラワーセンター」。約370種類・1200株のバラが植栽されており、憩いの場として人気です。


バラの見頃を迎えるのは、5月中旬〜7月上旬と10月中旬〜11月中旬。春と秋にそれぞれのバラが美しく咲き誇ります。形や大きさ、色合いなど、様々な特徴のあるバラがあり、園内を歩いていると思わずカメラのシャッターを切りたくなるでしょう。


園内には芝生広場があり、寝転がったり、お弁当を食べたり、ピクニック気分を楽しくこともできます。また、園内中央付近にあるレイトハウスでは軽食も販売していて、ウッドデッキスペースに腰掛けながら、ゆっくりと食事ができますよ。

Cc33a4d0c4c5b8e2

大船フラワーセンター


住所

神奈川県鎌倉市岡本1018


営業時間

①営業時間

9:00~17:00(11月~2月は16:00まで)

②定休日

第2・第4月曜日(祝日の場合は開園。翌日が休園日)、年末年始(12月29日~1月3日)


利用料金

・20歳以上(学生以外):400円

・学生、20歳未満:200円

・高校生、65歳以上:150円

・中学生以下・障がい者:無料


アクセス

電車:

JR「大船駅」から徒歩約20分


車:

横浜横須賀道路「逗子IC」から約30分


駐車場

有り(有料)


ウェブサイト

http://www.fcofuna-kanagawa.jp/

観音ミュージアム

長谷寺に併設された宝物館・ミュージアム


紫陽花の名所で有名な「長谷寺」。宝物館の開館35年を記念してリニューアルオープンしたのが「観音ミュージアム」です。


境内にある本堂に直結。館内では、長谷寺の寺宝や観音菩薩に関する紹介・展示がされています。例えば、第1展示室には文永元(1264)年につくられた重要文化財「梵鐘」や鎌倉時代の板碑など。第2展示室では、嘉暦元(1326)年につくられた重要文化財「銅造十一面観音懸仏」などが展示されています。


いずれも貴重な仏教美術品。約20分ほどで見て回れるので、長谷寺参拝時はもちろん、次の電車を待つ時間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

24bd2aea5271e48c

観音ミュージアム


住所

神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2


営業時間

①営業時間

9:00〜16:00 

②定休日

月曜、展示替えなど臨時休館有


利用料金

・大人(中学生以上)300円 

・小人(小学生)150円


アクセス

電車: 

JR・江ノ電「鎌倉駅」からバスで約10分


ウェブサイト

http://www.kannon-museum.jp/

鎌倉文学館

登録有形文化財に指定された洋館で、鎌倉文士の足跡を辿る


江ノ島電鉄「由比ヶ浜駅」「長谷寺駅」から徒歩圏内。鎌倉にゆかりある文学者の資料が集まる「鎌倉文学館」もおすすめスポットです。


広大な庭園に建てられた立派な洋館。もともとは1890年頃に前田利嗣侯爵の鎌倉別邸がありましたが、火事によって焼失。昭和11(1936)年に洋館として建て替えられ、現在の気品溢れる装いになりました。


館内では、夏目漱石や三島由紀夫、芥川龍之介など、鎌倉ゆかりの文学者の資料を展示。鎌倉時代の古典などにも触れられる特別展も開催されています。また、庭園の南側には「バラ園」があり、春と秋には約199種・244株のバラが見頃を迎えます。

D31870fb6469439e

鎌倉文学館


住所

神奈川県鎌倉市長谷1丁目5−3


営業時間

①営業時間 

9:00〜17:00(10月~2月は16:30まで)

※入館は閉館30分前まで

②定休日

月曜日(祝日の場合は開館) 、年末年始(12月29日~1月3日) 

展示替期間、特別整理期間など 


利用料金

・大人(高校生以上)300~400円 

・子供(小・中学生)100~200円


アクセス

電車: 

江ノ電線「由比ヶ浜駅」から徒歩で7分


ウェブサイト

http://www.kamakurabungaku.com/

鎌倉海浜公園

鎌倉の海岸線を望む、3つのエリアにまたがった公園


鎌倉に広がる海岸を望むなら「鎌倉海浜公園」がおすすめ。由比ガ浜、坂ノ下、稲村ガ崎の3つの地区にまたがっており、海を眺めながらゆっくりと散歩することができます。


それぞれの地区ごとに特色が異なっており、「由比ガ浜地区」は多目的グランドが中心。鉄棒やブランコ、すべり台などの遊具があります。「坂ノ下地区」にはプールが併設されており、海を眺めながら水遊びを楽しめますよ。


眺望を求めるのなら、「稲村ガ崎地区」がおすすめ。展望台からは江ノ島が観え、その背景には富士山も望めます。夕日に輝く景色は一見の価値あり。お弁当を持って、ピクニック気分を楽しむのにもぴったりです。

Eee0572e1ee3ad50

鎌倉海浜公園


住所

神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目-19 (稲村ヶ崎公園)


アクセス

電車: 

江ノ島電鉄「稲村ヶ崎」から徒歩で約5分


車:

横浜横須賀道路「逗子IC」から約30分


駐車場

有り


ウェブサイト

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_kaihin.html

旧石井家住宅(龍宝寺内)

江戸時代初期の民家を移築保存、国の重要文化財


JR「大船駅」から徒歩約5分。曹洞宗の寺院「龍宝寺」の境内に併設されているのが「旧石井家住宅」です。


旧石井家住宅は、江戸時代初期に建てられた民家を移築保存したもの。後北條時代に地侍から始まった石井家の住まいで、とても保存状態がよく、昭和44(1969)年には国の重要文化財にも指定されています。


広間や土間、畳部屋などがあり、家の中に足を踏み入れると、どこか懐かしい心地を味わえるはず。薄暗い空間のなかに、美しさを感じられることでしょう。

C58cd5d9794618e7

旧石井家住宅(龍宝寺内)


住所

神奈川県鎌倉市植木128


利用料金

・学生 無料

・大人100円


アクセス

電車: 

JR「大船駅」からバスで5分「岡本」下車


車:

横浜横須賀道路「逗子IC」から約35分


駐車場

有り


ウェブサイト

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/

朝夷奈切通

鎌倉時代にタイムスリップ!静寂と深緑に包まれた鎌倉七口


切通(きりどおし)とは、峠を削って造られた道のこと。周辺地域から鎌倉に通じる切通は7つあり、「鎌倉七口」と呼ばれています。そのうちのひとつが国の史跡にも登録されている「朝夷奈切通(あさいなきりどおし)」です。


朝夷奈切通は六浦と鎌倉を結ぶ約1kmの道。朝夷奈三郎義秀が一夜で切り開いたという伝説に由来し、この名前が付けられました。実際には、仁治(1240)2年から工事が行われ、六浦湊に通じる重要な要所として使われていたそうです。


道の両脇には深緑が生い茂っており、岸壁や岩の間を抜ける道もあります。途中、「延宝三年」と刻まれたお地蔵様などもあり、鎌倉時代を歩いているかのような感覚を楽しめるでしょう。

Aadb04659f0c1602

朝夷奈切通


住所

神奈川県横浜市金沢区朝比奈町539


アクセス

電車:

JR「鎌倉駅」からバス「十二所神社」下車徒歩25分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/bunkazai/sekai/asaina.html

源頼朝の墓

鎌倉幕府を開いた源頼朝が眠る墓


鶴岡八幡宮からほど近い場所に佇む「源頼朝の墓」。鎌倉幕府を開いた源頼朝が眠る場所であり、鎌倉幕府があったとされる「大蔵幕府跡」もすぐ側にあります。


建久10(1199)年、53歳で亡くなり、「大倉法華堂」に葬られたとされる源頼朝。現在、その場所には「白旗神社」が建てられており、境内の横道を上がった場所に源頼朝の墓があります。江戸時代、島津氏によって建てられた五層の石塔です。


しかし、源頼朝の死には謎が多く、建久6(1196)年からこの世を去るまでの3年間の記録が抜け落ちているのだとか。歴史ロマンに思いを馳せながら、源頼朝の墓を訪ねてみてはいかがでしょうか。

0c306afa1ed52e17

源頼朝の墓


住所

神奈川県鎌倉市西御門2丁目5番地


アクセス

電車:

JR「鎌倉駅」から徒歩約20分


駐車場

無し


ウェブサイト

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/07minamotoyoritomonohaka.html

明月院

「悟りの窓」から庭園をのぞく


JR北鎌倉駅から歩いて10分ほど。

創建は1394年以前、紫陽花の名所としても有名な「明月院(めいげついん」。6月の梅雨の時期になると、「明月院ブルー」と称される、青一色に統一された紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。


もう一つの見どころは、本堂の円窓から見える後庭園の景色。円窓は「悟りの窓」と呼ばれ、ここからのぞく新緑や紅葉を写真に収めようと多くの人がカメラ片手に訪れます。後庭園は通常、円窓からしか見られませんが、紫陽花や紅葉の時期には特別公開されますよ。


また、境内には「月笑軒(げっしょうけん)」では抹茶に和菓子、ソフトドリンクも楽しめます。

明月院


住所

神奈川県鎌倉市山ノ内189


営業時間

拝観時間 

・6月 8:30~17:00 

・6月以外 9:00~16:00


利用料金

・小・中学生 300円 

・大人 500円


アクセス

電車: 

JR「北鎌倉駅」から徒歩で約10分


駐車場

無し


ウェブサイト

http://www.kanagawa-kankou.or.jp/seeing/kanko/sisetu.php?si_id=67

御霊神社

鳥居の横を江ノ電が走る


「御霊(ごりょう)神社」は平安時代の創建で、鎌倉権五郎景政公の霊を祀っています。そのため、別名「権五郎神社」とも呼ばれます。


江ノ島電鉄の長谷駅と極楽寺駅の中間あたりに位置し、鳥居は踏切に隣接しています。

毎年9月18日には「面掛(めんかけ)行列」というお祭りがあり、おかめや天狗などのお面をつけた人々とお神輿が練り歩きます。ふだんは静かな神社ですが、この日はこの奇祭を見ようと多くの人が詰めかけ、たいへん賑わいます。

御霊神社


住所

神奈川県鎌倉市坂ノ下4−17 


拝観時間

9:00〜17:00


利用料金

収蔵庫

・学生 50円 

・大人 100円


アクセス

電車: 

江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩で約5分


ウェブサイト

http://www.kamakura-info.jp/member/95

成就院

108段の階段を上り、由比ガ浜を一望


1229年、鎌倉幕府によって建立された「成就院」。それからおよそ100年後、新田義貞の鎌倉攻めにより焼失しますが、江戸に入ってから再建されました。現在は数を減らしていますが、初夏にはアジサイがかわいらしい花を咲かせるアジサイ寺でもあります。

鎌倉七口(ななくち、鎌倉陸路への入り口を指す)のひとつ、「極楽寺坂切通」の途中に位置し、108段の階段を登るとようやく境内が見えてきます。成就院は眺めが素晴らしいことでも有名で、天気の良い日には由比ガ浜を一望できる絶景スポット。階段は少し大変ですが、登る甲斐がありますよ。

成就院


住所

神奈川県鎌倉市極楽寺1丁目1−5


拝観時間

8:00〜17:00


アクセス

電車: 

江ノ電線「極楽寺駅」から徒歩で約5分


ウェブサイト

http://www.jojuin.com/

銭洗弁財天宇賀福神社

洞窟でお金を洗う、金運アップの神社


鎌倉五名水のひとつ、銭洗水が湧く神社で、ここで清めたお金を使うと倍になって戻ってくるとも言われています。


金運アップの由来は源頼朝にまで遡ります。ある日夢で「この地の水で神仏を供養せよ」とのお告げを得た頼朝が宇賀神を祀ったことがはじまり。その後北条時頼がこの水で銭を洗ったことから「銭洗水」のご利益が広まったようです。

洗い方にも決まりがあり、まずはロウソクとお線香、そして銭洗い用のザルを借ります(セットで100円)。本社にロウソクを供え、線香台の煙を浴びたら、奥宮の洞窟へ。ザルの中にお金を入れて、柄杓から水をかけ、清めます。

C0a67cb1bf52fe33

あくまでお金儲けではなく、浄財を使うことで心身ともに清浄となるよう心がけましょう。

銭洗弁財天宇賀福神社


住所

神奈川県鎌倉市佐助2丁目25−16


参拝時間

8:00~16:30


アクセス

JR横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉駅」から徒歩で約25分


ウェブサイト

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/03zeniaraibenzaitenugafukujinja.html

大船観音寺

全長約25m、巨大白衣観音像


インパクトのある巨大な観音様の胸像で知られる、大船観音寺。真っ白な衣を纏った優美な像は大船のシンボルともなっています。


大船観音寺の歴史は、古都鎌倉では新しい、昭和初期から始まります。有志による「観音思想で世の浄化を」との理想から寄付金が集まり、日本一の観音像が設計されましたが、地形の問題から胸像へと変更。戦争の影響で一時は放置された観音像ですが、戦後改めて再建が開始され、着工からおよそ30年後の昭和35年に完成しました。


夜間にライトアップされることもあり、白い観音様にピンクやブルーなどカラフルなライトが映えています。

Bffb3b312b0023a2

大船観音寺


住所

神奈川県鎌倉市岡本1丁目6−3


営業時間

・9:00〜17:00 

・9:00〜16:30(冬季)


利用料金

・小・中学生 100円 

・高校生・大人 300円 


アクセス

電車: 

JR「大船駅」から徒歩で約5分


ウェブサイト

http://www.oofuna-kannon.or.jp/

妙法寺

苔寺の別名で親しまれるお寺


創建は1357年。 緑で覆われた見事な苔の階段があることから別名「苔寺」とも呼ばれ、親しまれています。妙法寺は日蓮聖人が鎌倉の拠点として最初に草庵したことでも有名。


苔の階段は、登ることはできませんが、見上げることができます。緑で覆われた景色はとても神秘的。また、敷地内にある山頂からは鎌倉の市街地と由比ヶ浜、稲村ガ崎が一望できるので、足を運ぶのもおすすめですよ。

妙法寺


住所

神奈川県鎌倉市大町4丁目7−4


営業時間

①拝観時間 

9:30〜16:30 

②定休日 

・不定期 

・12月2週~3月中旬、7月2週~9月中旬までは土、日、祝のみ拝観可


利用料金

・小学生 200円 

・中学生以上 300円 


アクセス

電車: 

JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅」から徒歩で約15分


バス: 

JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅」から「大町四ツ角」もしくは「名越」下車、徒歩3分


ウェブサイト

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/07myouhouji.html

いかがでしたか?

今回は神奈川県鎌倉市のおすすめ観光・名所を20カ所ご紹介しました。

修学旅行や遠足で訪れたきりという方も、大人になってから良さがわかってきたりするものです。とにかくお寺が多い鎌倉ですが、由緒や歴史を調べて出かけるのも興味深いものですよ。また、ほっと一息つけるおしゃれなカフェもたくさんあり、街歩きも楽しめます。


ぜひ、こちらの【鎌倉特集】も参考に、鎌倉観光を楽しんでくださいね!