国宝や重要文化財が点在する奈良県。室生寺や談山神社など、歴史的建造物が美しい紅葉に包まれす。今回は、奈良県のおすすめ紅葉スポットを7カ所ご紹介します!

この記事の目次

【奈良市】奈良公園

舞い落ちる紅葉を眺めながら、文化遺産を巡る


野生の鹿が生息していることでもおなじみの「奈良公園」。東西4km南北2kmの広さで、東大寺、興福寺、 春日大社、国立博物館、正倉院など数々の社寺や文化施設を抱く歴史公園です。若草山の山容を望み、桜やナンキンハゼの木々が美しい紅葉の表情をみせ、紅葉と常緑樹のコントラストも鮮やか。ナンキンハゼは10月中旬以降、モミジは11月中旬以降から12月上旬に最盛期を迎えます。

659703afe27c40cc

【奈良市】正暦寺

鮮やかな紅葉が織り重なる「錦の里」


992年、関白九条兼家の子兼俊が創建した「正暦寺(しょうりゃくじ)」。晩秋には約3,000本のカエデが燃えるように彩られます。木々の赤色、黄色、緑色が織り重なる光景はまるで、山内全体が美しい錦で着飾ったよう。昔から「錦の里」とも呼ばれていました。例年の見頃は11月中旬から下旬。紅葉シーズンには、JR奈良駅と近鉄奈良駅から臨時バスが運行しています。

68897128ba2c8fe0

【宇陀市】室生寺

国宝・重要文化財の宝庫が美しい紅葉で飾られる


奈良時代末期、興福寺の僧侶が創建したとされる「室生寺(むろうじ)」。艶やかな朱塗りの美しい「五重塔」が象徴的で、法隆寺塔に次いで、国内で2番目に古い木造五重塔です。モミジ、イチョウなどの紅葉の時期の情景はひときわ美しく、特に太鼓橋から五重塔までの参道が見どころ。例年の見頃は11月中旬~12月上旬。紅葉シーズンには、紅葉まつりや五重塔と紅葉の夜間ライトアップも行われます。

F6de6783f7766132

【吉野町】吉野山

秋色に染まった山肌が、吉野の訪問者を出迎える


大峰山まで続く約8kmの山稜「吉野山」。昔から花見の名所として知られていますが、例年10月下旬から11月下旬には紅葉の名所としても有名です。モミジやカエデ、サクラの紅葉を見ることができます。山全体が暖色に紅葉した光景は見事です。夜間のライトアップも幻想的。木々の間を抜ける散策コースも整備されているので、花見はもちろん、紅葉狩りも楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか。

266203c36465e47c

【桜井市】談山神社

圧倒的な「十三重塔」と哀愁漂う紅葉のコラボ


桜井市の東側に鎮座する「談山神社」。シンボルでもある重要文化財「十三重塔」は圧巻の一言!紅葉シーズンには背景に哀愁漂う紅葉が広がり、美しい光景を見せてくれます。見頃は例年11月上旬~11月下旬。3000本ものカエデに包まれる美しい情景から「関西の日光」とも呼ばれています。また、大化の改新にちなんで、毎年11月3日に行われる「けまり祭り」も有名です。

Bea6174a88658178

【斑鳩町】奈良県立竜田公園

数々の歌人にも詠われた、平安時代からの紅葉名所


奈良県生駒郡斑鳩町にある「竜田公園」。斑鳩町の南西部に位置し、竜田川沿いに約2km、総面積14万㎡の広大な敷地を持つ都市公園です。『ちはやぶる 神代も聞かずたつ田川 からくれなゐに水くくるとは(在原業平)』など、古今集にも詠まれた紅葉の名所。イロハモミジ、ヤマモミジなどが11月上旬から色づき、11月中旬~11月下旬に見頃を迎えます。

2304089bb2936ba1

【平群町】信貴山 朝護孫子寺

紅葉を見上げながら、境内の周遊路を巡る


奈良県生駒郡平群町の信貴山にある「信貴山 朝護孫子寺」。境内全域および周囲の山々の紅葉を楽しめる紅葉スポットとして親しまれています。伝説によれば、聖徳太子が毘沙門天王の力を借りて物部守屋との戦いに勝ったことから、「信ずべき、貴ぶべき山」として信貴山と名付けられたのだとか。モミジ、イチョウなどが10月中旬から色づき、見頃は11月上旬~12月上旬。紅葉シーズン中は22:00までライトアップも実施されています。

C5522aec2e6b1a44

いかがでしたか?

今回は、奈良県のおすすめ紅葉スポットを7カ所ご紹介しました。

落葉した落ち葉が敷き詰められる奈良公園をはじめ、国内で2番目に古い木造五重塔と紅葉のコラボレーション、圧倒的な十三重塔の背景に広がる紅葉など、歴史的建造物と紅葉を同時に楽しめます。今年は、秋の装いに包まれた奈良県の紅葉を楽しんでみませんか?