国立科学博物館(東京・上野公園)で2019年3月21日(木・祝)から6月16日(日)まで、特別展「大哺乳類展2」が開催されます。大好評を博した特別展「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」から9年、哺乳類たちが上野に帰ってきます。今度は、「陸のなかま」も「海のなかま」も大集合。 剥製や骨格標本だけでなく映像も駆使して、多様な運動能力をご紹介します。 陸と海のオールスター、夢の競演をお楽しみに!

この記事の目次

史上最大規模!哺乳類の大行進

会場中央には「哺乳類大行進」として、科博の重要標本群の一つである「ヨシモト・コレクション」をはじめとする哺乳類の剝製標本を一堂に展示します。150点以上がずらりとならぶ様は圧巻。「哺乳類大行進」を通して、原始的な特徴をもつ哺乳類とされる単孔類や有袋類から、アフリカや南米を起源とするグループ、我々になじみのある哺乳類である齧歯(げっし)目、霊長目、食肉目、鯨偶蹄(げいぐうてい)目といったものまで、分類群ごとにわかりやすく紹介します。

2b120e45c4ee718a

ロコモーション(移動運動)の仕組みに迫る!

餌や獲物を見つけ出し、オスとメスが出会って子孫を残し、命をつなぐために、哺乳類は様々な環境に対応し た特有の移動手段、すなわち「ロコモーション」能力を発達させてきました。最新の解析映像や骨格標本な どを通して、同じ脊椎動物である魚類や爬虫類とは異なる、哺乳類の多様で自由な動きの仕組みに迫ります。 







陸上最速のチーター

最高速度が時速100kmに

もなるチ

ーターは

、スピード、加速・減速、方 向制御の能力がベストマッチしたスプリンター。筋肉の活動や、脚の着 地時間のコントロールなどにより、すばらしい走行



を生み出します。 

3c6eb8ad2168e416

チーターの疾走中の骨格変化の再現

2bd4e87cd0fc9a5d

巨大な哺乳類が間近で観察できる!

哺乳類たちは、生息する環境の下で、それぞれの作戦に応じて体の大きさも変化させてきました。体が大きくなると、捕 食者に襲われる危険が少なくなるだけでなく、体温維持に有利だったり、水中で暮らすものは浮力を得やすくなったりと いう利点もあります。本展では、ふだんなかなか見ることのできない巨大な哺乳類をすぐそばで観察することができます。 

Ddac5f576523243f

マッコウクジラ ©国立科学博物館/画・渡辺芳美 

哺乳類の「食べる」「産む・育てる」を大公開

哺乳類がここまで繁栄し、生き残ってきた理由にも注目します。生きるために必要不可欠である「食べる」、すべての生物の目的である子孫を残すための「産む・育てる」。これらには脈々と受け継がれてきた生き残り戦略があります。「食べる」では草、肉、昆虫、魚など、歯やあごは食べるものに適した 形に進化してきました。どこが違うのか、食べるものご とに分けて展示する頭骨を見くらべることができます。 

ライオン(頭骨):肉食 歯は先が尖っていて引き裂きやすい

307e9083416ddb4d

キリン(頭骨):草食 歯は食べ物をすりつぶしやすい臼のよう

D7c66b538a68dd60

「産む・育てる」では、オスがメスへアピールするために獲得した見事な戦略をはじめ、胎盤や哺乳、生まれたコドモの生き残り戦略についても注目し、幅広く哺乳類の生存戦略に迫ります。


オスのアピール作戦



メスへの求愛アピールやオス同士の競争のために、オスが角や 歯をユニークな形に進化させた哺乳類もいます。 

B70f0a1640f80a45

プレゼント企画〈無料観覧券を5組10名様にプレゼント〉!

いつもロコナビnoteを読んでくださっている読者の方に、日頃の感謝の印として本展の無料観覧券を5組10名様に抽選でプレゼントします!


賞品内容

特別展「大哺乳類展2」 無料観覧券 5組10名様

応募期間

2018年12月16日〜2019年1月20日(日)23:59まで

応募資格

日本国内にお住まいの方

応募方法

以下のフォームから必要事項を明記の上ご応募ください


応募フォームはこちらから

たくさんのご応募ありがとうございました。


※当選者発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。プレゼントの発送は、応募締め切りから1週間以内を目安にお届けします。