ネットを張り巡らせた巨大な空間に光と音の演出で“森の生きもの達のすみか”を体感できる新アトラクション「巨大ネットの森 SUMIKA」が森の中のモビリティテーマパークツインリンクもてぎに2019年3月9日(土)にオープンすることが決定しました!

この記事の目次

光と音の演出で“豊かな里山の森”を再現

「巨大ネットの森 SUMIKA」は、日本最大級の屋内ネットアスレチックで3歳のお子様から大人までファミリーが一緒になって広大な森を表現したフィールドを走り回ったり、登ったり、寝転んだりと思う存分、動きまわって遊び尽くせます。


朝から夜、そして春から夏、秋、冬へと移り変わる森の美しさと、まるで森の生きものがすぐそばにいるかのような気配を光と音の演出で再現します。ツインリンクもてぎ内にある里山の森「ハローウッズ」を開発コンセプトの原点とし、至るところに森を感じる仕掛けを施すことで、単なるネットアスレチックとしての楽しみを越えて普段都会では感じることのできない、森の魅力を味わっていただきます。

56c457140c147a7a

森を感じる32の仕掛けで楽しさを演出

ネットアスレチックをさらに魅力あるアトラクションにするために、森を感じる32の仕掛けが施されます。その一つ一つには、ツインリンクもてぎにある里山の森「ハローウッズ」のスタッフのアイデアが詰まっています。


1年を通して森の中で活動しているハローウッズのスタッフならではの観察実績と経験が随所に活かされたことで、様々な生きものの習性を取り入れたゲーム性のある遊びや四季折々の美しい情景の再現力など、他にはない本物さながらの森を感じていただくことができます。


参加者は、うさぎやリスなどの小動物になりきり、捕食動物であるオオタカやヘビに捕まらないように様々な“すみか”を見つけ、逃げたり、隠れたりしながら広大な森で家族や仲間と楽しく遊んでいただきます。

美しく変化する森の一年を光と音で再現!

■朝から夜まで森の24時間を体感


昼間はオオタカが飛び回り、夜には満点の星空とともに夜行性のムササビが現れるなど、光の演出で森の24時間を再現します。


■雪景色から満開の桜、夏の新緑、紅葉へと移り変わる広葉樹


巨大ネットを広葉樹に見立て、四季折々で変化する木々を再現します。また、夏は昼間が長く、冬は夜が長くなるように光の演出は細部にまでこだわっています。


冬春:雪降るシーンから桜をイメージしたピンクへと変化し美しい桜吹雪も再現


夏 :鮮やかな新緑へと変わり、昼はたくさんの蝶が舞い、夜はホタルが出現


秋 :秋の穏やかな日差しの中、徐々に紅葉が濃くなる森の変化を再現


さらに、設置される巨大な2つのネットは針葉樹と広葉樹をモチーフとしています。それぞれの木の雰囲気に合わせ、ネットの形状や張り方を変えることで、硬めの感触の針葉樹のネットに対し、広葉樹のネットは膨らみのある柔らかい感触となります。空のすみかは、2つの巨大ネットを繋ぐ地上約8mの場所に設置されます。鳥になった気分で空から森を眺められますよ!


家族みんなが楽しめるように、小さなお子様が楽しめるキッズコーナーも併設されます。森の生きものや植物をモチーフとしたトンネルや滑り台、ボールプールなど、かわいい雰囲気の遊び場が登場します。

04113decb5e28ed9
Eead447fdaa38430
Cd7882a39c816288
3d3d843862cafeaa

「巨大ネットの森 SUMIKA」


オープン日

2019年3月9日(土)


場所

モビパーク内(屋内アトラクション)

栃木県芳賀郡茂木町桧山120


最大高さ

約11m


ネット面積

約1,000m2(屋内では日本最大面積 ※当社調べ)


所要時間

30分


利用料金

800円 ※パスポート利用可


対象年齢

3歳以上 ※小学生未満のお子様は中学生以上の同伴者の付添い(有料)が必要