2018-2019年、東京で除夜の鐘をつけるお寺をまとめてご紹介します!年越しそばや暖かいものを食べられるお寺もありますよ。整理券の情報も詳しくご紹介します。

この記事の目次

【東京】築地本願寺

エキゾチックな外観のお寺


築地本願寺は由緒正しい日本の仏教・浄土真宗本願寺派のお寺ですが、外観はどこかエキゾチック。東京(帝国)大学工学部教授・伊東忠太が古代インド様式をモチーフにデザインしました。


浄土真宗は、お守りやお札、おみくじ、御朱印などが一切ない宗派ですが築地本願寺にはなぜか記念スタンプがあります。コンサートやプロジェクションマッピング、盆踊り大会、寺フェスなど、さまざまなイベントも実施しているのも興味深いところです。


築地本願寺では除夜の鐘をつく整理券を12月31日22時から350枚(1枚につき1打)、おひとり様につき1枚配布しています。除夜会ご参拝の後、鐘つきの案内をしています。例年、350人すべての方がつき終わるのは午前2時頃です。境内に特設の「平和の鐘」に関しては、除夜会ご参拝の後、鐘つきの案内をしています。こちらは予約・整理券不要でつけますよ。


※事前に公式ウェブサイトで最新情報をご確認ください。

【東京】池上本門寺

除夜の鐘は先着600名参加可能!


東京都大田区池上に位置する池上本門寺は、日蓮宗大本山の一つであり、日蓮入滅の地として知られています。寺の起源は13世紀末、有名な仏教家の日蓮聖人が、地元の大名と忠誠心のある信者の池上宗仲の依頼により、その信仰の場所を設立しました。戦災で昔の構造はほとんど破壊されましたが、境内は4世紀を遡るいくつかの建物を誇っています。


境内には安藤広重の絵にもなった総門、国の指定文化財にもなっている本門寺五重塔をはじめとして、日蓮聖人の遺灰を祀る多宝塔、五重塔と共に戦火を免れた経蔵、加藤清正供養塔など、重要な文化財や史跡がいくつもあります。なかでも五重の塔は関東地方では最古のもので、宝塔は日本国内でも他に例のない独特の建築様式となっています。


池上本門寺では、大みそか23時頃より鐘楼堂前にて除夜の鐘の整理券を配布します。先着600名、無料で参加できます。毎年たくさんの方が来られるので、暖かくして早めに訪れてみてください。


※事前に公式ウェブサイトで最新情報をご確認ください。

【東京】五百羅漢寺

年越しそばも食べられる!


通称「目黒のらかんさん」と親しまれる天恩山五百羅漢寺。 羅漢像はほぼ原寸大で、元禄時代に松雲元慶禅師が江戸の町を托鉢(たくはつ)して集めた浄財をもとに十数年の歳月をかけて彫りあげたものです。 寺には305体が現存し、東京都重要文化財に指定されています。


五百羅漢寺拝観の後には和風喫茶「らかん茶屋」にてお茶、食事も可能。ヨガ、ビアガーデン等さまざまなイベントも開催されており、歴史好きの方から家族連れまで気軽に訪問できるお寺です。


五百羅漢寺で除夜の鐘を鳴らすには、予約券または当日券が必要です。予約券は除夜の鐘つき(お守り付)・年越しそばのセット券になっており、1000円。お申し込みは12月1日〜12月31日の9:00~16:30に電話(03-3792-6751)または寺務所受付にて受付しています。当日券は予約券が余った場合のみ12月31日22時~翌0時40分で販売。除夜の鐘つき(お守り券)で500円です。


当日は年越しそばを食べてから除夜の鐘をついても、鐘をついてから年越しそばを食べても大丈夫ですよ。五百羅漢寺で1年の始まりを迎えてみてはいかがでしょうか?


※事前に公式ウェブサイトで最新情報をご確認ください。

7ec1127cd152ecc7

【東京】品川寺

大梵鐘の歴史で有名なお寺


品川寺(ほんせんじ)は東京都品川区にある真言宗醍醐派の寺院です。品川で最も古いお寺で、本尊は「水月観音(すいげつかんのん)」です。東海七福神の中のひとつ、毘沙門天が祀られています。


品川寺は江戸時代末から明治維新までに大梵鐘(だいぼんしょう)が一時海外に排出され、その後スイスのジュネーブ市、アリアナ美術館にあることが確認されました。昭和5年には、この大梵鐘がジュネーブより贈還され、これを期に鐘楼(しょうろう)、会堂、客殿、拝殿、会館が建立されました。


このジュネーブから大梵鐘がかえってきた経緯から、鐘と金をかけて、「あてにならない金が返ってくる」、「かねかえる」と縁起をかつぎ、多くの方が毎年除夜の鐘をつきに訪れます。品川寺では大みそか12月31日23時から、境内において「おたきあげ」の行事が行われます。その後除夜の鐘は、午前0時から行われ、誰でも鐘をつけますよ。


※事前に公式ウェブサイトで最新情報をご確認ください。

【東京】妙法寺

午前0時から誰でも参加可能


東京都杉並区にある堀之内妙法寺。もとは真言宗の尼寺でしたが、覚仙院日逕上人は老母妙仙院日圓法尼の菩提のため、日蓮宗に改宗しました。日蓮の祖師像が厄除けにご利益があるということで、たくさんの方が訪れています。


大みそか、除夜の鐘は祖師堂の東前にある鐘楼で行われます。12月31日は16時30分に一度閉門し、23時30分に再度開門します。除夜の鐘は午前0時からつき始められ、どなたでも参加できます。ただし、午前2時頃終了になるので、早めに並びに行ってくださいね。


※事前に公式ウェブサイトで最新情報をご確認ください。

4d54210ae1f9a465

いかがでしたか?

今回は関東で除夜の鐘をつけるお寺をまとめてご紹介しました。年末年始のお寺は除夜の鐘だけでなく、それぞれのお寺によって様々な催しも行われます。ぜひ参考にしていただいて、新しい年の幕開けをどこで過ごすか計画してみてくださいね!