家にこもりがちな寒い冬。そんな冬限定で楽しめるイベントが、全国各地で行われています。大自然が作り出す神秘の世界を体感できるイベントや、伝統的な雪まつりなど、全国の雪・氷・かまくらイベントをまとめてご紹介!寒い時期こそ魅力的なグルメや温泉などの情報も、あわせてチェックしてくださいね。

この記事の目次

【北海道】さっぽろ雪まつり

北海道の冬の風物詩!大雪像やライトアップ、北海道各地の味覚も


北海道札幌市で2月上旬に開催される雪と氷の祭典「さっぽろ雪まつり」。2019年で70回目を迎える歴史あるイベントで、国内外から約200万人の観光客が訪れる北海道で最も大規模なイベントのひとつです。


メイン会場の大通会場では約1.5kmに渡って大小さまざまな雪氷像が並び、夜間はライトアップされます。11丁目の国際会場では「国際雪像コンクール」が行われ、世界各国のチームが参加。つどーむ会場では巨大なすべり台やスノーラフトなど雪と触れ合えるイベントが満載で、大人から子どもまで楽しめます。すすきの会場には氷彫刻コンクールや氷像のライトアップ、温かい飲み物が楽しめるアイスバーなどが登場。北海道の冬の味覚を代表するメニューが大集合する「北海道 食の広場」では、心もカラダも温まる冬の北海道グルメを堪能できます。

8b387b885f6cb645

場所

  • 大通会場 大通公園西1丁目~西12丁目
  • つどーむ会場 札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム(愛称:つどーむ)札幌市東区栄町885番地1
  • すすきの会場 南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道


開催時期

  • 大通会場・すすきの会場 2019年2月4日(月)〜2月11日(月)
  • つどーむ会場 2019年1月31日(木)〜2月11日(月)


ウェブサイト

http://www.snowfes.com/

【北海道】層雲峡温泉氷瀑まつり

七色にライトアップされた氷瀑は圧巻!手作りの地元グルメも人気


北海道上川町にある峡谷「層雲峡」で1月下旬から3月中旬にかけて開催される「層雲峡温泉氷瀑まつり」。冬には断崖絶壁から流れ落ちる滝が凍りつき、巨大な氷瀑となってそそり立ちます。七色の光でライトアップされた氷瀑は、神秘的で圧巻!イベント期間中は花火も打ち上げられ、冬の夜空を彩ります。


会場内の売店では地元の酒粕を使った手作りの「甘酒」や上川町の手作りフランクフルト、プリンなどが提供され、毎年人気を集めています。土・日・祝日のみ特別営業される「北の氷酒場」では、「大雪上川酒造」の限定酒「神川」と「高砂酒造」の飲みくらべが楽しめます。凍った氷壁をアイスアックスなどの道具を使って登るアイスクライミング体験や、ゴムチューブを使った氷の滑り台体験などのイベントも。

7baf254082e659c9

場所

上川町層雲峡温泉(特設会場)

北海道上川郡上川町層雲峡


開催時期

2019年1月25日(金)~3月17日(日)


ウェブサイト

http://www.sounkyo.net/hyoubaku/

【北海道】旭川冬まつり

世界最大級の大雪像!「雪あかりの動物園」など関連イベントも充実


北海道旭川市で2月上旬に行われる「旭川冬まつり」。「さっぽろ雪まつり」に次ぐ規模である約100万人の入場者数を誇り、北海道を代表する冬のイベントのひとつです。ギネスブックにも登録された大雪像は、世界最大級の壮大なスケール。会期中は毎日、プロジェクションマッピングを実施し、2019年は第60回を記念して花火も毎日打ち上がります。会場までは、旭川駅前から運行される無料シャトルバスで約20分。


旭山動物園にて同時期に開催される「雪あかりの動物園」などといった関連イベントも充実しています。氷彫刻の大会として日本国内で唯一実施される公式国際大会である「氷彫刻世界大会」では、約40時間にわたって競技が行われます。夜には作品がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な姿を見せます。

2f0cbd6553a6a3a7

場所

北海道旭川市石狩川旭橋河畔、常盤公園、7条緑道及び平和通買物公園


開催時期

2019年2月6日(水)~11日(月)


ウェブサイト

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/awf/

【青森】十和田湖冬物語

湖畔に並ぶ大小の雪像、氷のグラスでカクテルが楽しめる「かまくらBAR」も


青森県の十和田湖で2月に開催される「十和田湖冬物語」。十和田湖畔に大小の雪像が立ち並ぶ冬の祭典で、ライトアップ、花火、雪遊び、グルメなど、内容が盛りだくさんです。


見どころは、陸上自衛隊八戸駐屯地の隊員の協力によって作られる大型メイン雪像。冬の澄んだ夜空に打ちあがる花火をはじめ、十和田湖のシンボルともいえる高村光太郎の傑作「乙女の像」のライトアップ、地産品の数々が味わえる「ゆきあかり横丁」、氷グラスやリンゴグラスでカクテルが楽しめる「かまくらBAR」も魅力で、冬ならではの神秘的な十和田湖を満喫できます。


期間中は、七戸十和田駅などから「十和田湖ウインターシャトルバス」が、八戸駅西口などから「JRバス 冬のおいらせ号」の臨時便が運行しており、雪道の運転に慣れていない人でも安心です。

A614d1bccd9b1242

場所

青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486

十和田湖畔休屋 冬物語特設会場


開催時期

2019年2月1日(金)~2月24日(日)


ウェブサイト

http://towadako.or.jp/event/post1653/

【青森】弘前城雪燈籠まつり

天守閣をライトアップ!弘前ねぷたまつりの「鏡絵」「見送り絵」も楽しめる


青森県弘前市の弘前公園で2月中旬に開催される「弘前城雪燈籠まつり」。「みちのく5大雪まつり」のひとつで、「弘前四大まつり」のひとつです。昭和52年(1977)にスタートした歴史あるイベントで、長くて辛い北国の冬を楽しく演出しようと、市民の手によって雪燈籠が作られます。


厳冬の夜に雪化粧した天守閣と老松がライトアップされると、園内は幻想的な雰囲気に包まれます。大小さまざまな雪燈籠やミニかまくらには、ろうそくがともされます。歴史的建造物などをかたどった大雪像の制作や、大雪像をスクリーンにしたプロジェクションマッピング、弘前冬花火、弘前ねぷたまつりに出陣したねぷたの鏡絵や見送り絵などを展示した「津軽錦絵大回廊」、子どもに大人気の大型滑り台など、雪を楽しむたくさんのイベントが行なわれます。

598e08318f99a405
Bd25f3628920ad0f

場所

弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)

青森県弘前市下白銀町1


開催時期

2019年2月8日(金)~2月11日(月・祝)


ウェブサイト

https://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_winter_yuki

【秋田】横手のかまくら

かまくらでほっこり、熱気ある「ぼんでん」奉納祭も


2月15日・16日の夜に行われる小正月行事「かまくら」は、水神様をまつる横手の伝統行事。「みちのく五大雪まつり」のひとつです。市内に100個ほどできるかまくらの中に子どもたちが入り、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒やおもちを振る舞います。


2019年2月14日(木)には古民家の前にかまくらを作って横手の昔ながらの風景を撮影できる「かまくら撮影会」が行われ、2月15日(金)・16日(土)には趣向を凝らした雪像「雪の芸術」を披露。2月17日(日)には5mもある大型の「ぼんでん」を男衆が「ジョヤサ」の掛け声とともに勇ましく担ぐ「旭岡山神社梵天奉納祭」が行われます。

Cd331f1dcdd02acc
B6276ab3388aefd3

場所

秋田県横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り


開催時期

2019年2月15日(金)・16日(土)


ウェブサイト

https://www.yokotekamakura.com/01_event/04_winter/kamakura_kaisai.html

【岩手】岩手雪まつり

7会場で雪と遊ぶ!「雪見風呂」や「かまくらジンギスカン」も


岩手県で2月に行われる「岩手雪まつり」。メイン会場「岩手高原スノーパーク(雫石町)」をはじめとする、7つの会場を巡って雪と遊ぶ雪まつりです。「みちのく五大雪まつり」のひとつで、約10日間の開催期間中に30万人が訪れます。迫力ある雪像は、夜になるとライトアップ。ファンタジー花火の打ち上げもあります。


網張温泉の日帰り温泉で雪見風呂を堪能したり、小岩井農場で「かまくらジンギスカン」を味わったり、「雫石銀河ロープウェー」に乗って満天の星空を眺めたりと、この地ならではの体験が充実。話題のスノーシュー体験や、そり遊び体験、忍者をテーマとしたアクティビティ、キャラクターショーなどもあり、大人から子どもまで楽しめます。

1457a8084bcd7c76

場所

  • メイン会場 岩手高原スノーパーク(雫石町)
  • 第2会場 網張温泉スキー場(雫石町)
  • 第3会場 雫石スキー場(雫石町)
  • 第4会場 小岩井農場まきば園(雫石町)
  • 第5会場 盛岡手づくり村(盛岡市)
  • 第6会場 ビッグルーフ滝沢(滝沢市)
  • 第7会場 たきざわ自然情報センター(滝沢市)


開催時期

2019年2月2日(土)〜2月11日(月)


ウェブサイト

http://www.iwateyukimatsuri.com/

【山形】上杉雪灯篭まつり

あたたかなろうそくの光が会場を包む雪まつり、あつあつの冬の味覚も堪能!


2月の第2土曜日と日曜日に山形県米沢市の上杉神社境内・松が岬公園一帯を主会場に開催される「上杉雪灯篭まつり」。約300基の雪灯篭と1,000個の雪ぼんぼり(雪洞)に灯がともされ、あたたかなろうそくの光が会場を包みます。


県内外から美味しいグルメが集まる「テント村物産展」では、米沢らーめんや牛串焼、玉こんにゃくなどあつあつの冬の味覚も堪能できます。キャンドルやカラーメガホンによる色鮮やかな世界が広がる「キャンドルゾーン」や、地元米沢で活躍するパフォーマーを中心に熱いステージが展開されるステージイベントなども行われ、見どころ満載です。


雪灯篭まつり会場には駐車場がありませんが、イベント期間中は米沢駅などから約20分間隔でシャトルバスを運行しています。

92cca125edace28e
D3365ff59df88d46

場所

山形県米沢市 上杉神社境内・松が岬公園一帯


開催時期

2019年2月9日(土)、10日(日)


ウェブサイト

http://yukidourou.yonezawa-matsuri.jp/

【山形】蔵王樹氷まつり

スノーモンスター「樹氷」をライトアップ!別世界のように神秘的


樹氷とパウダースノーが美しい山形県山形市の「蔵王温泉スキー場」にて、12月から翌3月まで「蔵王樹氷まつり」が開催されます。夜の闇の中で樹氷が色彩豊かにライトアップされる光景は、まるで別世界のように神秘的。


2018年度の日程は、樹氷のライトアップが2018年12月22日(土)から2019年3月3日(日)まで。白銀のゲレンデに花火が打ち上げられる「冬のHANABI in FISスキージャンプワールドカップレディース」は2019年1月18日(金)・1月19日(土)・1月20日(日)。蔵王温泉スキー場名物の「松明滑走」と「冬のHANABI in 1,000人松明滑走」は2019年2月2日(土)に行われます。新型雪上車「ナイトクルーザー号」でライトアップされた樹氷原をクルージングできる「樹氷幻想回廊ツアー」や、全国有数の強酸性硫黄泉で美人づくりの湯として有名な「蔵王温泉」も楽しめます。

98db1c8b2b9aa367

場所

山形県山形市蔵王温泉 蔵王温泉スキー場


開催時期

2018年12月22日(土)〜2019年3月3日(日)


ウェブサイト

http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/zao/winter/2018-2019/

【福島】会津絵ろうそくまつり

天守閣から一望!ろうそくの灯りがゆらめく幽玄の世界


2月第2週の金曜日と土曜日に福島県会津若松市の鶴ヶ城と御薬園を主な会場として行われる「会津絵ろうそくまつり」。


雪景色の中で、会津の伝統的工芸品「会津絵ろうそく」約10,000本が揺らめきます。鶴ヶ城では天守閣に上ってイベントの様子を一望できます。静かに揺れ動く橙の炎と、鮮やかにライトアップされた天守閣の姿の対比が幻想的。御薬園会場では琴の生演奏が流れる中、ろうそくの灯りがゆらめく幽玄の世界を楽しめます。駅や商店街など市内各所にろうそくの火が灯されるので、会津の夜の街を歩きながら、気軽にイベントの雰囲気を楽しめます。


各会場まで、会津若松駅前や七日町駅前から、まちなか周遊バス「ハイカラさん・あかべぇ」を運行しています。

33bf574a17c3778f

場所

福島県会津若松市追手町1-1 鶴ヶ城本丸


開催時期

2019年2月8日(金)、9日(土)


ウェブサイト

http://aizu.com/erousoku/

【福島】大内宿雪まつり

江戸時代にタイムスリップ!?手作りの雪燈籠が並ぶ、情緒豊かな雪まつり


日本の古き良き面影を色濃く残す福島県南会津郡の宿場町「大内宿」。茅葺き民家が並んだ、江戸時代にタイムスリップしたような街で、2月の第2土曜日と日曜日に「大内宿雪まつり」が開催されます。街道沿いには住民たちの手作りの雪燈籠が置かれ、打ち上げ花火、時代風俗仮装大会、和太鼓の演奏、そば食い競争などのイベントが賑やかに、日本の情緒豊かに行なわれます。


イベント期間中は会津鉄道「湯野上温泉駅」からシャトルバスが運行されています。湯野上温泉駅まで会津鉄道の「トロッコ列車」に乗車して絶景を眺めたり、湯野上温泉に立ち寄って入浴したりといった楽しみ方もよさそうです。

743912a50532d29d

場所

福島県南会津郡下郷町大内山本 大内宿


開催時期

2019年2月9日(土)、10日(日)


ウェブサイト

http://ouchi-juku.com/index.php?%E9%9B%AA%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A