東北の冬を彩るイベントをまとめてご紹介!寒い時期こそ魅力的なグルメや温泉などの情報も、あわせてチェックしてくださいね。

この記事の目次

【秋田】なまはげ柴灯まつり

迫力あるナマハゲが観客であふれる境内を練り歩く

なまはげ柴灯(せど)まつりは、男鹿市北浦の真山神社で1月3日に行われる神事「柴灯祭」と伝統行事「ナマハゲ」を組み合わせた観光行事で昭和39年に始まり、毎年2月第2金・土・日曜日に真山神社で行われます。


真山神社境内の広場に焚かれる柴灯火の明りのもと、男鹿地方独特の祓い神楽を奉納する「湯の舞」と、古い伝統的な湯立て神事である「鎮釜祭」でまつりは始まり、ナマハゲに扮する若者が神職にお祓いを受けた面を授かりナマハゲへと化し山へ戻る「なまはげ入魂」が行われます。


神楽殿では男鹿市各地で大晦日に行われる伝統行事「男鹿のナマハゲ」の再現やお面や衣装が異なる男鹿各地のナマハゲの登場する「里のなまはげ」、また郷土芸能として定着した勇壮な「なまはげ太鼓」の演奏が繰り広げられます。


柴灯火の前では秋田出身の現代舞踏家・故石井漠氏の振り付けと子息の作曲家・石井歓氏の曲による「なまはげ踊り」も迫力満点です。まつりの終盤、松明をかざしたナマハゲが雪山から降りてくる姿は幻想的です。下山したナマハゲが観客であふれる境内を練り歩き、まつりはクライマックスを迎えます。柴灯火で焼かれた護摩餅を神官からナマハゲに捧げられ、ナマハゲは山深くの神のもとへと帰っていきます。

5e7ef59d85d117f5

なまはげ柴灯まつり


住所

秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97


開催時間

2019年2月8日(金)、9日(土)、10日(日) 18:00〜20:30


ウェブサイト

https://oganavi.com/sedo/

【秋田】横手のかまくら

かまくらでほっこり、熱気ある「ぼんでん」奉納祭も


2月15日・16日の夜に行われる小正月行事「かまくら」は、水神様をまつる横手の伝統行事。「みちのく五大雪まつり」のひとつです。市内に100個ほどできるかまくらの中に子どもたちが入り、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒やおもちを振る舞います。


2019年2月14日(木)には古民家の前にかまくらを作って横手の昔ながらの風景を撮影できる「かまくら撮影会」が行われ、2月15日(金)・16日(土)には趣向を凝らした雪像「雪の芸術」を披露。2月17日(日)には5mもある大型の「ぼんでん」を男衆が「ジョヤサ」の掛け声とともに勇ましく担ぐ「旭岡山神社梵天奉納祭」が行われます。

14cdd090bdd3eb02
17253c6ceba76ad7

場所

秋田県横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り


開催時期

2019年2月15日(金)・16日(土)


ウェブサイト

https://www.yokotekamakura.com/01_event/04_winter/kamakura_kaisai.html

【青森】弘前城雪燈籠まつり

天守閣をライトアップ!弘前ねぷたまつりの「鏡絵」「見送り絵」も楽しめる


青森県弘前市の弘前公園で2月中旬に開催される「弘前城雪燈籠まつり」。「みちのく5大雪まつり」のひとつで、「弘前四大まつり」のひとつです。昭和52年(1977)にスタートした歴史あるイベントで、長くて辛い北国の冬を楽しく演出しようと、市民の手によって雪燈籠が作られます。


厳冬の夜に雪化粧した天守閣と老松がライトアップされると、園内は幻想的な雰囲気に包まれます。大小さまざまな雪燈籠やミニかまくらには、ろうそくがともされます。歴史的建造物などをかたどった大雪像の制作や、大雪像をスクリーンにしたプロジェクションマッピング、弘前冬花火、弘前ねぷたまつりに出陣したねぷたの鏡絵や見送り絵などを展示した「津軽錦絵大回廊」、子どもに大人気の大型滑り台など、雪を楽しむたくさんのイベントが行なわれます。

073fba4cf242a893
Ce6e00cd030ede94

場所

弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)

青森県弘前市下白銀町1


開催時期

2019年2月8日(金)~2月11日(月・祝)


ウェブサイト

https://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_winter_yuki

【青森】八戸えんぶり

豊作を願う民俗芸能


年の初めに豊年を願う豊年予測の民俗芸能「八戸えんぶり」。国の重要無形民族文化財に指定されています。

鎌倉時代の初期に現在の山梨県からやってきた殿様の祖先南部光行の家来たちにより始められた等の伝承をはじめ、諸説あり。


えんぶりは総勢20〜30人の組単位で行われ、見ごたえ抜群!太夫と呼ばれる舞手を中心に、笛や太鼓・手平鉦などのお囃子、舞子等で構成されます。


小さなこどもからベテランまで広い年齢層が参加し、中心街のさまざまな場所で公演を楽しめますよ。

開催時期は非常に寒いので、しっかり防寒をして楽しんでくださいね。

2ba9224090d5a6d5

場所

青森県八戸市中心街


開催時期

2019年2月17日(日)〜2019年2月20日(水)


料金

一部有料

えんぶり公演(有料)、お庭えんぶり(要予約・有料)


ウェブサイト

http://www.hachinohe-cb.jp/enburi/index.html

【岩手】岩手雪まつり

7会場で雪と遊ぶ!「雪見風呂」や「かまくらジンギスカン」も


岩手県で2月に行われる「岩手雪まつり」。メイン会場「岩手高原スノーパーク(雫石町)」をはじめとする、7つの会場を巡って雪と遊ぶ雪まつりです。「みちのく五大雪まつり」のひとつで、約10日間の開催期間中に30万人が訪れます。迫力ある雪像は、夜になるとライトアップ。ファンタジー花火の打ち上げもあります。


網張温泉の日帰り温泉で雪見風呂を堪能したり、小岩井農場で「かまくらジンギスカン」を味わったり、「雫石銀河ロープウェー」に乗って満天の星空を眺めたりと、この地ならではの体験が充実。話題のスノーシュー体験や、そり遊び体験、忍者をテーマとしたアクティビティ、キャラクターショーなどもあり、大人から子どもまで楽しめます。

6a058d7c05a9a293

場所

  • メイン会場 岩手高原スノーパーク(雫石町)
  • 第2会場 網張温泉スキー場(雫石町)
  • 第3会場 雫石スキー場(雫石町)
  • 第4会場 小岩井農場まきば園(雫石町)
  • 第5会場 盛岡手づくり村(盛岡市)
  • 第6会場 ビッグルーフ滝沢(滝沢市)
  • 第7会場 たきざわ自然情報センター(滝沢市)


開催時期

2019年2月2日(土)〜2月11日(月)


ウェブサイト

http://www.iwateyukimatsuri.com/