京都市の東端に位置し、古くから京の東の玄関口としての役割を担ってきた「山科区」。赤穂浪士の木像を祀る「岩屋寺」や絶世の美女・小野小町ゆかりの「隋心院」などの観光スポットが点在しています。また、「毘沙門堂」や「将軍塚青龍殿」といった桜や紅葉の名所も充実。
今回は、そんな京都市山科区の観光・桜・お花見の名所を5カ所ご紹介します。

この記事の目次

毘沙門堂

紅葉と桜の名所として知られる、京都七福神の一つ


山科駅から徒歩約20分ほどの山の中腹にある「毘沙門堂」。大宝三年(703年)に文武天皇の勅願で、行基上人によって開かれた天台宗の古刹です。皇族や貴族が歴代の門主を務める格式の高い門跡寺院で、本尊に比叡山延暦寺を開いた伝教大師最澄作の毘沙門天像を安置することから、京都七福神の一つにも数えられます。


江戸初期の回遊式庭園「晩翠園」や高台寺から移築された「高台弁財天」など、見どころが多数。紅葉の名所として特に有名で、勅使門までの石段の両脇にはモミジがトンネルのように続き、散り際には参道を覆う”敷き紅葉”が楽しめます。また、境内には樹齢150年の大きなしだれ桜をはじめ、ソメイヨシノなども咲き誇り、桜の名所としても知られています。

681ef91be9f3e41b

住所

京都府京都市山科区安朱稲荷山町18


アクセス

電車: 

JR東海道本線ほか「山科駅」から徒歩で約13分


営業時間

公開 8:30〜17:00


利用料金

大人 500円

将軍塚青龍殿

京都市内を一望できる絶景スポット!


京都東山山頂にある「将軍塚青龍殿」は、東山区の青蓮院門跡の飛地境内です。敷地内には桓武天皇が国家鎮護のため、武装した土製の人形を埋めさせた「将軍塚」が現存。

「青龍殿」は国宝の青不動を祀る建物で、清水寺の舞台の4.6倍もの木造の大舞台が設けられ、眼下に京都市内を一望できます。

将軍塚青龍殿には立派な日本庭園もあり、のんびりと散策を楽しめます。約200本の桜と約220本のモミジをはじめ、藤、シャクナゲなど、庭園を彩る四季折々の植物も大きな見どころ。庭園脇にも展望台が設けられ、上から景色を眺めたりもできます。毎年春と秋には夜間内観が行われ、夜景とともにライトアップされた紅葉や桜を楽しめます。


魅力たっぷりな将軍塚青龍殿ですが、公共の交通機関でのアクセスが少々不便。京阪バスの運行が土日祝日や紅葉シーズン等に限られているため、それ以外はタクシーなどでの訪問となります。境内まで京都一周トレイルの東山コースが整備されているので、足に自信のある方はトレッキングにチャレンジしてみるのもおすすめです。

7fa8bdad4f0d2c30
016dd59149fc3222

住所

京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28 将軍塚青龍殿


アクセス

電車: 

①JR「京都駅」からタクシーで約20分 

②東西線「蹴上駅」からタクシーで約5分 

※青蓮院門跡から東山トレイルで徒歩約30分 (山道)


駐車場

あり


営業時間

開園時間 9:00~17:00(16:30受付終了) 

※秋季と春季には日没よりライトアップ有り


利用料金

・大人 500円 

・高校生・中学生 400円 

・小学生 200円

山科疏水

疏水沿いの遊歩道をのんびり散策


京都への飲料水供給や発電などを目的に明治時代に造られた「琵琶湖疏水」。滋賀県の琵琶湖から蹴上を通り、伏見区で宇治川に注ぐ総延長30㎞以上の運河です。四ノ宮から日ノ岡までの約4kmにわたり続く疏水は「山科疏水」の別名で知られ、疏水敷は東山自然緑地として整備。遊歩道が設けられ、水の流れを眺めながらゆったりと散歩が楽しめます。


ソメイヨシノやヤマザクラが約450本植えられ、春は桜の名所として有名。JR山科駅北側の疏水沿いには桜とともに菜の花を楽しめるスポットもあり、薄紅色の桜と黄色の菜の花の見事な共演を見ることができます。

山科疏水の周りには「天智天皇陵」という上円下方墳や加藤清正ゆかりの日蓮宗の古刹「本圀寺」など、名所や旧跡が点在しているので、併せて訪れるのもおすすめです。

75f0fae9efc4183b

住所

京都府京都市山科区安朱馬場ノ西町39−9


アクセス

電車: 

京阪地下鉄「山科駅」から徒歩で約10分 


車: 

名神高速「京都東IC」から約15分


駐車場

無し


営業時間

①営業時間 常時 

②定休日 無休


利用料金

無料

勧修寺

四季折々の景色を楽しめる庭園が見どころ


真言宗山階派大本山「勧修寺」。醍醐天皇が母・藤原 胤子を弔うために開いたお寺で、天皇家とゆかりが深い門跡寺院です。現在の本堂は霊元天皇の仮内侍所を、宸殿と書院は明正天皇の旧殿を移築して再建されました。

勧修寺の最大の見どころは、年間を通して花に彩られる美しい庭園!

「氷室池」を中心とする庭は平安時代の作とされ、夏は睡蓮や蓮の名所として有名です。池のほとりに建つ観音堂の周りには桜も植えられ、春には趣ある建物と桜のコラボレーションも楽しめます。


また、書院前に広がる平庭には樹齢700年とされるハイビャクシンが生い茂り、水戸光圀寄進の「勧修寺型灯籠」というユニークな形の灯籠が置かれています。

庭園では花菖蒲や梅、紅葉なども楽しめるので、ぜひ色々な季節に足を運んでみて下さい。

45556f20f9c3bc59

住所

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27−6 勧修寺


アクセス

電車: 

地下鉄東西線「小野駅」から徒歩で約6分


営業時間

拝観時間 

9:00~16:30(受付終了16:00)


利用料金

拝観料 

庭園400円

日向大神宮

“京のお伊勢さん”として親しまれるパワースポット


「日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)」は、古くは日向宮や粟田口神明宮などとも称された京都最古の神社の一つです。「京のお伊勢さん」と称され、境内には内宮と外宮が鎮座。内宮には伊勢神宮と同じく天照大御神を御祭神にお祀りしています。また、駐車場から10分ほど険しい山道を上った先には「伊勢神宮遥拝所」もあり、伊勢神宮の方角を向いて参拝することもできます。

日向大神宮には「天の岩戸(あまのいわと)」というパワースポットも!巨大な岩に開いた穴をくぐると開運・厄除けのご利益があるとされ、人気を集めています。

また、境内には縁結びのご利益で知られる「福土神社」といった数多くの別宮もあるので、ぜひ巡ってみて下さい。

市内中心部と比べると訪れる人も少なく、心静かにお参りできるのが日向大神宮の魅力。山科散策のついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

08a01a555016cced

住所

京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29


アクセス

電車: 

京都市営東西線「蹴上駅」から徒歩で約15分


駐車場

駐車場5台(無料)


営業時間

境内拝観自由

いかがでしたか?

今回は京都市山科区のおすすめの観光・桜・お花見の名所を5つピックアップしてご紹介しました。歴史ある寺社仏閣や旧跡をはじめ、四季折々の景色を楽しめるスポットがたくさん!JRや地下鉄が通り、京都中心部からのアクセスも良いので、ぜひ訪れてみて下さい。