関西で梅を見られる名所をまとめてご紹介します。例年2〜3月に見頃を迎える梅のおすすめスポットから開花時期の情報も。梅まつりやイベントの開催もあります。デートや家族で見に行くのもおすすめです!

この記事の目次

【京都】北野天満宮

2月25日には梅花祭も開催


学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社「北野天満宮」。境内は、豊臣秀吉が北野大茶会を催した所としても知られています。


約2万坪の境内には約50種1,500本の梅があり、早咲きの梅は正月明けに冬至梅、照水梅、寒紅梅等が寒さの中、初春を告げるかのように咲き始め、2月上旬から3月下旬まで「梅苑」が開苑されます。


さらに2月25日は菅公の命日にあたり、この日は「梅花祭」が斎行されます。当日は三光門前西広場にて上七軒歌舞会協賛の野点茶会も催されます。毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿も公開されていますよ。

4a8382f9ca650739

【京都】京都御苑

1月開花から3月まで楽しめる


京都御苑は、京都市上京区にある国民公園。京都御所などを囲む周囲約4kmの広大な敷地となっています。梅林は、禁門の変で知られる蛤御門(はまぐりごもん)近くの枇杷殿跡(びわどのあと)辺りにあります。


苑内には素心蝋梅(ソシンロウバイ)、蝋梅(ロウバイ)が十数本あります。開花は比較的早く、例年1月上旬から咲き始め、3月中旬まで見られます。約200本の梅の花が咲き誇り、春の訪れを感じることができる場所となっています。


京都御苑は梅の種類によって開花時期が微妙に異なるので、開花時期が長いのも嬉しいポイント。また、歴史的遺構として価値がある閑院宮邸跡(月曜休館)、九條家ゆかりの茶室拾翠亭なども点在しています。

8a75f182bfb1cbb2

【京都】二条城

珍種「源平咲き分け」は必見!


徳川家康が上洛の際に、宿泊のために築いた城、「二条城」。3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になりました。また慶応3(1867)年には、15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても知られています。


場内には奥の丸御殿の南西にある梅苑は、昭和29年に植えられた事が始まり。ここには1本の木に紅白の花をつける珍種「源平咲き分け(げんぺいさきわけ)」をはじめ、しだれ梅や紅梅、白梅、は50種約130本が植えれ、さまざまな梅の花が楽しめます。


開花は2月中旬~3月下旬頃で、見ごろは2月下旬~3月上中旬。梅苑からは内堀や天守閣跡を望むこともできます。梅を見ながら様々な景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Af8b7ad3213d367a

【京都】青谷梅林

梅干し販売も行われる梅まつりも開催


ウメの実の生産量が、京都府で一番多い京都府城陽市。青谷梅林のルーツはいまだにハッキリしていませんが、後醍醐天皇の皇子宗良親王の歌に「風かよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなき」と残されていることから鎌倉末期頃から存在するのではないかと推測されています。


徳川時代になり、淀藩より梅樹栽培の奨励を受け、ウメの植樹がされました。さらに明治33年青谷梅林保勝会が設立され、梅林の保護もスタート。今では、開花時期に約1万本の白梅が咲く広大な梅林は、近畿のウメの名勝地としても有名になっています。


満開期には「梅まつり」も行われます。期間中は生産梅林に自由に立ち入ることができるエリアが設けられます。会場内では特産物の梅干なども販売されるので大阪や神戸など、主に近畿一円から多くの観梅客が訪れます。見て楽しむだけでなく、食べることも楽しめる梅まつりへ行きたいという方は、青谷梅林に行ってみてくださいね!

8c4d429b63594df4

【京都】梅宮大社

酒造りと子授けのご利益で知られる梅の名所


京都市右京区に鎮座する「梅宮大社」は、約1300年前に橘氏の祖・橘諸兄(たちばななのもろえ)の母、県犬養三千代(あがたいぬかいみちよ)が、一門の氏神として創建した神社です。日本最古の酒造の神として信仰を集めるほか、子授・安産の御利益でも知られています。


そんな梅宮大社は、京都屈指の梅の名所として有名なスポット!神苑という庭園を中心に境内全域に植えられた400本ほどの梅は、2月中旬~3月中旬が見ごろ。


「冬至梅」、「寒紅梅」、「大盃」、「おもいのまま」、「道しるべ」、「白牡丹」、「玉牡丹」、「加賀白梅」など、40種類ほどの梅を楽しめます。


毎年3月第1日曜日(2019年は3月3日)には「梅」と「産む」にちなみ、子宝・安産を祈願する「梅・産(うめ・うめ)祭」を開催。神酒や神苑の梅でつくった梅ジュースが無料接待されます。

77835d1085e1e17f

【京都】梅小路公園

梅とともにレジャーも楽しめる!


広々とした芝生広場や大型遊具、日本庭園、ビオトープなど、多彩な施設を有する「梅小路公園」。13.7haの園内には「京都水族館」や「京都鉄道博物館」などの人気観光スポットもあり、休日ともなるとたくさんのファミリーで賑わいます。


今回ご紹介するのは、公園東南側の「梅こみち」と名付けられた梅林。14種類約140本の梅の木が植えられ、毎年2月下旬頃から甘い香りを漂わせます。梅の一部は下京区誕生120周年を記念して植樹されたもの。


「八重寒紅」や「大盃」、「白加賀」、「冬至梅」、「寒紅梅」といった種類があり、赤や白の美しい花を見ることができますよ。


梅小路公園では毎年梅の開花にあわせて「梅まつり」を開催。2019年は2月23日~3月3日に行われるので、ぜひ足を運んでみて下さい。

Efad639008952135

【京都】城南宮

しだれ梅と椿の名所


「城南宮」は平安遷都の際、都の守護と国の安泰を願って創建された神社で、引越・工事・家相の心配事を取り除く「方除(ほうよけ)」のご利益で有名です。


そんな城南宮の大きな見どころが、「楽水苑」という日本庭園。趣の異なる5つのエリアからなる庭園で、そのうちの「春の山」には150本の紅白のしだれ梅をはじめ、ミツバツツジや300本の椿など春の花々が植えられています。


可憐な咲き始めから満開に咲き誇る豪華絢爛な梅の花、散り際に広がる花びらの絨毯まで、移り行くしだれ梅の景色を楽しめます。城南宮では毎年梅の時期(2019年は2月18日~3月22日)に、「しだれ梅と椿まつり」を開催。巫女により「梅が枝神楽」が奉納されるほか、美容健康と招福祈願の花守り「梅の花守り」の特別授与なども行われます。

0c7decd33bcfcc73

【京都】京都府立植物園

季節の花々を楽しめる日本最古の植物園


「京都府立植物園」は地下鉄北山駅近くにある日本最古の植物園です。総面積約24万㎡を誇る広大な園内には、日本最大級の回遊式観覧温室や広々とした芝生広場、軽食やドリンクで一息つけるカフェなど、多彩な施設が揃っています。


園内には「つばき園」や「ぼたん・しゃくやく園」、「はなしょうぶ園」など、四季折々の花々を楽しめるスポットも充実。植物園の中央付近には梅林があり、梅の名所としても知られています。観賞用の花梅(はなうめ)を中心に「楊貴妃」、「玉垣枝垂」、「玉牡丹」、「白加賀」などの珍しい種類をはじめ、約60品種100本が植えられています。


早咲き遅咲き、咲き分け、枝垂など、様々な梅が例年2月上旬頃~3月下旬頃まで咲き続けます。北山門近くのワイルドガーデンにも梅が少し植えられているので、ぜひチェックしてみて下さい。

Adc47a530b20d107

【京都】しょうざん庭園

梅を一緒にランチとお茶席が楽しめる!


京都市北区にある「しょうざんリゾート京都」は、鷹峯の山々を借景に広がる自然豊かなリゾート。3万5千坪の広大な敷地には結婚式場やレストラン、ホテルなど、多彩な施設が揃います。


一番の見どころは、北山台杉と紀州青石とを贅沢に使った回遊式の日本庭園。庭園内には清らかな紙屋川が流れ、趣ある和風建築が点在。桜や花菖蒲、あじさい、紅葉など、四季折々の植物も楽しめます。


約130本の紅梅・白梅が植えられ、梅の名所としても名高いしょうざんリゾート。毎年梅の花が咲くころにはランチとお茶席を楽しめる「梅見の宴」を開催。普段は非公開の迎賓館「峰玉亭」で舞妓さんによるお点前や接待を受けられるほか、一緒に写真を撮ることもできますよ。


2019年は3月9日~3月17日に梅見の宴を開催予定。基本的には予約制のイベントなので、HP等で詳細を確認してからお出かけしてみて下さいね。

556fcfc605fa36da

【京都】隨心院 小野梅園

小野小町とはねずの梅で知られるお寺


京都市山科区にある「隨心院」は、正暦二年(991年)に創建された真言宗善通寺派の大本山。重要文化財に指定された快慶作の金剛薩捶(こんごうさった)坐像、書院を彩る狩野派の襖絵などが見どころです。


また、絶世の美女・小野小町の邸宅跡とされ、化粧に使ったとされる井戸や1,000通の恋文を埋めたという文塚などが残ります。


境内の一角にある「小野梅園」は梅の名所として人気のスポットで、毎年3月1日~3月31日の1ヵ月だけ特別公開されます。「はねずの梅」という遅咲きの品種を中心に200本弱の梅が植えられ、例年3月中旬が見ごろ。


”はねず”とは薄紅色のこと。3月最終の日曜日(2019年は3月31日)には「はねず踊り」が行われ、はねず色の着物を身にまとった少女たちが小野小町を偲ぶ唄と踊りを披露します。

Fd04f783575877ef

【京都】大豊神社

しだれ梅の名所


「哲学の道」から徒歩数分のところにある「大豊神社」。少彦名命(すくなひこなのみこと)、応神天皇、菅原道真を併せてお祀りし、鹿ヶ谷や南禅寺一帯の産土神として古くから信仰を集めてきました。


境内にある末社には、「狛とび」や「狛さる」など、一風変わった動物像が祀られていることでも有名。大国社には珍しい「狛ねずみ」がお祀りされ、人気を集めています。


大豊神社には樹齢300年ともいわれる梅の老木があり、梅の名所として知られています。高さ4mほどのしだれ梅は遅咲きで、例年3月中旬~下旬が見ごろ。本殿前には梅と向かい合うようにしだれ桜が植えられ、年によっては稀に梅と桜の奇跡のコラボレーションも楽しめます。


約300本の椿が植栽され、椿も楽しめる大豊神社。美しい花々を愛でに足を運んでみて下さい。梅は気候により開花時期が変わるので、事前に確認してからの訪問がおすすめです。

0a9289308b72ef95

【京都】常寂光寺

盆梅展に出かけよう!


風光明媚な景色で知られ、京都でも指折りの人気観光地・嵯峨野。「常寂光寺」は小倉山の中腹にある日蓮宗のお寺で、江戸時代に大本山本圀寺十六世・日禛(にっしん)上人により開かれました。


小倉山の中腹にあり、紅葉の名所として有名です。山に沿って立ち並ぶ、重要文化財の多宝塔などの古建築も見どころ。京都市内を一望できる展望台なども設けられています。


そんな常寂光寺も、実は梅の名所!毎年2月中旬~3月中旬にかけて、大小20~30鉢ほどの梅の盆栽を展示する「盆梅展」を開催。紅白の梅が展示され、冬の境内に色を添えます。


紅葉シーズンはたくさんの人で賑わう境内も、冬は比較的静か。楚々とした美しい盆梅を眺めて、ゆったり過ごせるスポットです。盆梅展の開催時期は梅の開花具合により、毎年変わります。問い合わせてからお出かけしてみて下さいね。

66f1094e5b03837a

【京都】長岡天満宮・長岡公園

学問の神様を祀る花の名所


「長岡天満宮」は学問の神様として有名な菅原道真をお祀りする神社で、春は桜やキリシマツツジ、秋は紅葉の名所として知られています。


御祭神の道真公が梅を好んだことから、境内全域に約30種類150本の梅が植えられ、梅の名所としても有名。遅咲きの品種が多く、例年3月上旬~下旬ごろに花を楽しめます。見ごろを迎える3月中旬(2019年は3月23日)には毎年「梅花祭」が開催され、お茶席などが設けられます。


長岡天満宮に隣接する、約20種140本の梅林が広がる長岡公園も併せて訪れたいスポット。「鴬宿梅」、「 鹿児島紅梅」、「八重寒紅梅」など、種類によって花が咲く時期が異なるため、2月中旬~3月下旬の長い期間梅の花を楽しめます。梅のシーズン中は長岡公園旧管理棟が無料開放され、2階から梅林を一望できるので、ぜひ足を運んでみて下さい。

C1a28606ba5aa35f

【京都】生身天満宮

日本最古の天満宮


「生身(いきみ)天満宮」は、京都府南丹市にある天神山の山麓に鎮座する神社です。全国に約1200ある天満宮の中で唯一、菅原道真を生前から祀っていたことから、日本最古の天満宮ともいわれます。


「学問の神」や「仕事の神」として信仰を集めるほか、摂社の厳島神社は美人祈願のパワースポットとして知られています。参道脇の梅園を中心に100本ほどの梅が植えられ、梅の名所として名高い生身天満宮。


早咲き遅咲き、八重一重、紅白と様々な種類があり、例年2月初旬~3月下旬と長期間にわたり美しい梅の花が楽しめますよ。毎年3月25日前後の日曜日(2019年は3月24日)には、道真公の慰霊祭「梅花祭」を開催。神事が執り行われた後、琴や三味線が奉納されるほか、お抹茶とお菓子がいただけるお茶席も設けられます。

Fa22d5cb78ac31e7

【兵庫】岡本梅林公園

40種198本もの梅の木がある公園


岡本梅林公園は神戸市東灘区の岡本にある公園です。4566平方メートルの公園で正式名称は「岡本公園」ですが、40種198本の梅の木が植えられており、「岡本梅林公園」と呼ばれています。梅の見頃の時期には「摂津岡本梅まつり」も開催され、美しい梅を見ようと多くの方が公園に集まります。


岡本の梅林は、昔から西摂津の梅の名所として知られており、「梅は岡本、桜は吉野、蜜柑紀の国、栗丹波」とうたわれていることでも有名です。岡本梅林公園の梅は種類が豊富なので、様々な色の梅を楽しむことができます。3月上旬が見頃にはなりますが、早咲き、中咲き、遅咲きと1月中旬から4月上旬まで長い期間楽しめるのも魅力的です。


岡本には岡本梅林公園から北東約20分ほど登ったところに「保久良梅林」もあり、ここからは大阪湾や瀬戸内海の景色も楽しめます。岡本梅林公園や保久良梅林までは少し山を登ることになりますが、歩きやすい登り道なので初心者の方でも気軽に行くことができます。梅の季節はお散歩がてら歩いて行ってみてくださいね!

D7e8ed3934ce38b7

【兵庫】御津自然観察公園

中国建築をバックに梅見物


兵庫県たつの市にある御津(みつ)自然観察公園は、瀬戸内海が一望できる場所にあります。園内にある世界の梅公園は平成5年に開園。日本をはじめ、中国、韓国、台湾等各国の梅約350品種、1,350本が植えられています。


梅の中でも、ろう細工のようなつややかな黄色い花を咲かせる中国産のロウバイは、約50本ほどあります。中国建築をバックに、小春の柔らかな日差しとともに小ぶりの花を咲かしています。


さらに梅資料館「尋梅館」、休憩施設の「来鶴軒」などの建物があり、異国情緒を感じさせる場所になっています。展望施設「唐梅閣」からは瀬戸内海が一望でき、景色も楽しめますよ。

F8e077d460e618a0

【兵庫】綾部山梅林

西日本一ともされる圧巻の梅林風景


綾部山広陵の梅林は24haと広大。ひと目で二万本のウメをみることができる場所として、西日本一ともされています。例年2月から咲き始める梅は、2月中頃に五分咲き、2月下旬~3月上旬に満開になります。


場所によっては、梅の花のピンクと海の青が対照的に映える美しい光景を目にすることができるのは、日本全国の中でも綾部山梅林だけだとも言われるほど。その景色は圧巻です。


梅林は兵庫県の南西部、西播磨の最南端にあるので、天気の良い日は眼下に播磨工業地帯、国立公園新舞子浜の海岸、瀬戸内の家島群島、小豆島、淡路島等さらに遠くに四国を望むことができます。梅林内の山の中腹には見晴らし台もありますよ。梅の開花時期に合わせて、写生大会や餅つき大会など楽しいイベントも開催されます。

Bfe5030138b40a48

【兵庫】石ケ谷公園

明石の梅園で梅の香りも楽しもう


明石市の北西部標高約90mの丘陵地にある石ケ谷公園。こちらの公園はカルチャーパーク(文化公園)であり、メイン施設として明石中央体育会館や恐竜を模した大型遊具のある「あそびの丘」、ウォーク&ランコース、梅園、ハーブガーデンなどがあり、大人も子供も家族みんなで楽しむことができる公園です。


石ケ谷公園には梅の名所である明石の梅園があり、2月下旬から3月下旬の見頃の季節には約1,000本の白梅と紅梅が甘酸っぱい香りを漂わせ、お客さんで賑わいます。そのほかの植物も豊富にあり、約80種類ものハーブが植えられている「石ケ谷ハーブガーデンズ」では季節によって様々な花や香りを楽しめます。


家族で散策を楽しめる「ひだまりの広場」や芝生広場では自然に囲まれた環境でベンチでゆっくり過ごしたり、お弁当を持参すればピクニックをすることもできます。ぜひ、休日に梅を見に、石ケ谷公園へ遊びに出かけてみませんか?

52ff5a685973c9b8

【兵庫】須磨離宮公園

2月には梅見会も開催


須磨離宮公園は神戸市須磨区の丘陵に広がる面積82ヘクタールの広大な都市公園です。大阪湾を望むことのできるすばらしい景観とバラを中心に季節によって、様々な種類の花を楽しめる公園です。地元の小学生が遠足で訪れることも多く、神戸では有名な公園です。 


四季折々、様々な花が咲き誇る須磨離宮公園ですが、2月上旬~3月上旬には綺麗な梅を見ることができます。園内には約25種160本のウメがあります。早咲きから遅咲きの梅まで様々な梅があるので、比較的長い間観梅を楽しめます。梅の他にも同時期に菜の花や椿も見られますよ。

Ffba0e9beb6c6cf6

【大阪】大阪城

100品種を超える梅


大阪の中央に位置する大阪城公園は、総面積約105.6haの広大な公園。最近では新感覚のナイトウォーク体験「サクヤルミナ」が話題になり、ますます盛り上がっています。天守閣内には貴重な歴史資料、美術品などの展示もあります。


大阪城、内濠の東側約1.7ヘクタールの梅林は、大阪府立北野高校の卒業生(六稜同窓会)が開校100周年事業として、22品種、880本を大阪市に寄付した事で、昭和49年3月に開園。現在では100品種を超える梅があります。梅林を一望できる城址の高台からは大阪ビジネスパークの高層ビル群を背景に、鮮やかな紅梅、白梅のコントラストが見え、非常に美しいです。

0a3488f38d50f24d

【大阪】大阪天満宮

梅にちなんだグルメや梅酒も楽しめる!


天神橋筋商店街から脇道に入った場所にある「大阪天満宮」。 地元民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ、親しまれている神社です。 その歴史は古く、遡ること平安時代。天暦3年(949)、村上天皇の勅命により、菅原道真が創建したと伝えられています。学問の神として信仰されている菅原道真が祀られており、受験シーズンになるとたくさんの学生が合格祈願に訪れることでも有名です。


大阪天満宮には合計約100本の梅の木があります。見頃の時期に梅を見るのも良いですが、大阪天満宮では「てんま天神梅まつり」という催しがおすすめ。2月中旬〜3月上旬まで開催される関西最大規模の盆梅展で、樹齢200年を超える古木をはじめ、50鉢以上の盆梅が並びます。


境内では天満名物「梅の木餅」、「梅うどん」など梅にちなんだ美味しいものを楽しめます。期間中には他にも300種もの梅酒が集う天満天神梅酒大会など楽しいイベントも開催されますよ!

Dea8c170618ae281

【大阪】道明寺天満宮

受験生必見の「落ちない梅」


学問の神様として名高い菅原道真を祀る「道明寺天満宮」。もともとは埴輪をはじめて作ったとされる豪族の土師氏(はじし)が祀られており、それは菅原道真の祖先であったとされています。


境内にある梅園には、菅原道真公とゆかりが深い80種800本の梅を見られます。参拝者の目の高さで梅を観賞できるように、梅の剪定を何度か行われているので美しいウメをじっくり楽しめます。主な品種は、「常成梅」、「寒紅梅」、「枝垂梅」などがあり、いずれも例年2~3月には見頃に。拝殿そばには一年中実をつけている、常成梅(じょうなりうめ)という珍しい梅を御神木に据えていることも魅力のひとつ。受験や商売のゲン担ぎに「落ちない梅」を見にお参りするのもおすすめです。


また、ウメの花の盛りの時期には「梅まつり」も開催され、奉納行事として野点茶会が行われるほか、盆梅展などのイベントも。梅の香りも楽しめますよ。

0b6c17de6b970f85

道明寺天満宮


住所

大阪府藤井寺市道明寺1-16-40


お問い合わせ

072-953-2525


営業時間

梅園開園時間 

9:00~17:00閉門(入園は16:30まで)


利用料金

大人300円、中学生以下無料


アクセス

電車: 

近鉄南大阪線ほか「道明寺駅」から徒歩で約4分


ウェブサイト

https://loconavi.jp/events/240913

【大阪】荒山公園

早咲きから遅咲きまで種類が豊富


大阪府堺市にある荒山公園(こうぜんこうえん)。多治速比売神社の敷地の一部を取得して造られた、総面積17ヘクタールの総合公園です。荒山公園梅林には早咲き、中咲き、遅咲きの3種類50品種、約1,400本の梅があります。


荒山公園は開花時期が梅の品種によって異なるため、長く観梅できます。早咲きが鹿児島紅、大盃、寒紅梅など、中咲きが白加賀、白滝枝垂れ、紅千鳥など、遅咲きが豊後、摩耶、淋子梅など様々な品種があります。


ちなみに、この荒山公園にウメが多いのは、菅原道真公ゆかりの場所でもあるからなのだとか。ペットとの入園も可能です。必ずリードを付けてマナーを守って、愛犬と遊びに出かけてみるのもおすすめです。

Cc62e48196cd4a41

【奈良】広橋梅林

展望デッキから梅林が一望!


2月下旬~3月下旬にかけ「豊後梅」、「見驚梅」、「玉英」、「寒紅梅」、「白加賀」、「南高梅」など白、紅、淡桃色、一重咲き、八重咲きなど色とりどり、様々な品種の梅の花を見られる広橋梅林。約25ha、5,000本のウメがあるとされる梅林の展望デッキからは、金剛葛城両山や大和平野を見渡すこともできます。


散策道が整備されているので、家族でのハイキングにも最適。梅の花が咲き誇る時期には『梅の里山まつり』が開催されます。様々なイベントも行われるので、参加してみてくださいね!

Ca997c4799b4f851

【奈良】賀名生梅林

梅の花がまるで雲海のように


賀名生梅林(あのうばいりん)は北曽木の丘陵を麓から中腹にかけて60万平方メートル 、2万本の梅を見られる梅の名所です。明治10年頃から果実の収穫を目的に栽培が拡大し、大正12年に東宮殿下の御成婚記念として5千本の苗が植えられるなどして広大になったとされています。


梅林は2月下旬~3月上旬に見ごろを迎えます。賀名生梅林の梅は純白や淡い紅色が多く、丹生川の支流に南朝のロマンを感じられます。満開のシーズンには、梅の花が雲海のようになり、ほのかな香りが、山々を包み込みますよ。

7e745b1b262dff51

【奈良】月ヶ瀬梅林

日本政府が最初に指定した名勝のひとつ


奈良市月ヶ瀬尾山にある月ヶ瀬梅林。月ヶ瀬梅渓とも呼ばれています。金沢の兼六園、奈良公園とともに日本政府が最初に指定した名勝の一つで、古くから有名な梅の名所です。高山ダムの建設にともない、梅林は分散されましたが、月ヶ瀬湖の湖水との絶妙な調和がさらに美しい梅の風景となり、観梅客を楽しませています。


例年2月中旬〜3月下旬まで梅まつりが開催されます。期間中は俳句大会や写真展など各種イベントも行われます。月ヶ瀬梅林の梅は咲き始めから2週間ほどかけてゆっくりと見頃を迎えます。移り変わる梅の様子を観梅するのもおすすめです。

8f192dd98da3f775

【滋賀】彦根城

国宝で梅を見よう!


初代の井伊直政から14代にわたり彦根藩主を務めた井伊氏の居城「彦根城」。守が現存する12城のうちのひとつで、天守が国宝に指定されている他、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である「玄宮園」、内堀・中堀が当時の美観を留めていることから、城域一帯は国の特別史跡とされています。


彦根城の梅は1950年に新日本観光地百選に彦根城が選ばれたのを記念して、城南側の米蔵跡に紅梅と白梅が植えられたのがはじまり。大手門から入ってまもなく米蔵跡の梅林に約400本の紅、白梅が咲き誇ります。桜でも大変有名な彦根城ですが、桜に先駆けて梅を見て、少し早い春を感じてみてはどうでしょうか?

2fbd054e789e78aa

【和歌山】南部梅林

梅の生産高日本一の名所


和歌山県の中央部に位置するみなべ町。黒潮の海に面した気候温暖な町で、梅の生産高が日本一を誇り、梅の代表品種「南高梅」発祥の地でもあります。


梅の里として知られる南部梅林では梅の開花時期、2月上旬から3月上旬まで開園されます。期間中は梅の種飛ばし大会、紀州梅林太鼓の演奏など多種多様なイベントが開催されます。


また、南部梅林を歩きながら地元ならではの、素朴なあったかトークが聞ける「南部梅林ウォークツアー」も実施されます。南部梅林はペットとの入園も可能。観梅シーズンは特急「くろしお」5号が南部駅に臨時停車、臨時路線バスも運行予定でより便利になります。ぜひ家族でお出かけしてみてくださいね!

13173a4312d17ac6

いかがでしたか?

今回は関西で梅を見られるおすすめスポットをまとめてご紹介しました。梅のグルメが楽しめたり、イベントに参加できる場所もたくさんあります。ぜひ参考にしていただいて、早春のお出かけの計画を立ててみてくださいね!