2019年3⽉15⽇(⾦)〜17⽇(⽇)の3⽇間、希少な⼀点物や⾼級江⼾切⼦を含む伝統⼯芸江⼾切⼦が⼀堂に会する “⽇本最⼤級”の祭典「LoveNippon! 江⼾切⼦桜祭り2019〜第31回 江⼾切⼦新作展〜」を、東急プラザ銀座 6F キリコランジ(東京都中央区銀座5-2-1)で開催いたします。

この記事の目次

年に⼀度、伝統⼯芸⼠をはじめとした江⼾切⼦の名⼯が魂を込めて切り出したダイナミックな作品が⼀堂に会する「江⼾切⼦新作展」。昨年度は、新作展第30回を記念して初の銀座開催を実現。桜や酒を絡めた江⼾切⼦総合イベントとして、3⽇間で5,000⼈以上の来場者を集める⼤盛況ぶりとなりました。


そんな「Love Nippon! 江⼾切⼦桜祭り」を、2019年も銀座で開催することが決定!


昨年に引き続き、江⼾切⼦をモチーフにしたデザインで話題の「東急プラザ銀座」がその舞台に。開花よりも⼀⾜早い「本物の桜」と共に、「⽇本最⾼峰の美しい江⼾切⼦」たちに酔いしれる⾄福のひと時をどうぞお楽しみください。


なお、昨年は事前予約のみでほぼ満席となった⼤⼈気 「江⼾切⼦体験ワークショップ」を今年も開催。その他多数のイベントやコンテンツをご⽤意いたします。ご家族揃って楽しみながら、伝統⼯芸江⼾切⼦の逸品に出会える貴重なイベントです。


主催は江⼾切⼦協同組合、特別協⼒ 藤巻百貨店(株式会社caramo 代表取締役社⻑ 中村亮、http://fujimaki-select.com/)が演出・プロデュースを⾏います。

予定コンテンツ

①第31回江⼾切⼦新作展「受賞作特別展⽰」

②伝統⼯芸⼠「"秘蔵" の個⼈作品展⽰」

③ご予約必⾄!⼤⼈気「江⼾切⼦体験ワークショップ」

④江⼾切⼦を職⼈から直接買える!「江⼾切⼦直売コーナー」

⑤伝統⼯芸⼠ 篠崎英明・根本達也による新作展⼊選作品解説(各⽇とも13時より)

⑥開花よりも早く本物の桜があしらわれた会場「銀座でお花⾒〜江⼾切⼦と共に〜」


★あなたも江⼾切⼦作品の審査員に!新作展「藤巻百貨店賞」

⼀般WEB投票による「藤巻百貨店賞」を開催。誰でも投票に参加頂けます。

【投票コーナー投票期間】3⽉上旬〜を予定

--------------------------

イベント詳細、Web投票はこちらのURLから

http://fujimaki-select.com/edokiriko.html

--------------------------


当イベントは、説明書き・パンフレット等の外国語対応をしております。

Cbcdac527f83cbf0
E4dbfb29d31487f4
851942418d36ade8
3467fce8b03afda8

前年度⼊賞作品 

※全受賞作から⼀部抜粋


【1位】藍菊平鉢(細⼩路 圭)

B6a34d4077a3a702

【2位】桜⽂飾⽫(根本 達也)

377cc14ca71669c4

【藤巻賞】草原を⾶ぶギンヤンマ(但野 英芳)

C482c180b8a6c1e1

江戸切子新作展とは

江戸切子新作展は、伝統工芸江戸切子職人による新作作品コンテスト出品作品が一堂に会する展示会。江戸切子協同組合が主催。本展は、1985年に江戸切子が東京都伝統工芸品に指定されたことを記念し、職人らの技術向上等を目的として1989年よりはじまった。選考会では「経済産業省製造産業局長賞」「経済産業省関東経済産業局長賞」「東京都知事賞」などの賞が特に秀でた作品に与えられる。第1回より毎年開催されている。


41968e96a1703cb5

江戸切子とは

江戸切子(エドキリコ)とは、江戸時代後期より江戸(現在の東京)で始まった日本の伝統硝子細工である。

1834年、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが、今日に伝わる江戸切子のはじまりと伝えられている。明治時代に入ってヨーロッパのカットグラス技法が導入され、現代に伝わる江戸切子として発展してゆく。1985年に東京都の伝統工芸品に指定、2002年には国の伝統的工芸品にも指定される。

586c89d839bde7a8

Love Nippon!江⼾切⼦桜祭り 2019


日時:

2018年 3/15(金)~17(日)

11:00~21:00 ※最終日は18:00まで


場所:

東急プラザ銀座 6F キリコラウンジ

(東京都中央区銀座5-2-1)