京都で梅を見られる名所をまとめてご紹介します。例年2〜3月に見頃を迎える梅のおすすめスポットから開花時期の情報も。梅まつりやイベントの開催もあります。デートや家族で見に行くのもおすすめです!

この記事の目次

【京都】北野天満宮

2月25日には梅花祭も開催


学問の神様として知られる菅原道真公を祀る神社「北野天満宮」。境内は、豊臣秀吉が北野大茶会を催した所としても知られています。


約2万坪の境内には約50種1,500本の梅があり、早咲きの梅は正月明けに冬至梅、照水梅、寒紅梅等が寒さの中、初春を告げるかのように咲き始め、2月上旬から3月下旬まで「梅苑」が開苑されます。


さらに2月25日は菅公の命日にあたり、この日は「梅花祭」が斎行されます。当日は三光門前西広場にて上七軒歌舞会協賛の野点茶会も催されます。毎月25日の天神さんの縁日には宝物殿も公開されていますよ。

4a8382f9ca650739

【京都】京都御苑

1月開花から3月まで楽しめる


京都御苑は、京都市上京区にある国民公園。京都御所などを囲む周囲約4kmの広大な敷地となっています。梅林は、禁門の変で知られる蛤御門(はまぐりごもん)近くの枇杷殿跡(びわどのあと)辺りにあります。


苑内には素心蝋梅(ソシンロウバイ)、蝋梅(ロウバイ)が十数本あります。開花は比較的早く、例年1月上旬から咲き始め、3月中旬まで見られます。約200本の梅の花が咲き誇り、春の訪れを感じることができる場所となっています。


京都御苑は梅の種類によって開花時期が微妙に異なるので、開花時期が長いのも嬉しいポイント。また、歴史的遺構として価値がある閑院宮邸跡(月曜休館)、九條家ゆかりの茶室拾翠亭なども点在しています。

8a75f182bfb1cbb2

【京都】二条城

珍種「源平咲き分け」は必見!


徳川家康が上洛の際に、宿泊のために築いた城、「二条城」。3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になりました。また慶応3(1867)年には、15代将軍慶喜が大政奉還を発表した場所としても知られています。


場内には奥の丸御殿の南西にある梅苑は、昭和29年に植えられた事が始まり。ここには1本の木に紅白の花をつける珍種「源平咲き分け(げんぺいさきわけ)」をはじめ、しだれ梅や紅梅、白梅、は50種約130本が植えれ、さまざまな梅の花が楽しめます。


開花は2月中旬~3月下旬頃で、見ごろは2月下旬~3月上中旬。梅苑からは内堀や天守閣跡を望むこともできます。梅を見ながら様々な景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Af8b7ad3213d367a

【京都】青谷梅林

梅干し販売も行われる梅まつりも開催


ウメの実の生産量が、京都府で一番多い京都府城陽市。青谷梅林のルーツはいまだにハッキリしていませんが、後醍醐天皇の皇子宗良親王の歌に「風かよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなき」と残されていることから鎌倉末期頃から存在するのではないかと推測されています。


徳川時代になり、淀藩より梅樹栽培の奨励を受け、ウメの植樹がされました。さらに明治33年青谷梅林保勝会が設立され、梅林の保護もスタート。今では、開花時期に約1万本の白梅が咲く広大な梅林は、近畿のウメの名勝地としても有名になっています。


満開期には「梅まつり」も行われます。期間中は生産梅林に自由に立ち入ることができるエリアが設けられます。会場内では特産物の梅干なども販売されるので大阪や神戸など、主に近畿一円から多くの観梅客が訪れます。見て楽しむだけでなく、食べることも楽しめる梅まつりへ行きたいという方は、青谷梅林に行ってみてくださいね!

8c4d429b63594df4

いかがでしたか?

今回は京都で梅を見られるおすすめスポットをまとめてご紹介しました。梅のグルメが楽しめたり、イベントに参加できる場所もたくさんあります。ぜひ参考にしていただいて、早春のお出かけの計画を立ててみてくださいね!