関西エリアにある菜の花の名所をまとめてご紹介します。開花時期やイベント情報も。桜など他のお花とのコラボレーションが見られる場所もありますよ!

この記事の目次

【兵庫】あわじ花さじき

関西の花畑ならここははずせない!


明石海峡大橋開通と同じ1998年4月に開園したあわじ花さじき。四季に咲く花と明石海峡と大阪湾を望む絶景が無料で楽しめる近畿地方屈指の花の公園です。園内には地上から約10mの高さに展望台も設置されています。展望台からは大阪湾の大パノラマを一望できます。

 

毎年3月上旬~4月中旬になると、ほぼ全園において菜の花畑が広がります。菜の花は早咲き品種から遅咲き品種まで幅広く植栽されていますので、長い期間に渡って一面黄色の菜の花畑を楽しめます。ふれあいの花園では、約15万本の早咲菜の花を1月末頃から見られますよ。


3月下旬~4月下旬までは例年ムラサキハナナの開花も始まります。菜の花の開花時期とかぶる期間は、紫色と黄色の美しい花のコラボレーションも。色のコントラストがとても美しいので、その年の開花情報をホームページでチェックして、お出かけしてみてくださいね!

あわじ花さじき


住所

兵庫県淡路市楠本2865-4


開花時期

1月下旬~4月中旬


お問い合わせ

0799-74-6426


営業時間

①営業時間 9:00~17:00 

②休園日 年末年始


利用料金

無料


アクセス

電車: 

①JR「舞子駅」・山陽電鉄「舞子公園駅」から「高速舞子」バス停から高速バスに乗車「東浦バスターミナル」下車、タクシー利用 

②東浦バスターミナルからタクシーで約10分 

③明石港から「明石-岩屋航路」乗船、岩屋ポート(岩屋港)下船、タクシーで約15分 

④淡路島内路線バス「岩屋-洲本(縦貫線)」乗車「東浦バスターミナル」下車、タクシー利用 

車: 

神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から約12分


駐車場

有り 

約130台


ウェブサイト

https://loconavi.jp/events/101645

【兵庫】神戸総合運動公園

施設も充実!神戸で有名な花の名所


神戸総合運動公園は神戸市須磨区にある都市公園です。園内には様々な施設があり、陸上競技などが行われるユニバー記念競技場、バレーボールやバスケットボールが行われる体育館であるグリーンアリーナ神戸、プロ野球も行われるほっともっとフィールド神戸などのスポーツができる施設も神戸総合運動公園内にあります。


園内にある「コスモスの丘」は4,000平方メートルの広大な丘で、丘の上からは明石海峡大橋も見ることができます。3月には5万本の菜の花畑となり、あたり一面黄色に染まります。


3月中旬ごろには「菜の花まつり」の開催も予定されています。桜の名所でもあるので、同時期に色々なお花を楽しめるのも魅力的。お子様連れで遊びに出かけたり、楽しみ方がたくさんある公園ですので、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

Cf33dd547988fc75

神戸総合運動公園


住所

兵庫県神戸市須磨区緑台 


開花時期

3月上旬〜4月下旬


お問い合わせ

078-795-5151


営業時間

①補助競技場 

・9時〜17時 

※個人利用は4月〜10月(日・祝日を除く)は19時まで 

 

②グリーンアリーナ神戸(体育館)・補助体育館 

・9時~21時 

・整備日:第3火曜日(祝日の場合、翌日水曜日) (休館日) 

 

③トレーニングセンター 

・平日:午前9時~午後10時 

・土曜:午前9時~午後8時 

・日曜・祝日:午前9時~午後6時 

※15分前までにご退室ください 

 

④テニスコート 

・9時~21時 

※ただし12月から2月の日曜・火曜は9時~17時 

 

⑤球技場 

・9時~21時 

※ただし照明設備は照度が少ないため、種目や内容によってはご利用いただけない場合があります。 

 

⑥多目的広場 

・9時~17時 

※ただし5~8月は19時まで 

 

⑦野外ステージ、自然のくに、冒険のくに、ちゃぷちゃぷ池 

9時~17時ただし、5月~8月は19時 

 

※全施設利用可能期間は1月4日~12月28日(一部利用制限あり) 

※ユニバー記念競技場は現在一般利用受付はしていません。


利用料金

各施設により異なります。


アクセス

車: 

阪神高速神戸山手線「白川南」ICより西へ約5分 

 

電車: 

神戸市営地下鉄西神山手線「総合運動公園駅」より徒歩約7分


駐車場

有り 

・1800台


1日1回500円(大型バス2,000円※要予約)


ウェブサイト

https://loconavi.jp/events/239159

【大阪】淀川河川公園 三島江地区

菜の花を見ながら堤防に沿ってお散歩


大阪にある「淀川河川公園 」。野球やサッカーなどの運動施設やバーベキューエリアなどがあり、地域の方を中心に親しまれている公園です。ジョギング、ランニングなどを楽しまれている方も多いです。


そんな淀川河川公園 高槻市三島江地区では、春になると菜の花が咲き誇ります。4月上旬頃から堤防付近で菜の花(セイヨウカラシナ)を見ることができます。堤防に沿って花を楽しみながらお散歩すると最高。淀川は背割堤の桜が有名ですが、ぜひこちらもチェックしてみてください!

51ad95b3d5878cfd

淀川河川公園 三島江地区


住所

大阪府高槻市三島江 


開催時間

4月上旬〜4月下旬


お問い合わせ

06-6994-0006


アクセス

車: 

新名神高速道路高槻インターから約20分 

枚方方面からは鷺打橋を渡った所を左折し堤防上から駐車場へ。


バス: 

京阪枚方市駅から京阪バス(茨木行)にて「鷺打橋」下車徒歩約20分。 

JR高槻駅南口から高槻市営バス (柱本団地行)にて「三島江」下車徒歩約10分


駐車場

有り(146台) 

3/1~5/31,9/1~11/30 

<平日>9:00~17:00 <土日祝日>7:00~17:00 

6/1~8/31 

<平日>9:00~19:00 <土日祝日>7:00~19:00 

12/1~2/28 

<全日>9:00~17:00


ウェブサイト

https://loconavi.jp/events/253151

【滋賀】第1なぎさ公園

菜の花と比良山が美しい絶景スポット


琵琶湖の東岸にある自然公園の第1なぎさ公園。日本の渚百選にも選定されている絶景スポットです。冬になると早咲きの菜の花であるカンザキハナナ(寒咲花菜)が、約4,000平方メートルに約12,000本ほど咲き誇ります。


第1なぎさ公園の菜の花の魅力は何と言っても比良山とのコラボレーション。雪の残る比良山とのコントラストがとても美しいです。関西で山とのコラボレーションが見られる、貴重な菜の花の名所です。また、夏はヒマワリの一種のハイブリッドフラワーが約12,000本畑一面に咲くスポットとしても有名ですよ。

第1なぎさ公園


住所

滋賀県守山市今浜町


開花時期

1月下旬〜2月上旬


お問い合わせ

077-582-1266


営業時間

常時


利用料金

無料


アクセス

バス: 

JR琵琶湖線「守山駅」から「琵琶湖マリオットホテル」行き「第1なぎさ公園」下車すぐ 

車: 

①名神高速道路「栗東IC」から約30分 

②湖西道路「真野IC」から約15分


駐車場

有り 

①第1なぎさ公園 

普通車約35台 

②みさき自然公園駐車場 

・普通車約282台 

・利用時間8:30~17:00 

・600円(7・8月のみ)


ウェブサイト

https://loconavi.jp/events/108942


その他

仮設トイレの利用可能(開花時期のみ)

【滋賀】道の駅 あいとうマーガレットステーション

4月下旬頃が見頃!イベントも開催予定


滋賀県東近江市にある「道の駅 あいとうマーガレットステーション」。体験教室などを通じて田園生活を楽しめる「田園生活館」、東近江市産100%で収穫された旬のとれたて野菜や果物を購入できる「あいとう直売館」など施設がとても充実しています。1年を通してイチゴ狩り、メロン感謝祭、スイカまつりなど楽しいイベントも開催されます。


あいとうマーガレットステーションにはお花畑があり、季節に合わせて菜の花、ひまわり、コスモスなどが咲き誇ります。例年4月中旬頃より菜の花は開花し、4月の下旬頃に見頃を迎えます。約20万本の菜の花畑の景色は素晴らしいですよ。


2019年4月21日(日)には「菜の花エコフェスタ2019&菜の花マルシェ」も開催予定。さらに4月27日(土)~5月6日(祝)までのゴールデンウィークの期間には、フリーマーケットやアマチュアバンドライブの開催も予定されており、ますます盛り上がります。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

07961c6e6d744e24

道の駅あいとうマーガレットステーション


住所

滋賀県東近江市妹町184-1


開催時間

4月中旬〜5月上旬


お問い合わせ

0749-46-1110


営業時間

9時~17時


利用料金

入場無料


アクセス

電車・バス: 

JR「近江八幡駅」から近江鉄道に乗り換え「八日市駅」下車 

ちょこっとバス(愛東線)で約20分マーガレットステーションもしくは愛東支所下車すぐ


ウェブサイト

http://www.aito-ms.or.jp/

【奈良】藤原京跡

桜と約250万本の菜の花


藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。最近では季節ごとに美しい花が植えられ、花の名所として人気があります。

 

広大な敷地は、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花が咲き誇ります。菜の花と桜のコラボレーションが非常に美しい場所です。


花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を一緒に楽しめます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。

藤原京跡


住所

奈良県橿原市醍醐町


開花時期

4月上旬〜4月中旬


お問い合わせ

0744-21-1114


営業時間

①営業時間 常時 

②定休日 無休


利用料金

無料


アクセス

電車: 

①近鉄「耳成駅」から徒歩で約30分 

②JR「畝傍駅」から徒歩で約30分 

③近鉄「畝傍御陵前駅」から徒歩で約30分 

バス: 

近鉄「大和八木駅」から「昆虫館」行きバスで約19分(橿原市コミュニティバス利用) 

車: 

①南阪奈道路「葛城IC」から国道165号経由で約10km 

②京奈和自動車道「橿原北IC」から国道24号経由で約7km


駐車場

有り 

・藤原京資料室駐車場 

・醍醐池南側駐車場


ウェブサイト

https://loconavi.jp/events/105057

いかがでしたか?

今回は関西エリアで菜の花を楽しめるおすすめスポットをまとめてご紹介しました。菜の花は早いところは1月ごろから咲き始めます。少し早い春を感じるにはぴったりのお花です。ぜひ参考にしていただいて、色々な場所に出かけてみてくださいね!