松屋銀座では、ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツとのパートナーシップのもと、 2019年4月17日(水)から5月6日(祝・月)まで、ネコのトムとネズミのジェリーが追いかけっこを繰り返す、誰もが楽しんだアニメーション「トムとジェリー」の魅力に迫る展覧会「誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」を開催いたします。

1940年、ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの2人組が短編作品として、世に送り出した 「トムとジェリー」。ネコとネズミのドタバタ劇は瞬く間に人気を博し、第1作でアカデミー賞ノミネー ト作品となり、その後も快進撃を続け、なんと7回のアカデミー賞に輝く大ヒットシリーズとなりました。

その後2人はテレビアニメーションの世界でもヒット作品を連発し、ハンナ=バーベラ・プロダクションは再び黄金期を迎え、ディズニーと双肩するアニメーションスタジオに成長しました。「トムと ジェリー」に始まるアニメーション作品は、アメリカ文化の象徴として、長きに渡り世界中の子どもたちを魅了し続けています。


同展は、2020年に迎える「トムとジェリー」誕生80年を記念して開催、日本初公開となる貴重な原画、初期のセル画や設定資料約200点をはじめ、当時のキャラクターグッズ約50点の展示を通して、「トムとジェリー」をはじめとしたハンナ=バーベラ作品の魅力に迫る展覧会です。

展示構成(予定)

第1章 ハンナとバーべラ 史上最強コンビ誕生

「トムとジェリー」誕生からシリーズ制作の秘話まで

第2章 人気スターの地位を獲得

脇役キャラクターの魅力、アカデミー受賞作品の紹介

第3章 シリーズの魅力 そして、次世代へ…。

シリーズや長編作品、初期のセル画やグッズの展示

第4章 テレビ界を席巻した「ハンナ=バーベラ」

日本アニメ文化に繋がる人気テレビシリーズの紹介

第5章 追いかけっこは永遠に

「トムとジェリー」で育ったクリエーターによる最新版やコラボ作品の展示 

「 誕生80 周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」

会 期:2019年4月17日(水)~5月6日(祝・月) 会期中無休

時 間:10時~20時(4月21日(日)は19 時30 分閉場、 最終日は17時閉場/入場は閉場の30分前まで)

会 場:松屋銀座8階イベントスクエア

主 催:トムとジェリー展実行委員会

入場料:一般1,300 円(1,000 円)他、( )内は前売り料金/予定

前売り:ヤフーパスマーケットなどで販売予定

問合せ:松屋銀座03-3567-1211(大代表)