数々の商業施設が立ち並び、都市型観光を楽しめる福岡市。「福岡タワー」をはじめ絶景を楽しめる展望台や「大濠公園」や「能古島」など自然をたっぷり感じられる場所も。今回はそんな福岡市のおすすめスポットを5カ所ピックアップしてご紹介します!

この記事の目次

福岡タワー

展望室からの景色は絶景!福岡のシンボルタワー


「福岡タワー」は1989年、福岡市制100周年を記念し開催された「アジア太平洋博覧会」のモニュメントとして建設されました。全長234メートルあり、海浜タワーとしては日本一の高さを誇ります。

スタイリッシュなデザインも魅力のひとつで、8000枚ものハーフミラーを使い地上108メートルまで吹き抜けになっています。ミラーで覆われた正三角形の外観は、「ミラーセイル」の愛称で親しまれているほど。


地上123メートルの展望室からの眺めは圧巻!福岡市街とウォーターフロントを360度のパノラマで一望できます。また夜になると天の川やクリスマスツリーなど季節に合わせた様々なイルミネーションがタワーに点灯し、幻想的な景色に。「夜景100選」にも選ばれた眺望を満喫できますよ。

また、福岡タワーは「恋人の聖地」として認定されており、地上116メートルの展望室にある「誓いのフェンス」では、ハート型南京錠を取り付け永遠の愛を誓うことができます。なんともロマンチックな福岡タワーはデートにもぴったり。ぜひ大事な人と一緒に訪れてみてくださいね。

E895487483c12636

福岡タワー


住所

福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3番26号 福岡タワー


営業時間

9:30〜22:00

 

休館日

6月最終週の月曜日と火曜日 

(いずれかの日が7月にまたがる場合は、その前週の月曜日と火曜日)


料金

大人 800円 

小・中学生 500円 

幼児(4歳以上)200円


アクセス

電車: 

福岡市営1号線「西新駅」から徒歩で約18分

能古島

福岡市民に愛される自然豊かな離島


「能古島」は博多湾の中央に浮かぶ周囲約12kmの小さな島です。島といっても博多市内からフェリーでわずか10分で訪れることが可能です。気軽な船旅を楽しめる離島として、親しまれています。釣りや海水浴、ハイキング、昆虫採集など、楽しみ方は多種多様。人口は約800人ほどで、信号機やコンビニはありません。豊かな自然が溢れており、歴史的な旧跡が多く残されているため観光客も多いです。


能古島の主な観光スポットとして、「のこのしまアイランドパーク」と「キャンプ村」があります。のこのしまアイランドパークは能古島の中で一番有名な観光スポット。お土産、食事。宿泊などのすべてをここで行うことが可能です。青い海を背景に、四季折々の花を楽しむことができます。


能古島キャンプ村は福岡県で唯一、海水浴場にあるキャンプ村です、浜辺で気軽にバーベキューを楽しむための手ぶらプランがあるほか、食材の持ち込み(有料)にも対応しているので、オリジナルバーベキューを存分に楽しむことができます。ヤシの木に囲まれた白い砂浜は、まるで南国のリゾートに来たかのような気分に。

キャンプ慣れしている方は、夏の混雑前の5月、6月頃ものんびりできておすすめですよ。

9fad4ac069e46ba1

能古島


住所

福岡県福岡市西区能古 漁村センター


アクセス

フェリー: 

「姪浜渡船場」から「能古島渡船場」まで約10分

大濠公園

全国でも有数の水景公園


福岡市中央区にある「大濠公園」は、博多湾の入り江を整備し中国の西湖をモデルに造られた、面積約40万平方メートル、周囲約2キロメートルの水景公園です。天神からわずか2駅の距離にあり、天神からの道中も景色が楽しめる場所が多くあるので、歩いて訪れるのもおすすめですよ。美しい公園は、かつて福岡城の外堀として機能していました。福岡県が造園を着工し、昭和4年に開園した歴史のある公園です。


園内の3つの島が橋で結ばれ、ツツジの花と水面に映る青柳が美しいです。野鳥の森、日本庭園、児童公園、貸しボートと、自然を思う存分に満喫できますよ。池の周囲は約2キロあるので散策にぴったり!散歩やジョギングなどに多くの人が利用しています。

冬になるとカモ類、カモメ類、サギ類などたくさんの渡り鳥たちで溢れ、バードウォッチングを楽しむことができます。また、ひときわ優雅に羽ばたく白鳥が姿を現すことがあります。


夏には花火大会の会場としても知られ、県民の憩いの場として親しまれている公園です。ジョギングやサイクリングなどの運動から、ボートに乗って水上散策まで、目的によってさまざまな楽しみ方ができる癒しの観光スポットです。

Dc0710aa2ebf06df

大濠公園


住所

福岡県福岡市中央区1-2 大濠公園


アクセス

電車: 

福岡市交通局「大濠公園駅」から徒歩で約11分

車: 

福岡高速環状線「天神北IC」から約8分


駐車場

有り 

103台

南公園西展望台

博多を360度の大パノラマで!穴場夜景スポット


福岡の中心地からほど近い場所にある「南公園」。園内には動物園などが存在し、家族連れなどで賑わいをみせます。南公園の最先端にある開放感抜群の展望台が、「西展望台」です。展望台はライトで照らされていて、最上部へ登ると一気に視界が開け、至近距離で博多の街の夜景を360度パノラマで見ることができます。


博多駅を中心に広がる繁華街や住宅地の夜景、福岡タワーまで見渡すことができるこの展望台からの眺めは一押しですよ。あまり混まずに、まったり楽しめる穴場スポットです。お散歩がてらにでも、ぜひ訪れてみてくださいね。

南公園西展望台


住所

福岡県福岡市中央区輝国1−1−77 南公園西展望台


営業時間

終日営業


アクセス

電車: 

福岡市営3号線「桜坂駅」から徒歩で約11分


駐車場

有り 

のこのしまアイランドパーク

能古島で四季折々の花と自然を楽しむ


博多湾に浮かぶ「能古島」の北側に位置する15万平方メートルの自然公園。ここでは年間約30種類もの花が咲きます。きらきらした海を背景に、春は菜の花・桜・ポピー、夏に向日葵、秋にコスモス・紅葉、冬に水仙など四季折々の美しい花をお楽しみいただけます。


コスモスが満開になる10月〜11月頃には1日の来場者数がなんと6,000人ほどに。約50万本のコスモスでできたピンクの絨毯はまさに絶景です。また6月頃から咲き誇るマリーゴールドは、入園料を支払えば摘み放題!プランターなど土に植え替ると、秋冬頃まで楽しむことができます。

お花畑の横には手作りのアスレチックが設置されていたり、ミニ動物園でヤギとうさぎに触れ合えたり、大人から子供まで楽しむことができますよ。

コスモススポットである「パノラマ花壇」までの道には、博多の古い街並みを再現した「思ひ出通り」があります。ここには喫茶店やうどん屋、駄菓子屋などが並んでいます。どこか懐かしい雰囲気漂うレトロでかわいい「思ひ出通り」もぜひ訪れてみてくださいね。

のこのしまアイランドパーク


住所

福岡県福岡市西区能古1624


営業時間

終日営業


アクセス

電車: 

福岡市営3号線「桜坂駅」から徒歩で約11分


駐車場

有り 

いかがでしたか?

今回は福岡の街中から郊外まで、定番の観光スポットと穴場スポットを5カ所ご紹介しました。東京から飛行機で2時間程で行くことができ、首都圏からのアクセスも良いです。魅力いっぱいで何度でも訪れたくなる福岡の街。ぜひ観光する際の参考にしてみてくださいね。