歴史ある神社仏閣が集まり、ショップやカフェなどが充実した古都鎌倉。首都圏から日帰りでも行けるのでアクセスもばっちり!今回はそんな鎌倉の名所「鎌倉七福神」を自転車で訪れるツアーを紹介します!

この記事の目次

鎌倉七福神巡りとは?

日本に根付いた伝統風習のひとつ「七福神巡り」。七福神すべてをまわることで、ご利益が得られると言われています。

鎌倉にも七福神がありますが、鎌倉は渋滞が多く、駅から離れているスポットもいくつかあるため、車よりも自転車でまわるのが最適です!


今回紹介する「鎌倉七福神サイクリングツアー」は、マウンテンバイク、グローブ、ヘルメットなどサイクリングに必要なものがレンタル出来るので、手ぶらで気軽に参加することができます。ベテランガイドさんが案内をしてくれるので道に迷ってしまう心配もありません。思い立ったら吉日!サイクリングで気持ちの良い風を受けながら、七福神をすべてまわりましょう♪

B267abf176a7b732

一、【弁天さま】芸の神、財運を招く神様(鶴岡八幡宮)

七福神の中で唯一の女神、弁財天さま


古都鎌倉の中心に位置する「鶴岡八幡宮」。1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。境内には奉納された数多くの旗が立ち並んでおり、御社殿裏にある政子石は、夫婦円満、子宝の祈願石とされています。


メインの参道を出口方面へ向かっていくと、本殿から鳥居に向かって左手側に源平池があります。その源氏池に鎮座する旗上弁財天社に、弁天様が祀られています。芸術の神、金運を授けてくれる神であり、七福神の中で唯一の女神です。

2715e55a013ac964

二、【布袋さま】家庭円満の神様(浄智寺)

愛嬌溢れる顔で迎えてくれる、布袋さま


鎌倉五山の第四位である格式高いお寺「浄智寺」。ここは鎌倉幕府五代執権・北条時頼の三男・宗政が29歳の若さで亡くなった後、八代執権・北条時宗が弟を弔う為に、その夫人と子・師時が建てたお寺です。境内は国の史跡の指定を受けており、たくさんの緑で溢れ癒しの空間となっています。


小さな洞窟に開運、良縁、子宝の神様である布袋さまの石像が祀られています。布袋さまは中国五代のころに実在した禅僧・契此(かいし)の姿と言われています。布袋さまの太鼓腹をなでなでしてご利益をいただきましょう。

D95650381e39a78f

三、【毘沙門天さま】病魔退散、財宝富貴の神様(宝戒寺)

仏教を守る四天王の一人、毘沙門天さま


天台宗の寺院である「宝戒寺」は、後醍醐天皇の命令により、北条高時氏の霊を慰めるために足利尊氏が創建しました。また境内の歓喜天堂に安置されている「歓喜天像」は、恋愛成熟や夫婦円満にご利益があると言われています。萩の寺と呼ばれるだけあり、萩が見頃を迎える時期には多くの参拝客が訪れます。


本尊の左手には毘沙門天が祀られています。別名を多聞天といい、仏教を守る四天王の一人です。病魔退散や財宝富貴の神様であることから、とくに健康運にご利益があると言われています。

23b30a46deb69bc2

四、【寿老人さま】長寿の神様(妙隆寺)

長寿のご利益を授けてくれる、神寿老人さま


「妙隆寺」は鎌倉時代末期の有力御家人で日蓮宗に帰依していた千葉胤貞が、至徳2年(1385)に建立しました。「千葉屋敷」とも呼ばれています。日親上人が寒中の水行の際に100日入った池が残されているほか、室町幕府将軍の怒りを買った日英が拷問を受け、焼けた鍋を頭に被せられた「鍋かむり日親」の逸話が知られています。


境内に祀られている七福神の神寿老人は、中国宋代の人であり長寿の神様です。ぜひお参りして長生きのご利益を受けてみてくださいね。

792450107a122453

五、【恵比寿さま】商売繁盛、五穀豊穣の神様(本覚寺)

幕府の守り神、厳しい顔つきの恵比寿さま


「本覚寺」は一乗日出を開山として1436年(永享8)に創建されました。足利持氏が鎌倉の夷堂があった場所に寺を建てて日出に寄進した寺院。二代目住職が日朝上人であったことから「日朝さま」という名で親しまれています。日朝が目の病気になったとき、法華経と自らの回復力によって治療したことから、本覚寺は眼病救護のご利益があると言われています。


境内の夷堂に商売繁盛の神である、えびす神を祀っています。本覚寺のえびす様は源頼朝公が幕府の守り神として祀ったものなので、普通のえびす顔とは異なり厳しい顔で岩の上で手を合わせて座っています。

2103afa78c5e5f63

六、【大黒天さま】出世、開運の神様(長谷寺)

出世、開運、財富招来の福神である大黒天さま


鎌倉時代以前からあったと伝えられている「長谷寺」。大和長谷寺の開山、徳道上人が開いたと伝わり、天平8年(736)に創建されたといわれています。本尊の十一面観音は高さ9.18mで、木造仏では日本一の大きさ。また重要文化財の梵鐘(ぼんしょう)があります。観音堂の建つ平地には、見晴らし台が設置され、鎌倉の海が街並みを見渡すことができます。


大黒堂の中央に鎌倉・江ノ島七福神の「出世・開運授け大黒天」と、その隣に「さわり大黒天」が祀られています。さわり大黒天は、その名と通り願いを込めて手で触ってお参りすることでご利益があると言われています。

Cbf823467b74a332

七、【福禄寿さま】健康長寿の神様(御霊神社)

長寿や財宝を招いてくれる、福禄寿さま


「御霊神社」が創建されたのは、平安時代の後期とされています。石造りの鳥居が江ノ電の線路沿いにあり、江ノ電越しに鳥居の撮影ができると人気スポット。神社の名前は、強く尊い祖先の御霊の意味を持ちます。桓武天皇の子孫で、鎌倉武士団を率いた鎌倉権五郎景正が祀られています。


七福神の福禄寿が祀られているのは、本殿に向かい右側の社です。福禄寿は中国の神が起源となっており、幸福、長寿、財宝を招く福神として知られています。広く閑静な境内はいつ訪れてもほっとできる空間ですよ。

637e1ef60ee45d5d

鎌倉七福神サイクリングツアー


料金:

土曜・日曜、祝祭日:6,000円(税込)(おひとり様)

上記以外の平日 :5,500円(税込)(おひとり様)

※レンタル料金、ガイド料、拝観料、消費税を含みます。


体験時間帯:

9:00-13:00(予定)


1組当たりの予約人数:

2名〜7名


走行距離:

約10km


予約はこちらから(公式HP):

https://www.mtb-tour.com/bike/kamakura.html

いかがでしたか?

老若男女に愛される街「鎌倉」。源頼朝が開いた悠久の都にはグルメや体験、ショッピングなど七福神以外にも魅力がいっぱい♪サイクリングのルートは材木座海岸から由比ヶ浜の「湘南の海」を爽快ツーリング。ベテランガイドさんがいるのでサイクリング初心者の方でも安心です!ぜひ楽しみながら鎌倉の歴史を巡ってみてくださいね。