一面に花が咲き誇るお花畑は、非日常を味わえる癒しスポット。今回は藤やポピー、バラなど、フォトジェニックな景色が楽しめる九州エリアのスポットをまとめてご紹介します!

この記事の目次

【福岡】のこのしまアイランドパーク

四季折々の花に彩られる自然公園


博多湾に浮かぶ「能古島」は、福岡市内の港からわずか10分ほどで行ける離島です。「のこのしまアイランドパーク」は能古島の北側に広がる自然公園。ゲートボールのようなオリジナルスポーツ「のこのこボール」を体験できるほか、ウサギやヤギと触れ合える「ミニ動物園」やアスレチックなどもあり、大人から子どもまで楽しめます。

ポピーやヒマワリ、ダリアなど、年間を通じて咲く様々な花も大きな見どころ。特に菜の花とコスモスの名所として有名。春は約50万本の菜の花、10月上旬~中旬は約50万本のコスモス、10月下旬~11月中旬は約30万本の遅咲きコスモスが園内を彩り、シーズン中はライトアップも実施されます。

4月下旬~7月下旬には約5万株のマリーゴールドが咲き、6月~7月に開催される摘み取り放題のイベントは毎年大盛況。スコップや袋を持参で来れば、無料でマリーゴールドを持ち帰ることができます。

85c34a577ee1851e

住所

福岡県福岡市西区能古1624 のこのしまアイランドパーク


お問い合わせ

092-881-2494


営業時間

①営業時間 

・平日(月曜〜土曜)9:00~17:30 

・日曜日、祝日 9:00~18:30

※冬季は平日と同じ時間となります

 

②定休日

年中無休


利用料金

入園料 

・大人(高校生以上) 1,200円 

・こども(小・中学生) 600円 

・幼児(3歳以上) 400円


アクセス

フェリー・バス: 

「姪浜渡船場」からフェリーで「能古島渡船場」まで約10分

「能古島渡船場」から西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗り約13分


駐車場

あり

【福岡】河内藤園

「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた藤の名所


「河内(かわち)藤園」は福岡県北九州市にある藤の名所です。海外のWebサイトの「実在する世界の美しい場所10」やアメリカの放送局・CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選出されたことから、国内外から注目を集めるようになりました。

河内藤園は、1977年に故・樋口正男氏が山を切り開いて整備した私設藤園。約3千坪の広大な園内には口紅藤・赤紫・紅・白・八重など、22種類もの藤の花が4月下旬~5月中旬にかけて咲き誇ります。野田長藤が一面に広がる約1000坪の大藤棚をはじめ、美しいグラデーションに彩られる藤のトンネルなど、ほかでは見られない絶景に出会えます。

混雑緩和のため、河内藤園のチケットはコンビニでの前売り予約制。花の開花状況により、追加料金も発生するので、詳細はHPでご確認ください。

C7d7bc94216085de

住所

福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48 河内藤園


お問い合わせ

093-652-0334


営業時間

開園時間 8:00~18:00


利用料金

※例年3月中旬頃よりセブンイレブン、ファミリーマートにてチケット販売(当日券などはありません)

①咲き始め、咲き終わり

・大人 500円

・高校生以下 無料

②中間

・大人 1,000円

・高校生以下 無料

③見頃

・大人 1,500円

・高校生以下 無料


アクセス

電車:

JR「八幡駅」から1時間に数本のシャトルバス運行(期間中)

・始発 9:00

・最終 15:00


車:

①都市高速「大谷IC」から約20分

②都市高速「山路IC」から約20分


駐車場

有り

200台(無料)

【長崎】ハウステンボス

ヨーロッパの街並みがチューリップやバラで彩られる!


「ハウステンボス」は日本最大の面積を有するテーマパークで、九州を代表する観光名所の一つ。オランダの街並みを再現した広大なパーク内では、イルミネーションや音楽やダンスのショー、アトラクションなど、多彩なイベントとアクティビティが楽しめます。

四季折々に咲く花々も、ハウステンボスも大きな見どころの一つ。特に有名なのがチューリップで、日本最多700品種100万本がヨーロッパの街を彩ります。毎年2月上旬~4月中旬頃には「チューリップ祭」を開催。また、5月はアジア最大級の2,000品種130万本のバラ、6月は日本最多1,250品種のアジサイなどが見頃に。

夜はライトアップされた花々も楽しめるハウステンボス。色々な季節に足を運びたい花の名所です。

住所

長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1


お問い合わせ

0570-064-110


営業時間

9:00〜22:00(施設、曜日により異なるため要確認)


利用料金

①1DAYパスポート(入場+約50のアトラクション施設利用)

大人 6,900円、中人 5,900円、小人 4,500円、シニア 6,400円

②散策チケット(入場のみタイプ)

大人 4,400円、中人 3,400円、小人 2,100円、シニア 4,400円

③光の街アフター5パスポート(入場+約50のアトラクション施設利用+光の宮殿入館)

大人 4,900円、中人 4,100円、小人 3,200円、シニア 4,400円

④光のナイト散策チケット(入場のみタイプ)

大人 4,000円、中人 3,000円、小人 2,000円、シニア 3,900円

⑤2DAYパスポート(連続2日間の入場+約50のアトラクション施設利用)

大人 12,300円、中人 10,300円、小人 8,300円、シニア 11,800円

⑥3DAYパスポート(連続3日間の入場+約50のアトラクション施設利用)

大人 16,000円、中人 14,500円、小人 11,200円、シニア 15,500円

⑦年間パスポート

大人 22,000円、シニア 20,000円、ジュニア 16,000円


アクセス

電車:

①JR「博多駅」から特急「ハウステンボス」で約1時間45分

②JR「長崎駅」から長崎本線・大村線・快速「シーサイドライナー」 で「ハウステンボス」まで約1時間30分

車:

西九州自動車道「佐世保大塔IC」 から約15分


駐車場

有り

第一駐車場(普通車 800円/回)

【大分】くじゅう花公園

約500種500万本の花々が咲き誇る


「くじゅう花公園」は阿蘇国立公園内の久住高原にある公園です。"九州の屋根"と称されるくじゅう連山や阿蘇五岳を背景に、春から秋にかけて約500種500万本の花々が咲き誇ります。22万㎡の広大な敷地には森のエリアや花畑エリア、野草のエリアなどがあり、変化に富んだ景色を満喫できますよ。

花畑エリアには6つの畑があり、春はチューリップやネモフィラ、夏はラベンダーやひまわり、秋はサルビアやコスモスなど、圧倒的なスケールで季節ごとの花々を楽しめます。また、くじゅう花公園では、毎年4月下旬~5月下旬の「100万本の花々に癒される 春の七色花祭り」をはじめ、年間を通して様々なイベントを開催。

園内にはレストランやカフェも充実しているほか、お弁当の持ち込みもOK。美しい花に癒されながら、ゆったりした時間を過ごせるスポットです。

A088dcb5995b53ee

住所

大分県竹田市久住町大字久住4050


お問い合わせ

0974-76-1422


営業時間

①営業時間 8:30~17:30(最終受付 17:00)

②休園日 シーズン中は無休(冬季休園 12月1日~2月末)


利用料金

・大人(高校生以上)1,300円

・シニア(70歳以上)1,100円

・小人(5歳以上)500円


アクセス

バス:

JR「豊後竹田駅」から竹田交通バス「久住経由長湯」行きで24分「久住町役場前」下車、車で約10分


車:

大分自動車道「九重IC」から約60分


駐車場

有り

約300台(無料)

【宮崎】生駒高原

コスモスやポピーの名所として知られる高原


宮崎県小林市にある「生駒高原」は、霧島山の麓に位置する広大な高原です。標高550mに広がる12万㎡の敷地では、春を彩る35万本の菜の花にはじまり、25万本の色鮮やかなアイスランドポピーやカリフォルニアポピー、夏はアメリカフヨウやサルビア等を楽しめます。毎年4月中旬~5月中旬にかけては「生駒高原ポピーまつり」が開催され、物産市や様々なイベントが行われます。

秋は全国有数のコスモスの名所として有名。赤、ピンク、白といった17種類100万本のコスモスが咲き乱れ、毎年9月下旬~10月下旬には「生駒高原コスモスまつり」が行われます。10月上旬には「ナイトコスモス」という、ライトアップイベントを実施。キャンドルや灯篭の灯りが揺らめく幻想的な雰囲気の中、アーティストのライブや3,000発の打ち上げ花火などが楽しめます。

Ce5e78b3bc1b7c6d

住所

宮崎県小林市南西方8565


お問い合わせ

 0984-27-1919


営業時間

通常営業時間 午前9:00~午後5:00(最終入園時間は午後4:30)

※季節によって変動あり


利用料金

高校生以上 600円

中学生 300円

小学生以下 無料


アクセス

電車: 

JR吉都線「西小林駅」から徒歩で約48分


駐車場

あり

いかがでしたか?

今回は九州エリアでお花畑を楽しめるスポットをまとめてご紹介しました。たくさんの花々が咲き誇る様は、まさに絶景!ご紹介したスポットをお出かけの参考にしてみて下さいね。