株式会社マックアースは、西日本最大のゆり園「びわこ箱館山ゆり園」の2019年度の営業を6月29日(土)にスタートします。今年は新たに「虹のカーテン」が登場。

この記事の目次

ゆりとコキアが咲き誇る、まさに楽園

「びわこ箱館山ゆり園」は、箱館山スキー場のびわ湖側に位置します。ゴンドラで標高627mまで上がると、敷地面積約50,400平方メートルに約50種35万球、250万輪のゆりが咲き誇っています。標高680mの山頂からは、びわ湖や滋賀県最高峰の伊吹山などの豊かな大自然を、色とりどりのゆりとともに一望できます。

F3d40da40ca30e77
Dd86e21ab2fc6014

そして今年も好評のコキアパークを同時開催。ふわふわ、モコモコした、かわいらしいコキアを約2,000本植栽。今年はピンクの「桃色吐息」も登場します。

E59f10d3cc380979

約200枚の虹のカーテンがゆらめく新スポットも

今年誕生した新スポットは「虹のカーテン」。琵琶湖周辺では、地域の気候の特徴「高島時雨」により頻繁に虹がかかります。その虹を、江戸時代から続く伝統産業である「高島ちぢみ」で織りあげたカーテンで再現しています。横20m、奥行12mの長さ4mの生地が約200枚、風にそよぐ大きなカーテンに。通り抜けると、琵琶湖と空の大パノラマが広がります。

40df36018b190263
700dc58d30991a8c

「パフェ専門店LAMP」には夏パフェが新登場

山小屋に無数のランプがきらめくパフェ専門LUMPでは、ランタン型の明かりに照らされてゼリーとフルーツ部分が光る幻想的なパフェを提供。今年は昨年大好評だった桃パフェに加え、夏らしいスイカパフェもデビューします。

5b3ec5de472d9120

子どもも大満足のキッズワールドも

園内では、ゆっくりと移動し、車窓からは色とりどりのゆりやびわ湖の景色が楽しめる「天空ゆりトレイン」を運行。客車は58人乗りで内車椅子1台も収容可能です。

随所に奥琵琶湖、伊吹山、竹生島を見るスポットもあり、大人も子どもも見ごたえたっぷりです。


また「キッズワールド」を設置。昨年も子どもたちに大人気だった「水遊びビーチ」のほか、今年は20mの「ウォータースライダー」を設置します。その他、人工雪を使用した「スノーマウンテン」やエア遊具の「ハコちゃんスライダー」と「トランポリン」、ゲレンデの斜面を利用した「そり遊びヒルズ」など、家族で楽しめる多彩なアトラクションを用意しています。

E3386bd4609840a9
D79cd76bb4acd254

大人はきれいなゆりやコキアに癒され、子どもはおもいっきり遊べる!写真映えする女子旅スポットとしても最適です。各世代が楽しめる夏だけの楽園。この夏のおでかけ先に決まりですね!