2019年6月22日(土)〜2019年12月1日(日)の期間中、大井川本線「新金谷駅」と「千頭駅」の間を「きかんしゃトーマス号・ジェームス号」 が走ります。親子で目一杯楽しめるポイントをご紹介します。

この記事の目次

きかんしゃトーマス号が発着する「新金谷駅」。遠くからも見えた煙...

「あれはトーマスだ!!」

走行の準備中でしょうか。ますます期待が高まる、旅のスタートです。

4beee3b19acd58e6

SLはこんな風に動いている

駅舎の奥にたたずむ「SL整備工場」はトーマスフェア開催期間中だけ見学できます。

きかんしゃに乗り込む前に、ぜひ整備工場も見学してみましょう。


エネルギーの石炭に、たきつけ用の薪。

42993692a3657bdc
A2a482d4de020cbc

ジェームスもスタンバイしています。

F4318668bbf45c12

ヘルメット姿の整備士さんがひっきりなしに行き来する光景。

こんな風にSLは動いているのかー。

5357c556cb60f4f3

「SL整備工場」はトーマス号やジェームス号運行日の9:00~12:00(受付11:30迄)、13:00~17:00(受付16:30迄)に開催。

料金は小学生以上500円(記念品付き)です。

E7544432be5cea16

7月20日(土)からは、「SL整備工場」に新しいなかま「フリン」も加わります。

6c4a4187230bcd42

一通り工場見学を終え、いよいよ車内に乗り込みます。

42b2005c2bd6af70

レトロな車内に楽しい仲間たちのフラッグ。

3c990a1c7956aed6

テンションの上がる座席です。

8f0d1bb18b62b3a0

窓を開けて風や音、まちを感じよう

ガタン、ガタン、シュシュ...トーマスの声で車両が動き始めます!

トーマス号に冷房はありませんが、窓を自由に開け閉めできます。

少し力が要りますが両手でぐっと開けてみましょう。


手の届きそうな自然、大井川の気持ちの良い風を感じます。

551d0297d935e58a

少し道を進むと、踏切で止まる人、畑の人、カメラを構える人もみんな素敵な笑顔で手を振ってくれます。

中には窓やベランダ、露天風呂から手を振るみなさんも。この交流が嬉しくて、私たちも全力で手を振っていきます!!

トンネルに入ると、ガタンガタンと一層音が大きく、暗くなる車内。子どもたちからは「こわーい」の声が上がる一方、煙の匂い、窓から苔むした壁をながめるのも贅沢に感じるほど。

8808d319e99eab89

オリジナル駅弁を楽しもう

車内で配られるお弁当は、「きかんしゃトーマス弁当」。手のひらサイズで、ひょっこり飛び出す立体トーマスもかわいいです。

11:00少し前ですが、終着「千頭駅」でゆっくり楽しむためには、早めの昼ごはんが良さそう。

5a565ebf23dcd5cc

食事を楽しみながらも、車窓から茶畑を眺め、

13b491f5dd8a07b4

迫り来るバスのバーティを発見し、応援したり...楽しみ満載の旅でした。


B03e11039f1a82aa

※通常の走行コースではなく、特別に許可を得て撮影したものです。

終着「千頭駅」ではトーマスフェア開催中!

日本でここにしかない“アプト式列車”の始発駅、そしてSLの終着駅でもある「千頭駅」。

DAY OUT WITH THOMAS期間中(〜12月1日)は、駅構内で「トーマスフェア」を開催しています!


「トーマスフェア」は入場料¥500(小学生以上)。車で来場する場合には別途駅入場券(¥150)が必要です。トーマス号の方向転換や、ヒロ・パーシーとの整列など、「千頭駅」でしか見られない光景は必見です。

33083bc3cbbb5fb6

「ウィンストンのレールライド」に「ラスティーの遊覧貨車」やミニSLなど、色々なアトラクションで目一杯遊べます。

8addedaddcf30078
4964a69f12f74b42