札幌を中心にオリジナル担担麺店を展開する株式会社175が、カフェ機能も兼ねそろえた「175°DENO担担麺 LoungeHOKKAIDO(ひゃくななじゅうごど でのたんたんめんラウンジほっかいどう)」を8月6日(火)札幌にオープンします。「岩瀬牧場のラー油ソフトクリーム」など、ここでしか味わえない新メニューが誕生!親子で楽しめるラーメン作り体験コーナーも設けます。

この記事の目次

「175°DENO担担麺」とは

「175°DENO担担麺」は、担担麺へのこだわりを追求するため、店主DENO氏が中国・四川省成都をはじめ日本国内の有名店を食べ歩き、さらに担担麺に通じる様々な業態の繁盛店で修行し渡り歩いた、担担麺研究の集大成。札幌を中心に、東京、新潟、福島に11店舗を展開。今回オープンする「175°DENO担担麺 LoungeHOKKAIDO」は12店舗目となります。

本格四川料理の技術と日本のラーメン技術を融合させた、四川の担担麺でも日本の担担麺でもない、店主オリジナルの担担麺「DENO担担麺」が主力メニュー。


同店の担担麺の味付けに欠かせない「175°辣油」は、担担麺発祥の地である四川省成都近郊の山奥で生産者から買い付けた「四川花椒」や日本未入荷の香辛料で作っています。

F9db127368c70d6f

新店舗の『175°Lounge』とは

175°Loungeはこれまで展開してきた11店舗と同様の担担麺の提供に加え、コーヒーやスイーツを提供するカフェ機能も備えます。


また175°DENO担担麺を作り上げる為に必要な食材である、「花椒とラー油」の量り売りも。「担担麺を通じて、地元の人とお客様が集う憩いの場になれるように」という想いを込めて「LOUNGE」と名付けました。

E7e80b649fb68e5e

『175°Lounge』4つの特徴

1:全国唯一!ソフトクリームや中国茶を提供


自慢の担担麺と相性の良い本格的なカフェメニューがあるのは同店だけ。中国から仕入れたフォトジェニックな中国茶「花咲く工芸Tea」(600円)や、北海道砂川にある岩瀬牧場のソフトクリームに同店オリジナルのラー油をトッピングした「岩瀬牧場ラー油ソフトクリーム」(380円)など、ビジュアルも味も刺激的なメニューを展開します。

0ad9b3437bcec535
D18c89da35a1d4ca

2:花椒と自家製ラー油を量り売り


175°DENO担担麺に欠かせない「花椒」と「175°自家製ラー油」の量り売りを実施。しかも花椒とラー油のプロからのアドバイス付きです。痺れる味わいを自宅でも楽しめます!

D018481e8d3057d2

また、時間帯によってはラー油を作る工程を見学することも可能です。

57c0611b059e9366

3:ラーメン作り体験コーナー


子どもたちへの食育プログラムの一環として、ラーメンの湯切りやトッピングを保護者と一緒に体験できるコーナー(平日のみ開催・価格600円で予約制)も。


憧れの湯切り体験や、自分だけのオプションをのせた世界で1つだけのラーメンを作れます。作る姿はチェキで撮影しその場でプレゼントしてもらえます。


4:「トドラーズラウンジ」併設

5c79b7bac2b0ca78

小さな子どもと一緒の食事でも保護者がゆっくり担担麺を楽しめるよう、キッズスペース「トドラーズラウンジ」を併設しています。

パパやママは、夢中で遊ぶ子どもを見ながら、ゆっくり食事を。子ども向けのラーメンなども提供しています。


「175°DENO担担麺 LoungeHOKKAIDO」は札幌・清田。近隣にお住まいの方も、観光で札幌を訪れた方も、ぜひ立ち寄ってみてください。ここだけでできる体験や、ここでしか食べられない味がたくさんあります。