タピオカミルクティーの大ブームをけん引する、人気台湾茶専門店「KOI Thé(コイ・ティー)」。タピオカドリンクだけではなく、台湾茶をはじめとする各種お茶のおいしさに定評のある人気店です。そんなKOI Théの夏のおすすめドリンクは「アイスクリームセイロン紅茶ラテ」。すぐに誰かに話したくなる「KOI Thé」トリビアや、新店オープン情報もご紹介します。

この記事の目次

KOI Thé について

行列の絶えない人気店として有名な「KOI Thé」は、台湾で500店舗以上を展開する「50嵐(ウーシーラン)」が海外ブランドとして展開しているティースタンドです。日本初上陸は2015年。沖縄が国内1号店にオープンすると人気を博し、現在は7店舗を構えています。※店舗数は2019年8月現在


ポップでカラフルな店構えの「50嵐」に対し、「KOI Thé」はモダンでスタイリッシュな店舗デザインが特徴。日本以外にもアジア各国・タイ・インドネシア・ベトナム・シンガポールなどにも進出しています。

7c11891882b51ebd

台湾に行ったことがある人は、「50嵐」を何度も目にしたはず。九州ほどの面積しかない台湾で550店も展開しているのはすごい数。人気のほどがうかがえますね。


台湾のお茶文化を広めたい

台湾では、食事の油分を落とすためだったり、リラックス効果を求めたりと、頻繁にお茶を飲む習慣が古くからあります。

仕事中や食後、ほっと一息つきたいときに……。台湾でお茶は暮らしに欠かせない大切な存在です。「KOI Thé」は、そんな台湾のお茶文化を世界に広めることをミッションの1つに掲げています。


だからこそ、お茶に対する思いはひときわ。高品質で新鮮な茶葉と厳選素材を使用した数々のドリンクは、味や香りに妥協がありません。


1杯1杯、オーダーいただいてから淹れるお茶は、口に含むと豊かな味と香りが広がり、人々の心を癒してくれます。

72e2807d527e5f2e

品質の良さがあってこその「ゴールデンタピオカ」

タピオカ好きな方なら、「KOI Thé」と聞いて思い起こすのは「ゴールデンタピオカ」ではないがでしょうか。


透き通るような黄金色のゴールデンタピオカは、ヘルシーで体に良い天然原料を使用した、KOIのオリジナルレシピで作り上げたもの。そんなこだわりの材料で作るゴールデンタピオカは、もちもちで噛み応え抜群。作ってから2時間以内のものだけを提供しているため、新鮮なところもおいしさのポイントです。

96c0c1c00fff22b8

また、材料はすべて自社調達。この大ブームのあおりを受け、現在世界的な「タピオカ不足」と言われていますが、「KOI Thé」ではその心配はありません。


夏のおすすめ「アイスクリームセイロン紅茶ラテ」にタピオカトッピングを

4085834dea17f8de

「KOI Thé」の夏のおすすめドリンクは「アイスクリームセイロン紅茶ラテ」。タピオカを追加(+80円)するのもおすすめです。


セイロン紅茶の香りに、コクのあるバニラアイスがベストマッチ。試飲させてもらったところ、甘くて冷たいアイスクリーム紅茶ラテとモチモチしたタピオカが、暑さでバテそうな体を心地よく冷やしてくれました。広報ご担当の佐藤さんによると、暑い時期は「甘さ70%」がおすすめ!すっきりとした甘さにすることで暑い日でもゴクゴク飲みやすくなるそうです。


なお、「セイロン紅茶ラテ」は通年販売しているドリンク。バニラアイストッピングもいつでも可能です。メニューボードでは季節によって写真付きでおすすめのドリンクをチェンジしていて、現在はこの「アイスクリームセイロン紅茶ラテ」が大きく掲載されています。より多くのお客様にわかりやすく、頼みやすい、おいしさを伝えるための同店の配慮とのこと。注文に迷ったら写真のメニューをどうぞ。

Bcb6ff0117836efa

知る人ぞ知る「KOI Thé」トリビア

さて、ここからは「KOI Thé」にまつわるトリビアをご紹介します。すぐに誰かに話したくなることばかりです!

ロゴをよく見ると…

5493569b9c29707e

「KOI」というアルファベットが斜めに配置されている店名ですが、よく見ると実は「豆」という漢字が斜めになっているのです!


「KOI Thé」を台湾語で言うと「倒茶」と聞こえ、お茶を注ぐという意味に。ロゴが斜めなのは注ぐことをイメージしています。日本国内の店舗にはありませんが、海外ではコーヒーも扱っていることもあり、斜めの豆にもKOIにも見えることで、英語圏でも漢字圏でもわかりやすいこのロゴが誕生しました。


日本1号店が沖縄だった理由


日本初上陸が沖縄だった理由はずばり、「台湾と気候が似ているから」だそう。5月から10月ごろまで、1年の半分が夏の気候である台湾。だからこそお茶を飲むことが習慣化しています。沖縄はそんな台湾の気候に似ていることから、1号店オープンにぴったりな土地と判断されたというわけです。なお、2019年現在、沖縄には3店舗を展開しています。

E07bf40287daf2b7

ニューヨーク店オープン!

0d4954a8012252ac

8月18日(日)に「KOI Thé」ニューヨーク店がオープン!北米初出店となります。海外でもタピオカがブームで、現地の人たちも待望の進出です。


そして今、ドリンクに封をするラベルシーラーに注目!ニューヨーク新店舗を記念し、期間限定でニューヨークバージョンになっています。新たな国にKOI Théがオープンする時のみラベルシーラーが変わるそうです。かなりレアですよ。


お茶やタピオカドリンクを通して、台湾の文化や本場の味を知り、身近に感じることができる「KOI Thé」。日本国内でも今後さらに店舗が増えることでしょう。東京・表参道や広島、沖縄に行った際にはぜひ立ち寄って、お茶ドリンクで至福のひとときをお過ごしください。