静岡県磐田市で明治4年に創業した老舗和菓子店「又一庵(またいちあん)」が、11月1日の「また一の日」にリニューアルオープンします。新店舗にはきんつばスイーツを味わえるカフェも併設。昔ながらの伝統の味に、新しいエッセンスを融合させた本格和スイーツを楽しめます。

この記事の目次

「又一庵」について

又一庵は、明治4年(1871年)に東海道の宿場の1つである見附(現在の静岡県磐田市)で創業。140年以上の歴史を持つ老舗です。長きにわたり伝統を守り、初代から受け継いだ「きんつば」をはじめとする様々な和菓子をはじめ、洋菓子なども製造販売。


又一庵のお菓子は、6店舗の販売店の、静岡県西部のお土産店や駅、サービスエリアなどでも購入可能です。同店のきんつばは、磐田市を代表するお菓子として地元の人々に愛され続けています。

1f1019e5275639a3

和モダンにリニューアル!

628fc498bdf7f027

白木を多用した明るい店内は、温かみのある桜色のアクセントが光る和モダンな空間に。きんつばをはじめとした和菓子が並ぶ店内の横には「マタイッコタベタイカフェ」も併設し、その場で和スイーツが楽しめます。

E9eb8d85e711691d

思わず写真を撮影したくなるフォトスポットも各所に設けました。店頭には「巨大きんつば」に座って撮影できるモニュメントも年内に設置予定。完成したら「#キンツバと私」とハッシュタグをつけてSNSに投稿しましょう!

E062ff63e3e0ff1c

生まれ変わる「又一庵」の3ブランド

今回のリニューアルでは、代々受け継がれてきたきんつばをはじめとする和菓子の新しい魅力を届けるため、コンセプトの異なる3つのブランドを立ち上げます。


それぞれのブランドコンセプトとともに、販売商品をご紹介します。

74f36862fb058c66

又一庵

まずは代々受け継がれている伝統のブランド「又一庵」から。食べたあとに「またひとつ、食べたい」という一言をもらうためという思いでお菓子づくりの伝統を守り続けます。


厳選素材と製法でひとつひとつ手焼きする看板商品の「きんつば」をはじめ、四季折々の様々な和菓子を展開します。

『手焼ききんつば 小豆』184円

9eac52be84b40bbe

ふっくらと炊き上げた小豆がきっしり詰まった又一庵伝統の手焼ききんつば。店内では焼き立ても提供します。

『蒸しきんつば』162円

C0f1cb004ebb4d82

自家製の餡に餅粉を薄くまとわせたモチモチ食感が魅力です。


『塩豆大福』216円

Af3346a1d2e6db47

新潟産のもち米を使用したもっちりとしたお餅とホクホクの豆で、あんこをたっぷり包みました。


MATAICHI KINTSUBA

きんつば菓子職人が技術を受け継いできた自慢の「あんこ」を使った和スイーツを展開する新ブランド。和と洋をマリアージュさせた独創的な味わいを楽しめます。手土産にも最適なラインナップです。


『イロドリきんつば』各130円

22570c8224c41df0

又一庵自慢のきんつばが新フレーバーを纏いカラフルに!左からミルク、ズンダ、アズキ、カボチャ、コーヒーの全5種類です。

『きんつばあんこプリン』各378円

663ff272c8cd562c

甘くなめらかなプリンの上に粒あんをオン。左から、抹茶、ミルク、カスタードの全3種です。

『アンビス』864円(9枚入)

Ed502acd5ad984fd

きんつばをイメージしたあんこビスキュイ(焼き菓子)に、相性の良いきなこチョコをはさみました。

※18枚入、27枚入もあり


マタイッコタベタイカフェ

伝統のきんつばをもっと新しく、もっと気軽に味わってほしいという想いを込め、きんつばと最新スイーツを融合させた、新感覚「きんつばスイーツ」ブランドです。


子どもから大人まで「またいっこ食べたい」と思わず言いたくなる新しいカタチのきんつばスイーツを新設のカフェで楽しめます。イートインのカフェメニューとテイクアウトメニューをそれぞれ展開。


『ふわとろキンツパンケーキ』850円(カフェメニュー)

9d4578ac38cce51c

きんつばをイメージし四角いパンケーキに、特製ミルクソースと小豆をトッピング。


『又一あんパフェ』各1,000円(カフェメニュー)

2b0a7c07fa0f5b68

粒あんや白玉、ゼリーに生クリームが美しい層を作り出す特製パフェ。写真映えも抜群です。左から抹茶、いちご、あんこの全3種を展開します。


『キンツバコ』3,000円(カフェメニュー)

A1d429c5a13a6159

あんこのおいしさをトラディッショナルに味わえる羊羹や最中をはじめ、ミニパフェや抹茶のくずねりなど、和洋スイーツを少しずつ盛り合わせたもりだくさんなスイーツプレート。「ちょっとずついろいろ食べたい」という夢が叶う豪華な1品です。

『アンコプリンソフト』580円(テイクアウトメニュー)

3c3bbce21829d52a

カスタードプリンにあんこをのせ、さらに濃厚ソフトクリームをトッピング。ボリュームたっぷりで大満足!

『キンツバー』各350円(テイクアウトメニュー)

31524d2880c922d9

きんつばが食べ歩きスイーツに!いちごの甘酸っぱさときんつばの甘さは実はとっても好相性。見た目もかわいい1品です。左からいもきんと小豆の全2種。


『どらバーガーマロン』400円/『キンツバーガー』350円/『どらバーガーいちご/ソフト』380円(テイクアウトメニュー)

0035e16d88aa9480

マロン/キンツバ/いちごをサンドしたどら焼きバーガー。片手で食べられます。


伝統と新しさ&和と洋の融合を楽しんで

今回の総本店リニューアルを第一歩とし、代々受け継がれてきた伝統に現代のセンスを、そして和菓子に洋菓子を融合させ、新たな和スイーツの開発に力を入れていくという又一庵。磐田市に出向いた際には、ぜひお立ち寄りください。


※内容は変更となる場合もあります。

※価格はすべて税込。マタイッコタベタイカフェのカフェニューは税率10%、その他の商品は8%を適用。