京都の八幡市にある「松花堂庭園」が、ライトアップを期間限定で公開します。「2021年は明るい光がさしますように」という願いを込めて開催される本イベント。今回初となる一般公開は3月7日(日)のみ。梅の花が咲く季節に、明るい春の訪れを感じに行きませんか。

この記事の目次

松花堂庭園とは

八幡市にある松花堂庭園は寛永の三筆の一人として知られる文人僧・松花堂昭乗ゆかりの、池泉回遊式日本庭園。約2万平方メートルもの広大な敷地の中に、京都府の指定文化財である「松花堂」や登録文化財の「泉坊書院」などがあり、国の名勝にも指定されています。園内には40種類を超える竹や笹、300本以上もある椿、そして梅や桜の木など、四季折々の美しい景観をみせてくれるスポットでもあります。


さらに本庭園は、今ではお弁当の代名詞といえる“松花堂弁当“発祥の地でもあり、敷地内に併設されている「吉兆 松花堂店」では、庭園をみながら松花堂弁当を楽しむことができます。※要予約

Fef044e7e8b71a1b

「梅の香かおる 松花堂庭園ライトアップ」

2020年、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、松花堂庭園もさまざまなイベントや活動を自粛してきました。そして今年、文化庁によるナイトタイム充実支援事業を受けて準備を進めてきたのが、ライトアップイベントです。

7b17f7cbf1ac6ab8

3月5日と6日には、完全予約制の夜茶会を開催(1日12名限定・参加費税込2万円)。特別に演出される和蝋燭の灯火とライトアップされる庭園で、席主に裏千家の藤井宗悦氏を迎えた夜茶会と、「吉兆 松花堂店」の特別メニューを楽しむ春の夜となります。


そして3月7日には一般公開を一夜限定で行います。通常は昼間のみ開園している松花堂庭園を、ライトアップで演出し、幻想的な春の庭園に。広い敷地内の春の夜の散歩を楽しめます。


イベント概要

夜茶会「梅の香かおる 松花堂庭園ライトアップ 和蝋燭が誘う夜茶会」


日時

2021年3月5日(金)/ 3月6日(土)17:00~20:00 ※完全予約制

1席目 17:00~/ 2席目 18:00~/ 3席目 19:00~


定員

1日12名限定(4名/席×3席)


会費

20,000円(税込)


内容

席主・藤井宗悦

松花堂庭園ライトアップ入場料、和蝋燭が誘う夜茶会、食事(𠮷兆松花堂店)、

オリジナル和蝋燭のお土産付

※送迎:京都駅から送迎車を運行(有料/事前予約制)予約申込時に選択可能


予約方法

専用ホームページから予約

https://shokado-garden.jp/


予約受付期間

2021年2月5日(金)~3月5日(金)まで

※定員に達し次第、締め切ります。


夜間特別一般公開「梅の香かおる 松花堂庭園ライトアップ 1日限定の夜間特別入園」


日時

2021年3月7日(日)17:30~20:00 (最終入場19:30)※30分ごとの事前予約制


定員

30分ごとに70名様


入場料

500円(税込)

高校生以下無料


予約方法

専用ホームページから予約

https://shokado-garden.jp/


予約受付期間

2021年2月5日(金)~3月5日(金)まで

※定員に達し次第、締め切ります。

870d745dd973e537

庭園ライトアップと特別公開イベントは、2021年は明るい光が差し込むように、との願いを込めて開催されます。3月のうららかな春の夜に、幻想的な景色とあたたかな風に吹かれ、明るい未来に思いをはせませんか。


こちらの記事もおすすめです

【京都 梅の名所】おすすめ15選!小野小町や菅原道真ゆかりの梅から、樹齢300年のしだれ梅まで