東京国立博物館で毎年桜が咲く時季に行われている企画「博物館でお花見を」が今年も開催されます。絵画や陶磁器など、桜をモチーフにした様々な日本美術の名品が並びます。今年はアプリを使ったスタンプラリーも実施!

この記事の目次


上野の2021年の桜情報はこちらの記事をご覧ください

【上野・浅草】桜・お花見 おすすめ名所9選!2021年の開花・満開情報も


所蔵品の「桜」を鑑賞する恒例行事

「源氏物語図屛風(絵合・胡蝶)」など、桜が描かれた絵画や桜に関連した作品を主役に開催される本企画。東京国立博物館に所蔵されている貴重な作品の中にある桜を「お花見」できる、春の恒例行事です。

Bec77843e9b68816

絵画のほかにも、サクラの木でつくられた珍しい「不動明王像(平安時代・11世紀 岡野哲策氏寄贈)」や、しだれ桜が描かれた「枝垂桜蒔絵棗(しだれざくらまきえなつめ・戸時代・17世紀 広田松繁氏寄贈)」、寛文期(1661~1673)に流行した「小袖 紅綸子地雪持笹桜模様(こそで べにりんずじゆきもちざささくらもよう・江戸時代・17世紀)」など多数。美しい作品たちがトーハクの春を彩ります。

968d803c29b11fbb

「トーハクなび」でスタンプラリー形式のクイズも!

東京国立博物館 公式鑑賞ガイドアプリ「トーハクなび」も本企画と連動。「博物館でお花見を」期間限定で、スタンプラリー形式のクイズ「さくらスタンプラリー」を開催します。

Fd0922ee4e2f6ab8

本館展示室内に設定されたスタンプラリーのポイントで、作品にちなんだクイズが出題され、全問正解した方はオリジナルのプレゼント画像をダウンロードできます。


※「トーハクなび」のダウンロードは無料です。


「トーハクなび」詳細はこちら

https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2010


本館北側のソメイヨシノも開花します

B1a44d88cc15c043

「博物館でお花見を」今年は事前予約制

今年の入館にはオンラインによる事前予約(日時指定券)が必要となります。入館無料の方や会員の方も同様ですのでご注意ください。


詳細は東京国立博物館ウェブサイトをご確認ください。

https://www.tnm.jp/


※会期・開館日・開館時間・展示作品・展示期間、開催内容等については、今後の諸事情により変更する場合があります。

E364aef285579ca4

「博物館でお花見を」開催概要


会期

2021年3月16日(火)~4月11日(日)


会場

東京国立博物館


開館時間

9:30~17:00

※入館は閉館の30分前まで


休館日

月曜

※ただし、3月29日(月)は開館


観覧料

一般 1,000円

大学生 500円

※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。

※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。


お問合せ

050-5541-8600(ハローダイヤル)


URL

https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=10598