都立庭園では、桜の開花時期に浜離宮恩賜庭園、小石川後楽園および六義園、ゴールデンウィークには9つの全ての庭園で開園時間を延長しています!
ここでは桜花期の営業時間・ライトアップ情報、ゴールデンウィーク期間の各庭園の開園時間と詳細情報を紹介していますので、素敵な「よりみち」の参考にしてくださいね。

この記事の目次

1.浜離宮恩賜庭園

江戸時代には江戸城の出城としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園、浜離宮恩賜庭園。海水を引き入れ、潮の干満によって池の趣を変える様式で、都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池(潮入の池)があります。 

浜離宮恩賜庭園は徳川三代将軍の徳川家光の三男であり、甲斐甲府藩主の松平綱重が海を埋め立て甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てたことがはじまりです。その後、綱重の子、松平綱豊(後の徳川六代将軍 徳川 家宣)が将軍になったのを機に、甲府浜屋敷は徳川将軍家の別邸となり「浜御殿」と呼ばれるようになりました。明治維新によって徳川政権が崩壊すると、皇室の離宮となり「浜離宮」と名称を変更し、現在に至ります。昭和27年(1952年)には旧浜離宮庭園として国の特別名称、特別史跡に指定されてています。 

1889a89e9922016d

①桜の開花時期の開園時間

徳川将軍家ゆかりの庭園である浜離宮恩賜庭園では、4月初旬はソメイヨシノが、中旬はヤエザクラが満開になるほか、ウコンザクラやギョイコウ等のめずらしい品種のサクラもご堪能いただけます。

また、美しいサクラの見頃となるこの時期には、開園時間を1時間延長し、18時まで開園します。ぜひ、伝統ある当園と美しいサクラを夕暮れまでお楽しみください。


【期間】平成30年3月24日(土)〜4月8日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

Cedca171bb206ef6

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都中央区浜離宮庭園1-1

【アクセス】

電車:

(1)大手門口(庭園北側の入口)

①都営大江戸線「築地市場駅」から徒歩で約7分

②都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」から徒歩で約7分

③JR・東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋駅」から徒歩で約12分


(2)中の御門口(庭園北西側の入口)

①都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」10番出口から徒歩で約5分

②JR「浜松町駅」から徒歩で約15分

※駐車場無し(観光バスと障害者の車両駐車スペースあり)






【入園料】一般300円、65歳

150円



※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料





問い合わせ先】浜離宮恩賜庭園サービスセンター 電話:03-3541-0200

ホームページ】 公園へ行こう!浜離宮恩賜庭園





ht

t

p://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

2.小石川後楽園

東京都文京区にある小石川後楽園。 1629年、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が築いた庭園を、家督を受け継いだ光圀が改修したと言われています。 庭園の様式は池を中心にした回遊式築山泉水庭園になっています。光圀は造成に当たり明の儒学者「朱舜水」の意見を用い、円月橋、西湖堤など中国の風物を取り入れ、園名も朱舜水の命名によるなど中国的な要素が沢山取り込まれていた庭園です。 後楽園という名は、中国の范仲淹「岳陽楼記」の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から名づけられました。 

庭園内は、春は桜に花菖蒲、夏は蓮、秋は紅葉、冬は寒椿と季節によって光景が異なるため何度訪れても楽しめます。都会の喧騒を離れて自然を感じたい時に簡単に訪れられるスポットです。 また、小石川後楽園は国の特別史跡・特別名勝に指定指定されています。 

F93967b2eb301ed3

①桜の開花時期の開園時間

黄門様こと徳川光圀公ゆかりの小石川後楽園の春を彩るシダレ桜は、ソメイヨシノより1週間早く薄紅色の一重の花を咲かせます。

園内の5本のシダレ桜のうち、入口正面の馬場桜と呼ばれるシダレ桜は特に見事で、当庭園を代表する名木です。さらに、大堰川(おおいがわ)に向かう園路に咲くシダレ桜や、大泉水を囲むように咲くソメイヨシノが、庭園を春色に染め上げます。また、桜が見ごろを迎えるこの時期には、開園時間を1時間延長し、18時まで開園します。この機会にぜひ、歴史ある庭園の春の風情を心ゆくまでお楽しみください。


【期間】平成30年3月17日(土)〜4月5日(木)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都文京区後楽1-6-6

【交通】

電車:

①JR「水道橋駅」西口から徒歩で約8分

②JR「飯田橋駅」東口から徒歩で約8分

③都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」C3出口から徒歩で約3分

④東京メトロ東西線・南北線・有楽町線「飯田橋駅」A1出口から徒歩で約8分

⑤東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」1番出口から徒歩で約8分

※駐車場無し


【入園料】一般300円、65歳以上150円

【問い合わせ先】小石川後楽園サービスセンター 電話:03-3811-3015

【ホームページ】公園へ行こう!小石川後楽園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

5e5aa8de218048fd

3.六義園

江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。

園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 

2b7870945ea778bf

①桜の開花時期の開園時間「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

六義園のシンボルともいえるしだれ桜は、高さ約15m、幅は約20mに及びます。期間中は開園時間を21時まで延長しており、ライトアップされたしだれ桜が夜空に浮かび上がる幻想的な光景は、春の風物詩として親しまれています。

ライトアップ実施期間

【期間】 平成30年3月21日(水・祝)~4月5日(木)

【時間】 9時~21時(最終入園は20時30分)

【ライトアップ実施時間】日没〜21:00

※期間中は、開園時間を21時まで延長します(最終入園は20時30分)。また、駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。

※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域があります。

基本情報

【住所】東京都文京区本駒込6-13-3

【交通】

電車:

①JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩で約7分

②都営三田線「千石駅」から徒歩で約10分

※駐車場はございません。


【入園料】一般300円、65歳以上150円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】

六義園サービスセンター 電話:03-3941-2222

【ホームページ】公園へ行こう!六義園 

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都文京区本駒込6-16-3

【交通】

電車:

①JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩で約7分

②都営三田線「千石駅」から徒歩で約10分

※駐車場無し


【入園料】一般300円、65歳以上150円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】六義園サービスセンター 電話:03-3941-2222

【ホームページ】公園へ行こう!六義園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

Ffcf42dba9c23c44

4.旧芝離宮恩賜庭園

東京に残る江戸初期の大名庭園の一つ旧芝離宮恩賜庭園。池泉を中心に庭園の区画や石がバランスよく配置された回遊式泉水の庭園です。 江戸時代の大名・老中「大久保忠朝」(肥前唐津藩第2代藩主)の上屋敷の庭園「楽寿園」が旧芝離宮恩賜庭園の始まりとされています。この地はかつて海面であったそうですが、明暦(1655年~1658年)の頃に埋め立てられ、延宝6年(1678年)に大久保忠朝が邸地を建てたとされています。 

幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となり、明治4年(1871年)に有栖川宮家の所有になりました。その後、明治8年(1875年)に宮内省がこれを買い上げ、大正13年(1924年)に昭和天皇のご成婚記念として東京に下賜されました。また、昭和54年(1979年)には文化財指定名勝として国の名勝に指定されています。 

4004f9c5c1018e12

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都港区海岸1-4-1

【交通】

電車:

①JR「浜松町駅」北口から徒歩で約1分

②都営大江戸線・浅草線「大門駅」B2出口から徒歩で約3分

※駐車場無し


【入園料】一般150円、65歳以上70円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】旧芝離宮恩賜庭園サービスセンター 電話:03-3434-4029

【ホームページ】公園へ行こう!旧芝離宮恩賜庭園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html

5.旧岩崎邸庭園

土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の長男、久彌が建設した岩崎家本邸。1896年の竣工で現在では国の重要文化財に指定されています。岩崎家の迎賓館として用いられた西洋館、木造ゴシック様式のビリヤード室、庭園などが見学できます。以前は約1万5,000坪の敷地に20棟もの建物が並んでいましたが、現在は3分の1の敷地となり、現存するのは洋館・ビリヤード室・和館大広間の3棟となっています。 

敷地内の洋館とビリヤード室は、鹿鳴館、ニコライ堂、旧古河庭園の洋館と洋風庭園などの設計を手がけたイギリス人ジョサイア・コンドル(1852年~1920年)によるものです。 

旧岩崎邸庭園には大きな芝庭がありますが、晴天の日は芝生に腰を下ろしてくつろぐ人も多く都会の喧騒を忘れさせてくれます。 

62770575e69f26b6

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都台東区池之端1-3-45

【交通】

電車:

①東京メトロ千代田線「湯島駅」から徒歩で約3分

②東京メトロ銀座線「上野広小路駅」から徒歩で約10分

③都営大江戸線「上野御徒町駅」から徒歩で約10分

④JR「御徒町駅」から徒歩で約15分

※駐車場無し


【入園料】一般400円、65歳以上200円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】旧岩崎邸庭園サービスセンター 電話:03-3823-8340

【ホームページ】公園へ行こう!旧岩崎邸庭園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

6.清澄庭園

大泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」の清澄庭園。江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716年~1736年)に下総国関宿の藩主・久世大和守の下屋敷となり、庭園の原型が造られました。その後、明治11年(1878年)、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎が、この邸地を含む約3万坪の敷地を取得し、明治13年に「深川親睦園」として開園。社員の慰安や貴賓を招待する場所として利用されました。「深川親睦園」として開園後も造園の工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ筑山や、全国から取り寄せた名石を庭園内に配置して、「回遊式林泉庭園」の清澄庭園が完成しました。 

岩崎家は関東大震災の翌年の大正13年(1924年)に清澄庭園の東側半分を公園用地として東京に寄付し、現在に至ります。 

また、清澄庭園は昭和54年(1979年)3月31日に東京都の名勝に指定されています。 

E5ddeb7b4aa2ddc1

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都江東区清澄3-3-9

【交通】

電車:

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口から徒歩で約3分

※駐車場無し


【入園料】一般150円、65歳以上70円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】清澄庭園サービスセンター 電話:03-3641-5892

【ホームページ】公園へ行こう!清澄庭園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html

7.旧古河庭園

旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、和洋の見事な調和を実現した代表的な事例です。現存する近代の庭園の中でも良好に保存されているため、芸術・観賞上価値の高い庭園として、平成18年(2006年)1月26日に文化財保護法によって国の名勝に指定されました。 

元は明治の政治家、陸奥宗光の邸地。次男が古河家の養子になった時より古河家の所有となりました。 


英国ルネサンス風の洋館と洋風庭園は、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などの設計を手がけたイギリス人ジョサイア・コンドル(1852年~1920年)最晩年の設計で大正6年5月に竣工しました。 日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860年~1933年)で、洋風庭園にも勝るとも劣らない名園です。

59ebc9e184a11982

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都北区西ヶ原1-27-39

【交通】

電車:

①JR京浜東北線「上中里駅」から徒歩で約7分

②東京メトロ・南北線「西ヶ原駅」から徒歩で約7分

③JR山手線「駒込駅」から徒歩で約12分

※駐車場無し


【入園料】一般150円、65歳以上70円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】 旧古河庭園サービスセンター 電話:03-3910-0394

【ホームページ】公園へ行こう!旧古河庭園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html

8.殿ヶ谷戸庭園

武蔵野段丘の南緑の国分寺崖線と呼ぶ段丘崖と豊富な湧水を利用して造られた回遊式林泉庭園の殿ヶ谷戸庭園。昭和4年(1929年)に三菱財閥創業家で三菱合資会社の取締役であった岩崎彦彌太が江口家から別邸として買い取り、津田鑿の設計で洋風邸宅、数奇屋風の茶室(紅葉亭)などを新築し「国分寺の家」として親しむようになりました。庭園の段丘上には芝生地が広がる洋風庭園があり、崖線の傾斜面はアカマツ・モミジ・竹林・クマザサで覆われ、崖線下には湧水の次郎弁天地を中心とした和風庭園が備わっています。 

現在では、平成23年(2011年)に殿ヶ谷戸庭園(随冝園)として国の名勝に指定されています。 

※随冝園は岩崎家の前所有者の江口家がつけた別荘の名前です。 

0c96dd4151db0413

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜18:00(最終入園は17:30)

基本情報

【住所】東京都国分寺市南町2-16

【交通】

電車:

JR中央線・西武国分寺線・西武多摩湖線「国分寺駅」南口から徒歩で約2分

※駐車場無し


【入園料】一般150円、65歳以上70円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】殿ヶ谷戸庭園サービスセンター 電話:042-324-7991

【ホームページ】公園へ行こう!殿ヶ谷戸庭園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index036.html

9.向島百花園

開園当初は360本の梅が主体だったことから、梅園として営まれていた向島百花園。その後、園主や文人たちの構想によって万葉集や古典で詠まれている植物を集め、今では500種余りの草花が、四季を通じて咲くようになりました。

百花園は当時の一流文化人たちによって手入れされた庶民的な庭園として、小石川後楽園や六義園などの大名庭園とは異なった美しさをもっています。早春の梅と秋の萩は百花園の名物で、9月には全長約30メートルの花のトンネルになります。他にも古来より日本人に親しまれている七草やフジなどを鑑賞することができます。

また、庭園の景観・遺跡ともに重要であるとして、1978年10月より国の名勝及び史跡の指定を受けています。

5d30934a941b7965

ゴールデンウィーク期間の開園時間

【期間】平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【時間】9:00〜17:00(最終入園は16:30)

基本情報

【住所】東京都墨田区東向島3-18-3

【交通】

電車:

①東武鉄道「東向島駅」から徒歩で約8分

②京成電鉄「京成曳舟駅」から徒歩で約13分

バス:

都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩約2~3分

※駐車場無し


【入園料】一般150円、65歳以上70円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

【問い合わせ先】向島百花園サービスセンター 電話:03-3611-8705

【ホームページ】公園へ行こう!向島百花園

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html