滋賀県草津市にある⽔⽣植物公園みずの森で、毎年好評の「スイレン展」が本日スタートしました。

この記事の目次

130種類以上のスイレンが花開きます

ハスやスイレンなど⽔辺の植物をテーマにした「草津市⽴⽔⽣植物公園みずの森」は、琵琶湖畔に位置し、琵琶湖やその周囲の⼭並みを⼀望できる⽴地に加え、ここでしか⾒ることができない珍しい植物、⾊鮮やかな熱帯植物を楽しむことができる植物公園です。


同園では約130種類以上の熱帯性スイレン・耐寒性スイレンを栽培。6月上旬頃よりスイレンの花が続々と⾒頃を迎えています。この見頃にあわせて、2021年6⽉15⽇(⽕)から7月4⽇(⽇)の期間中「スイレン展」を開催します。

84575f76d328b9c7

温室の熱帯性スイレンだけでなく、屋外の耐寒性スイレンも咲きはじめ、今は1年で最も数多くのスイレンを鑑賞できる時期となります。


スイレンの花を間近で観賞できるスイレン水槽をはじめ、品種別の鉢展示など屋外エリアの展示が充実しており、密を避けながら、ゆったりと鑑賞できます。


香りとともに間近で鑑賞できるのが醍醐味

1bae6b48cc3ce1b8

同園のスイレンは「花影の池」や「スイレン池」など池全体のほか、「アトリウム(温室)」に展⽰をしているほか、⾼さ約60cmの「スイレン水槽」と呼ばれる⽔槽にも、約20品種のスイレンを展⽰しています。


この「スイレン水槽」は高さがあるため、スイレンの花を間近で観賞することができ、上から覗き込むようなアングルで、花の細部まで撮影することができます。

E68decd0e2530c8f
7714e815183f137c

オレンジのようなさわやかな香りが楽しめる「ローズマグノリア」や「インナーライト」といった柑橘系の香りをはじめ、スイレンは品種によってローズ系・トロピカル系など、香りの特徴が異なります。すぐ近くで1つ1つの花の香りを楽しみましょう。


ハスの実の粉末を使った「ハスソフト」

Dd4b09590fcf5a34

また、ハスの実の粉末を使った「ハスソフト」など、同園ならではのテイクアウトメニューもご用意しています。


早起きして観に行こう!

⽔辺を鮮やかに彩るスイレンの花々。スイレンは朝に花開く特性をもつ植物です。耐寒性スイレンは昼過ぎに、熱帯性スイレンも15:00頃には花びらが閉じていくため、より花が美しく開花する午前中の観賞をおすすめします。


次の週末は少しだけ早起きして、おでかけしてみては。