都営地下鉄三田線、東京メトロ日比谷線・千代田線が乗り入れる日比谷駅。西に行けば霞が関の官公庁街、東に行けば有楽町の娯楽街に挟まれ存在感は控えめでしたが最近、すごいんです。
「日比谷シャンテ」がリニューアルし、大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」も2018年3月29日にオープン。新たな賑わいが生まれています。

この記事の目次

東京ミッドタウン日比谷

日比谷を代表する名建築「三信ビルディング」や「日比谷三井ビルディング」の跡地に、地上35階・地下4階の大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」がオープン。アールデコ様式の建築で知られた三信ビルディングをモチーフに地下アーケードをデザインするなどして、モダンな雰囲気も受け継がれています。

D14da7e3231209e3

商業フロアには60もの店舗が並び、人気ビストロよる新業態やモダン炉端焼き、立ち飲み天ぷら、京都の老舗料亭の新店など、飲食店も実力派がそろっての門出となります。


※2018年3月29日オープン

777f99de28c24ddc

日比谷シャンテ

日比谷シャンテは、東宝が1987年に開発したショッピングセンター。オープンから30年目となる2017年から、3期に分けて大規模リニューアルを実施しました。

8c2ccec07a0346e9

リニューアル第1弾とてして1階に『キハチ カフェ』などの4つの新店舗がオープンし、既存店も新装オープン。第2弾として、地下2階のレストランフロアが生まれ変わりました。

7fff9d8eb97c329c

2018年3月下旬(予定)には、1階新広場、メインエントランス、新店舗、東京メトロとの接続(地下2階)など、すべてのリニューアルが完成する予定。

日比谷公園

明治36年(1903)、日本初の洋式公園として開設されました。


日比谷公園の象徴的存在である「大噴水」は毎日午前8時から午後9時まで、28分間周期で24景を楽しめます(※月1回、清掃のためお休みがあります)。このほか、鶴の噴水、カモメの噴水もあります。

7f5958998f383a49

園内には日比谷公会堂や、大音楽堂・小音楽堂、日比谷図書館、野外音楽堂などの施設があり、文化&アートの香りに満ちた場所となっています。また、日比谷公園は江戸城の一部だったので、園内には江戸城内堀の一部と日比谷見附の石垣が残っています。

405e2e1982103184

帝国劇場

日本のミュージカルのメッカ「帝国劇場」。ジャニーズの公演や『レ・ミゼラブル』『エリザベート』などの人気ミュージカル公演で知られています。

F035a00955a5bfbd

当初は、パリの国立劇場をイメージしてフランス・ルネサンス様式を基調としたデザインでしたが、現在は近代的なビルに生まれ変わっています。地下1・2階は飲食店で、ランチ・夜のお酒に事欠きません。最上階の9階は「出光美術館」になっています。

Db19f01fa1e3e7f0

帝劇地下街は、隣の「国際ビル(クニギワビル)」と地下でつながっていて、国際ビルの地下飲食店街も独特の雰囲気でおすすめです。

東京宝塚劇場

宝塚歌劇団の拠点は兵庫ですが、東京拠点として「東京宝塚劇場」があります。一歩足を踏み入れると、赤いじゅうたんに豪華なシャンデリア。まさに、夢の世界といった感じです。

7c1169c7bf8a3e69

舞台は最新の装置を完備し、客席は2069席もありますがどの席からもステージがよく見えるように設計されています。演奏は、生オーケストラなので、臨場感と迫力は抜群です。


実際に公演を観に行きたいと思ったら、演目を選んでチケットの手配です。チケット入手方法や観劇のコツなどは、宝塚ファンが運営しているブログやSNSで情報収集するのがおすすめです。

787fc6fb7958c93e