その昔は日光街道の宿場町として栄えた北千住。現在の北千住駅は、4社5路線が乗り入れ、現在は足立区最大のターミナル駅です。
でも、駅を降りれば、人情たっぷり商店街があちこちにあり、ちょっと足を延ばせば気持ちのいい河川敷に出られます。

この記事の目次

北千住ルミネ

北千住のランドマーク的存在といえば、JR駅直結のルミネ。


さすが、若い女性に支持される駅ビル型ショッピングセンターだけあって、流行を先取りするレストラン&ショップが集っています。テナントの新陳代謝も活発です。

5f62adc1c8043adc

さて、このルミネ、あまり知られていない憩いスポットがあります。それは屋上。開放的な庭園があるのです。木製のベンチや飲み物の自動販売機もあるので、ショッピングの合間の休憩や子どもを遊ばせたりできます。

9fdbfdc9f6df5c50

天気がいい日は特におすすめです。お弁当やパン、サンドイッチを買って食べるのもいいですね。

大黒湯・タカラ湯

都内ではもはや絶滅危惧種となった銭湯ですが、ここ北千住では今も現役で活躍している銭湯がいくつもあります。


駅から国道4号線日光街道を挟んだ対岸の一角に、「大黒湯」と「タカラ湯」があります。どちらも立派な構えで、重厚。風格が漂っています。

E4e465629307109d

大黒湯は、中もかなり広く中庭や池もあってくつろぎ感は満点。サウナや水風呂、露天風呂まであるので、銭湯としては十分すぎる充実設備です。そして銭湯といえばタイル絵です。立派な富士山のタイル絵があるので、銭湯ファンは必見です。

Df457e03b504d6fd

荒川河川敷

北千住の駅から徒歩15分程度と、ちょっと時間はかかりますが、北千住といえば、荒川河川敷。こ地元の人のの憩いの場になっていて、サッカーや野球を楽しむ人たちの姿も。また、ロードバイク乗りの人はおなじみの“荒サイ”こと、荒川サイクリングロードもあります。

9539d928dbc48d6b

足立区が運営する「虹の広場」は5月が見ごろ。土手の上から眺めると、7色のチューリップが虹のように咲くのが見られます。

322052eca67e7ca4

槍かけだんご かどや

昭和27年創業の老舗、「かどや」。ここの名物が「槍かけだんご」です。

Ebb5ed4f98276a62

このだんごの名前の由来は、その昔日光街道と水戸街道の分岐だった千住宿で、水戸黄門こと水戸光圀が道中の休憩時に槍を近くにあった清亮寺の松の木に立てかけたことによるといわれています。この松の木の前にあっただんご屋が「槍かけだんご」を売っており、かどやが再現して販売しています。

A0c5f2e44bcbfd6e

だんごは、備長炭で焼いて甘いたれをかけた「みたらし団子」と、あんこがたっぷりのった「あんこ団子」はどちらも90円とリーズナブル。だんごの生地はしっとりきめ細やかでいいお味♪

宿場町通り

北千住は日光街道の宿場町として栄えてきました。旧街道の道ががそのまま商店街になったのが「宿場町通り」。昔は、サンロード商店街と呼ばれていました。商店街の目抜き通りだけでなく、わきに細かな路地が残っているのがこの街のおもしろさです。

3cd9eeb952d95cca

宿場町通りにはたくさんの商店や飲食店がありますが、中でも注目すべきは居大衆酒場『大はし』。ここのもつ煮込みは東京三大もつ煮込みに数えられるほどの名品なのです。こうした老舗に混じって、新進気鋭のカレー屋やラーメン店があるのが、この街の実力なのです。

819f9e2813cab72f