浅草は江戸時代から庶民が集まった繁華街だけあって、どこをどう歩いても楽しい。浅草寺参りや飲食店目当てでの訪問だと、あまり気にかけないかもしれませんが、浅草は「通りの名前」に注目して歩けば楽しみは二倍。歴史に触れることもできて、好奇心が刺激されます。

この記事の目次

仲見世通り・新仲見世通り

雷門から浅草寺をつなぐ賑やかな商店街「仲見世通り」。浅草の守り神・浅草寺や浅草神社へのお参りの道、表参道です。そして、仲見世通りの歴史は古く江戸時代までさかのぼり、日本でもっとも古い商店街でもあります。

Ab92deac2c7d6722
1bc925d734bb27f1

この仲見世通りと十字に交差するのが、「新仲見世通り」。銀座線浅草駅を降りてすぐの地下商店街から細い階段を上がってすぐなので、多くの人はよく見知っているはずです。年配向けの衣料品店と甘味店が隣接するなどちょっとカオスな雰囲気ですが、それも浅草らしさです。

E9d12a8a0b3df37c

伝法院通り

新仲見世通りと並行して延びる商店街です。つげの櫛を売る『よのや』や江戸切子の『おじま』など、伝統工芸品を売るお店が観光客に人気です。通りの名前にある「伝法院」は浅草寺の本坊(住職のお住まい)です。基本的に非公開ですが、期間限定で国指定名勝の庭が解放されます。

2a3a66b09e6db92b

グルメだと、天ぷらが丼からはみ出すほどに大きい『大黒屋』が人気で、行列ができることもあります。そのほか、コロッケなどのテイクアウトフードのお店があります。

2aaa33b079546bcf

ことわざを茶化した絵と文字の行燈も見もの。

オレンジ通り

浅草公会堂がある通りです。新仲見世通りが途切れるところでT字に交わっています。なぜオレンジか? ということについては諸説ありますが、「親しみやすい」といった理由かららしいです。


浅草公会堂の前には「スターの広場」があり、浅草ゆかりの俳優や落語家、芸能人などの手形が展示されています。

3688bfe0745cbf04

その隣に、かわいい郵便ポストがあります。上にちょこんと乗っかっているのはオレンジ通りのマスコット「オレンテくん」です。オレンテとは「俺ん手」。スターの手形が並ぶオレンジ通りのキャラだからオレンテくんなのです。

Ca22a2a071217171

すしや通り

オレンジ通りと、公園通りを1本挟んで並行する通りです。すしや通りといっても、現在すし屋は2軒ぐらいしかありません。その昔は多くのすし屋が軒を連ねていたため「すしや横丁」「すしや通り」などと呼ばれるようになったとか。

048d572617b6d875

すしや通りと交差して、よりいっそうディープな食堂街通りがあります。こちらは個人経営で古くからやっている小料理屋や日本料理店など、浅草らしい小粋なお店が多めです。

8e05fda168fe01a5

浅草六区通り

すしや通りから続く「六区ブロードウェイ通り」と「伝法院通り」を斜めに結ぶ通りです。ほんの100メートルほどの短い通りですが、知っていれば浅草ツウになれる小話を一つばかり。


通りの左右に街路灯があり、写真入りの看板がかかっています。渥美清さん、萩本欽一さんなど、浅草ゆかりの人物が総勢33人。

76226be1dd97120d

でも中に1枚だけ、「予約済」と書かれ写真が入っていない看板があります。これはビートたけしさん用のスペースです。ビートたけしさんは自作の歌『浅草キッド』で「煮込みしかないくじら屋で」と歌いましたが、この看板はそのくじら屋『捕鯨舩』の前に設置されています。

9ee7155ce06bde64