2018年7月3日(火)~9月2日(日)、東京国立博物館の平成館で特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が開催されます。本展は「縄文の美」をテーマに、時期や地域を超えた優品が集結し、1万年にわたる壮大な美のうねりを体感することができます。

この記事の目次

縄文時代の「美」を体感

「縄文時代」は旧石器時代が終わったおよそ1億3000万年前から約1万年続いた時代で、当時の人々は多様な自然環境を利用し、狩猟や植物の採集などを基本的な生業として定住生活を行っていました。この時期には土器や石器といった実用的な道具に加え、土偶など儀式の道具を作り出していました。「縄文」という名前も、縄目の文様を持つ土器が使われたことに由来しています。縄文土器や土偶に見られるダイナミックな造形は世界的にも注目を集めており、近年再び評価が高まっています。本展では縄文時代のスケール感をそのままに、その始まりから終わりまで、北は北海道から南は沖縄までを取り上げかつてない規模で「縄文の美」を体感することができます。

21ffbf2a90613a8b

さまざまな縄文の「美」

本展では縄文時代の人々が様々な場面でつくりだした美を紹介しています。

「くらしの美」

縄文時代の人々が身近な素材で作った道具の持つ温かさや力強さを感じることができます。こちらのポシェットは木製で、素材の特性を生かして作られています。編み物製品は丈夫で軽く扱いやすいため生活の場面で多く用いられていました。ポシェットと一緒に写っているのは、発見時中に残っていてクルミです。展示から人々の当時の生活を感じることができますね!

0febcb2d5b347f9d

「祈りの美」

縄文時代の祈りの形を代表する土偶に加えて、当時の人々の思いを感じ取ることができます。

こちらの土偶は、肘を立てて座り胸の前で両手を合わせるその姿から「合掌土偶」と呼ばれています。

6dcf168769bd1fc7

史上初・縄文時代の国宝6件が一堂に集結!

縄文時代の遺跡はこれまでに9万件を超える数が確認されていますが、数ある縄文時代の出土品の中でも現在国宝に指定されているのはわずか6件のみとなっています。史上初めてこの国宝6件が7月31日〜9月2日の期間、一堂に揃います!さらに教科書等でおなじみの「遮光機土偶」などの重要文化財、縄文時代を代表するユニークな作品が集まります。国宝6件が一挙に見れるチャンス・見逃せないですね!

1cfad8bfd124ebd3
Fbdb80e4048c2af7

いかがでしたか?あなたもこの夏、縄文の美を感じに東京国立博物館にいってみては?

開催概要

展覧会名

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

期間

2018年7月3日(火)~9月2日(日)

 場所

東京国立博物館 平成館

開催時間

9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで) 

※金・土曜は21:00まで、日曜及び7月16日(月・祝)は18:00まで(入館は閉館30分前まで)

休館日

月曜日(ただし7月16日(月・祝)、8月13日(月)は開館)、7月17日(火)

主催

東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

公式ホームページ

http://jomon-kodo.jp/

お問合せ

03-5777-8600(ハローダイヤル)