東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅は、その名の通り安産祈願で有名な「水天宮」の最寄り駅です。リムジンバスで行く成田や羽田への空の玄関口「T-CAT(ティーキャット)」へも直結しています。江戸の昔から賑わう人形町や、隅田川に面した浜町も近く、見どころたっぷりのよりみち散歩ができます。

この記事の目次

水天宮 

江戸時代から安産や子授けの神様として庶民からの信仰を集めてきました。

3235a825a9ee39a8

2018年に創建200年を迎えるのを前に、免震構造の新社殿に生まれ変わりました。犬はお産が軽いことにあやかって12日に1度くる戌(いぬ)の日のお参りは大変賑わい、境内の「子宝いぬ」の像に行列ができます。

C530a860c4e2607e
65d1d0109ab47d5b

「安産子育て河童」の像には、カッパママの肩と胸と足元に子カッパちゃんがしがみついていてこちらも人気。境内には、あちこちで初宮参りに訪れたカワイイ赤ちゃんとご家族が幸せいっぱいの記念撮影をしていました。

人形町商店街からくり櫓・甘酒横丁・末廣神社

江戸時代のはじめ、江戸唯一の歓楽街(元吉原)があったため、たいそう賑わったそうです。大芝居の中村座と市村座では歌舞伎の興行、さらに大小の芝居小屋が軒を並べ、それに携わる人形師が多く住まいを構えていたところから「人形丁(町)通り」と呼ばれるようになったとか。

F220eb4d5e20ef61

道端のからくりやぐらは日中毎正時にからくり人形の動きを見ることができます。

01e5eea378cea22e

大通りから浜町公園へ続く「甘酒横丁」は、昔ながらの個性的なお店が並ぶ商店街。かつて横丁の入り口には尾張屋と言う甘酒屋があり、明治座や寄席の「末廣」の見物客でたいへん賑わったそうです。

74f1482013f5662c

この街の鎮守は、賑やかな通りからちょっと離れたところにある「末廣神社」。400年以上も前から厚い信仰を集めています。日本橋七福神のうち「毘沙門天」様としても有名です。

明治座

明治座といえば時代劇。そのほか、歌舞伎や新喜劇、ミュージカルや歌謡ショーなど、ありとあらゆるエンタテインメントの殿堂となっています。「明治座」の名前の通り、明治時代にはじまり、歴史はおよそ140年。

A1577819a6ee28df

敷地内に、小さいながらも存在感を放つ神社があります。こちらは、「笠間出世稲荷神社」。お稲荷さまが祀られるので、商売繁盛や出世のご利益が期待できそう。

8f2020f1ffe978a8

明治座にほど近い場所に「浜町緑道公園」があり、ここはかつて流れていた浜町川を埋め立てた暗渠です。浜町公園へもすぐという絶好の散歩道ですが、ベンチが設置されているので、足を休めるのにもgood。

浜町公園

関東大震災からの復興事業として計画された公園で、昭和4年開園という歴史をもちます。東京の超都心である中央区において、区立公園として最大の広さを誇り、貴重な緑地スペースとなっています。

8daf9d5a78347da3

園内には、遊具広場や起伏のある芝生のほか、デイキャンプ場や総合スポーツセンターまで、さまざまな施設があります。ファミリーなら子どもを遊ばせるのにうってつけ。大人はベンチに座ってゆっくり過ごしたり、スポーツを楽しんだりと、楽しみ方は多種多様。

7d71ae26be5e4adf

隅田川もすぐ隣接しており、隅田川の水辺の景観と公園の緑がよくなじみ、付近の住民やお勤めの人の目と体を癒してくれる貴重なスポットとなっています。

清洲橋・隅田川テラス

水天宮エリアは隅田川へも近く、リバーサイドの散歩も楽しめます。また、“橋の博覧会”ともいわれるように、全部で16ある橋のそれぞれに個性や特徴があり、デザインが違うのがおもしろいところ。

2b95d613d1177025

水天宮駅にもっとも近い隅田川の橋の一つが「清洲橋」。関東大震災後の復興事業の一環として昭和3年(1928)に竣工しました。昭和初期を代表する吊橋として国の重要文化財に指定されています。

895d6b9efa18f12a

こうした歴史やデザインもさることながら、階段を降りれば風が気持ちいい「隅田川テラス」です。ひと休みできるテーブルやベンチがあるので、川を行き交う水上バスや屋形船を眺め、のんびりとした時間を過ごすのに最適なポイントでもあります。