第9回目となる日本最大級のコーヒーイベント「TOKYO COFFEE FESTIVAL」が青山・国連大学中庭で2018年4月14日(土)、15日(日)の2日間開催されます。国内外から約50店舗のロースターやカフェ、コーヒーのおとも、グッズが集まります。初出店の店舗を含む個性を持つコーヒーとカフェにフォーカスを当て、GOOD COFFEE エディター VaughanとTOKYO COFFEE FESTIVAL 主催者 Yuji Otsukiがセレクトする店舗が並びます。大人も子供も参加できるコーヒーチェリーに触れるワークショップでは、体験を通してフルーツとしてのコーヒーの新たな一面を感じることができます。国内外のコーヒーが一挙に揃う飲み比べも実施されます。

この記事の目次

TOKYO COFFEE FESTIVAL

2015年秋にはじまった日本最大級のコーヒーイベント。コーヒーの裏側にいる人たちの活動を広めると共に「お茶する文化」を考えます。コーヒーには自由な雰囲気があります。固いことは考えずその時の気分の自分が良いと思えるスタイルを受容して楽しめばそれ以上のことはありません。TOKYO COFFEE FESTIVALは多様性に満ちたコーヒーの愉しみ方を人々が体感し、実践する場です。

VaughanとYuji Otsukiの選ぶ、何度も通いたい場所

71bac72d23029674

GOOD COFFEEのエディターVahghanと、TOKYO COFFEE FESTIVALの発起人であるYuji Otsukiのセレクトするお店。これまでのTOKYO COFFEE FESTIVALではロースターにフォーカスを当てていましたが、初めての試みとしてカフェに注目。良い街には良いカフェがあり、カフェが街を形作っていく。そんな風景をつくるべく、初出店を含むコーヒー30店舗が集まります!

コーヒーのおともは「バターのいとこ」ゴーフル

0bf0b6d085d60693

栃木・那須の複合施設「chus」が、「森林ノ牧場」と「PATH」のオーナーパティシエ後藤裕一氏と共同開発したゴーフル「バターのいとこ」。今回特別にコーヒーのおともとしてTokyo Coffee Festivalに登場します!バターは牛乳から5%しかできない貴重なもので、残りの90%は無脂肪乳となり、安価で販売されているのが現状です。しかし、無脂肪乳も愛情込められてつくられた牛乳の一部であることは変わりありません。もしこの無脂肪乳が価値を持ち、安定した取引ができれば、地域の酪農家が「クラフトバター」を安定してつくれるのではないか。そんなアイディアが生んだ「バターのいとこ」。これはゴーフルと呼ばれるフランスの焼き菓子で、中には無脂肪乳でつくったミルクジャムがたっぷり入っています。農家にとっても嬉しい三方良しのお土産品として開発された「バターのおとも」。この2日間は特別に「chus」の代表・宮本吾一氏、「森林ノ牧場」の山川将弘氏、そして「PATH」の後藤裕一氏が駆けつけて、美味しいゴーフルを提供してくださる予定です。お気に入りのコーヒーとご一緒にぜひお愉しみください。かわいいパッケージはお土産にもおすすめです。

COFFEE LOUNGE

64de82aeb8884ea4

今回のTOKYO COFFEE FESTIVALでは会場内ラウンジで初出店店舗を迎えて、コーヒーと食の空間「COFFEE LOUNGE」を展開します。参宮橋にあるジェラート店「FLOTO」シェフの手掛ける、素材にこだわったシンプルで忘れられないジェラートを会場で。愛知県岡崎市にある自然に囲まれた「MИp cafe」人気のメニューがCOFFEE LOUNGEで初登場です!

コーヒーチェリーに触れるワークショップ

1c9c5f71cf33aaf6

「コーヒーはフルーツ」という認識が広がってきましたが、実際に見て触れたことがある人は案外少ないのではないでしょうか。鹿児島県の離島・徳之島でコーヒーチェリーの栽培に取り組む「宮出珈琲農園」。国内で大切に育てられたコーヒーチェリーが会場にやってきます。甘いのか、酸っぱいのか、どうやってチェリーからコーヒー豆を取り出すのかなど、コーヒーチェリーを五感で体験できるワークショップが行われます。

恒例の飲み比べもオリジナルマグカップで実施

6cc9f9d71fcafd69

毎回好評をいただいているコーヒーの飲み比べでは、今回も紙コップは使わずすべて陶磁器製のオリジナルマグカップを使用します。口当たりも良く、よくクリアなコーヒーを味わえます。約30店舗の提供する様々なコーヒーは、シングルオリジンで国や地域による味の違いを楽しんだり、オリジナルブレンドでそれぞれのお店のフレーバーを楽しんだりすることもできます。

注目のアーティスト・竹内俊太郎の手掛けるビジュアルデザイン

A5ccca99a78ec4e1

チャーミングなスタイルで、ファッションカタログや店舗のアートワークなど多くの場所で注目を集める竹内俊太郎氏。「野望はない、流行にも乗らない。ただ自分のスタイルを貫きたい」というどこか癖になる竹内氏の作品。自由を愛し、自由に楽しむ竹内氏の姿は私たちのコーヒーを楽しむ姿勢とどこか似ているのではないでしょうか。ミニマグカップはもちろん、その他オリジナルグッズの販売もあるかもしれません!

タイから来日するシェフ二人によるグルメストリートフード

A8725b019a9665e7

子どもから大人まで、みんなに愛されているお祭りの屋台飯。ファーマーズマーケットでは「Gourmet Street Food」というテーマを設けて、屋台ご飯をシェフと一緒にアップデートしていっています。今回はTokyo Coffee Festivalにあわせてタイから「80/20」のシェフJoeと「Samuay&Sons」のシェフNumが来日!どんなメニューになるかはお楽しみに。

イベント情報

  • 日程 2018年4月14日(土)15日(日)11:00〜17:00
  • 会場 青山国連大学前 中庭
  • 料金 入場無料
  • 主催 渋谷青山通り商店会
  • 協賛 GOOD COFFEE, Farmer's Market Association