北海道でも厳しい寒さの冬が終わり、春が訪れようとしています。北海道でも春を告げる桜の開花が少しずつ始まっています。今回は、日本で最後に見ごろを迎える、北海道のお花見スポットをご紹介します。
北海道の方も、最後まで桜を楽しみたい人もぜひ足を運んでみてください!

この記事の目次

函館公園の桜

函館公園は明治12年に開園した歴史のある公園で、園内には、動物園や市立博物館のほか、遊園地「こどもの国」などがあります。

函館山の麓に位置するため、坂などの起伏のある園内から花見をすると、ソメイヨシノやヤエザクラなど約700本の桜をさまざまな角度から鑑賞できるのが嬉しいポイント。さらには海にほど近いため、ほんのりピンクに色づく桜と青い海の二重奏を同時に眺められるのが、この公園の花見の最大の特徴です。


園内には随所にトイレも完備されているため小さな子がいる家族連れでも安心して楽しめるほか、指定エリア内では火も使えるので花見をしながら同時に地元ならではのジンギスカンを楽しむこともでき、夜には桜のライトアップも行われます。

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃

4月下旬〜5月上旬

アクセス

電車: 

函館市電「青柳町電停」から徒歩で約3分 

車: 

函館新道「函館IC」から約30分

その他お花見情報

  • 桜の本数 約700本
  • ライトアップ あり
  • トイレ設置 あり
  • お花見期間中の屋台 あり
11ac7680adf35546

血脈桜(光善寺)

北海道の最南端に位置する松前は、北の小京都とも呼ばれ江戸時代に松前藩が置かれていた道内唯一の城下町。松前城跡の松前公園には250種類、1万本の桜が咲き誇ります。

公園内の奥にあるのが光善寺。この境内にある松前でも一番古い桜で樹齢280年以上の巨木が血脈桜で、樹高7m、幹回りは約3m(二又)にもなります。


この名前の由来には言い伝えが残っています。

ある年の春に地元の鍛冶屋が、娘を連れての上方見物で吉野で美しい尼さんと知り合います。別れを惜しんで「私と思ってください」と一本の桜の苗木が渡され、その桜は菩提寺の光善寺に奉納されました。

その後桜は八重の大木になり、本堂の修理することになった際に桜の木は切られることに。

その前夜、住職の枕元に桜模様の着物姿の乙女が現れ、「死が明日に迫る、血脈をください」と告げます。この血脈とは、死んだ人が仏になれるようにお坊さんが与える書簡のこと。

血脈を与えた翌日、切り倒そうとしていた桜を見ると、昨夜の血脈が木に付いています。それを見て住職は、昨晩の乙女は桜の花の精と気づき、伐採をやめて盛大に供養を行ったとのこと。

それ以来、この桜は「血脈桜」と呼ばれ、咲く時には花色が濃く艶やかで、乙女の思いが宿るのか、住職へのお礼へとばかりに精一杯の花を咲かせます。

F072d0df8397e4f2

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃 4月下旬~5月上旬

アクセス

電車 

JR津軽海峡線「木古内駅」から函館バス95分「松城」下車、徒歩で約10分 

バス: 

JR「木古内駅」から「松前ターミナル」行きで約1時間40分「松城」下車

その他お花見情報

  • 桜の本数 1本
  • ライトアップ なし

朝日ヶ丘公園の桜

日本百景の1つに選ばれた景勝地で、3,000本のエゾヤマザクラが圧巻です。総合都市公園も隣接され、パークゴルフ場やアスレチックが整備されています。

山頂からは富良野市街、その先には富良野盆地の広大な田園風景や空知川、そして、その奥には大雪山系、十勝岳連峰が望めます。

地元っ子に「なまこ山」と呼ばれ親しまれているこの丘全体にサクラが密集して咲くため、遠目からはこんもりとした桜色のお椀のような風情。訪れた人があまりのサクラの多さに誰しも最初はびっくりするそうです。


サクラ並木の通り抜けが十分楽しめるスポットですが、車の場合、公園内の道路は一方通行の周回道路となっており、アップダウンが急で道も細く歩行者もいるのでサクラに気を取られないよう注意が必要です。また十勝岳などの景色を眺めるのであれば管理人小屋付近からがおすすめです。公園の東は樹林が多いので、葉が落ちる晩秋までは眺望不良です。

Ea2b4c094b2375d6

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

※芦別市旭ケ丘公園の情報を参照

桜の見頃 4月下旬〜5月上旬

アクセス

電車: 

JR根室本線「富良野駅」から車で約10分、バス御料線およびラベンダー号「新富良野プリンスホテル」行き「基線」下車、徒歩で約5分 

車: 

道央道「三笠IC」から道道116号、国道452号、道道135号、国道38号経由で約60㎞

その他お花見情報

  • 桜の本数 約3,000本
  • ライトアップ なし

北海道神宮の桜

札幌ではじめての花見の名所。明治時代に建立された円山公園に隣接する大社で、開拓の神が祀られています。

札幌の春は本州と違い、ウメも同時期に咲くため、境内にあるウメ、エゾサクラ、ソメイヨシノ、チシマザクラ、ヤエザクラなど約1,400本が一斉に咲き揃う様は圧巻です。


花見の時期は約60店以上もの露店が立ちならび、北の短い春を市民総出で満喫するかのような賑わいを見せます。境内には他にも樹齢数百年を越えるハルニレの大木があるなど、初夏からは緑深く、バードウォッチングのメッカとしても知られています。

614c06570ca7736f

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

※円山公園の情報を参照

桜の見頃 4月下旬〜5月上旬

アクセス

電車: 

札幌市営地下鉄「円山公園駅」から徒歩で約15分

車: 

札樽道「新川IC」から国道5号・道道452号・89号を経由し、道道128号を円山公園方面へ

その他お花見情報

  • 桜の本数 1,034本
  • ライトアップ なし
  • お花見期間中の屋台 あり

清川の千本桜

松前藩戸切地陣屋跡に向かう、道道96号線沿いのに並ぶ見事な桜並木。通称「コスモス街道」と呼ばれ親しまれていたこの街道で、千本桜事業が行われたのは、1985年(昭和60年)です。

沖川子供会育成会を中心として、子どもたちを木に親しませ、地域を桜の名所にしようと、史跡名勝松前藩戸切地陣屋跡に通じる道道上磯峠下線(道道96号線)千本桜並木として、地域住民参加による緑化活動が行われました。

大山桜(蝦夷山桜)、染井吉野各500本、合計1,000本が道道の両脇に植樹されています。

E6914665141faeea

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

※五稜郭公園の情報を参照

桜の見頃 4月下旬〜5月上旬

アクセス

車: 

函館江差自動車道「北斗中央IC」から道道96号線(旧大野町方面)に出てすぐ

その他お花見情報

  • 桜の本数 約1,000本
  • ライトアップ なし
  • お花見期間中の屋台 なし

二十間道路桜並木

新日高町は日高地方の競走馬のふるさととして知られる町。大正5年から3年間の月日を費やして、牧場職員が近隣の山野からエゾヤマザクラを集めて道路の両側に植えたのが始まりです。

今では約3,000本の桜が直線で7キロに渡り、永遠と両側に美しい桜並木が続き、地元の人に親しまれています。名前の由来は、明治36年(1903年)に同牧場を視察する皇族方の行啓道路として造成されたのが「二十間道路」で、左右の道幅がちょうど幅二十間(36m)あったことから、いつの日からか二十間道路と呼ばれるようになったそうです。

58bb1926ae50363e

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃 4月下旬~5月上旬

アクセス

バス: 

JR日高線「静内駅」から道南バス「農屋」行き「桜丘小学校前」下車、徒歩で約15分 

車: 

日高自動車道「日高富川IC」から国道235線経由で約40分

その他お花見情報

  • 桜の本数 約3,000本
  • ライトアップ 一部あり(しずない桜まつり期間中 5月1日(火)~5月6日(日))
  • トイレ設置 あり
  • お花見期間中の屋台 あり

青葉ヶ丘公園の桜

大正3年に開設された歴史ある公園で、その時に植栽されたサクラが100年を迎えて今も咲き誇る姿は圧巻です。眺望もよくサクラの間から駒ヶ岳が望めます。

品種としてはソメイヨシノを筆頭に、モリコマチ(森小町)やアオバシダレ(青葉枝垂)といった世界で1本だけの固有種、ギョイコウ(御衣黄)やウコン(鬱金)など黄緑色の花を咲かせる珍種など、全16種約1,000本が鑑賞できます。

それぞれに花期が異なるため花見期間が長いのが嬉しいですね。また花見に最適の広い芝生もあり、パフォーマンス集団による大道芸や音楽隊の演奏なども行われる「もりまち桜まつり」も華やかに開催され、たいへん賑わいます。

3883ac936bd9a127

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃 5月上旬

アクセス

電車: 

JR函館 本線「森駅」から徒歩で約10分 

車: 

道央道「森IC」から国道5号、道道794号経由で約5分

その他お花見情報

  • 桜の本数 約1,000本
  • ライトアップ あり(もりまち桜まつり期間中)
  • トイレ設置 あり
  • お花見期間中の屋台 あり

旭山公園の桜

旭川公園は、昭和38年8月15日東旭川町と旭川市の合併により都市公園として開設された、約3,500本もの桜と愛らしいカタクリの群落が旭川に春の訪れを告げる花見の名所。

自然につつまれた丘陵地に広がるこの公園には天然の美林がよく保存され、春の花見のほか、夏はハイキング、秋は紅葉狩りも楽しめるため、隣接の旭山動物園と併せて多くの家族連れで賑わいます。


高台に位置しているので何より眺望が素晴らしく、旭川の夜景を楽しむデートスポットでもあります。毎春開催される「夜桜祭り」は満開のシーズンのみ19:00~22:00まで桜のライトアップがあり、おでんなどの露店も立ちます。北海道産ミルクのソフトクリームが人気です。

8150aecf86ae1ec8

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃 4月下旬〜5月中旬

アクセス

バス: 

JR函館本線「旭川駅」から旭川電気軌道バス「旭山公園」行きで約40分

車: 

道央自動車道「旭川北IC」から道道37号を経由し、道道295号を旭山方面へ約20分

その他お花見情報

  • 桜の本数 約3,500本
  • ライトアップ あり(開花時期に合わせて)
  • トイレ設置 あり
  • お花見期間中の屋台 あり

美唄市東明公園の桜

4月の雪解けのあと、ソメイヨシノやエゾヤマザクラ、シダレザクラなど約2,000本のサクラたちが一斉に春を告げる空知管内随一の桜の名所です。例年、満開の花の中で「桜まつり」が盛大に行われ、夜桜も楽しめます。

桜の開花にあわせて園内にはたくさんのぼんぼりが灯り、日本情緒あふれる幻想的な花見の美しさを堪能できます。また、園内の「ふるさとの見える丘展望台」からは、雄大な空知平野を一望することも可能です。


他にも6月中旬からピークを迎える5,000本をこえるつつじや、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季を通じてさまざまな美唄の自然の景色が楽しめます。

0f907be0f6e8682c

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃 5月上旬〜5月中旬

アクセス

バス: 

JR函館本線「美唄駅」から市民バス東線で約15分「東明1条3丁目」下車、徒歩約3分

車: 

道央自動車道「美唄IC」から約10分

その他お花見情報

  • 桜の本数 約2,000本
  • ライトアップ あり
  • お花見期間中の屋台 あり

清隆寺の桜

桜前線の終着点として知られている根室で、清隆寺のチシマザクラは日本一遅く咲く桜として有名です。

根室市観光協会では毎年桜の季節になると5月にこの清隆寺のチシマザクラを観測し、開花状況を発信しています。北方領土由来のチシマザクラを標本木としているのは全国で唯一、根室市だけ。

明治時代に国後島から移植されたという珍種でタカネザクラの変種であるチシマザクラは、強い芳香を持ち、咲きはじめと終わりが淡紅色で、満開時には白色に変わります。樹齢約150年にもなる老木もあり、北海道100年記念名木に選ばれています。

85e77dfc4566e5cb

桜の開花情報

2018年桜の開花情報はこちら

桜の見頃 5月中旬〜5月下旬

アクセス

電車: 

JR根室本線「根室駅」から徒歩で約15分 

車: 

道東道「浦幌IC」から約200㎞

その他お花見情報

  • 桜の本数 約30本
  • ライトアップ なし

いかがでしたか?

北海道の桜はこれからが本番ですね。

日本で最後に楽しめるお花見スポットですので、まだまだお花見したい方もぜひ足を運んでみてください。

素敵な写真が撮れたら是非ロコナビで思い出をシェアしてみてくださいね。