秋葉原は世界有数の電気街。それだけではなく、アイドルやアニメなどのサブカルチャーの発信地としても注目されるようになりました。とはいえ、秋葉原のことをまだよく知らないという人も少なくないでしょう。

ここでは、秋葉原の定番観光スポットを案内します。家電量販店や電子部品の店が立ち並ぶ電気街にガチャガチャの台がぎっしり詰まった店があったり、よく耳にするわりに実はどこにあるのか知らない「AKB48劇場」が「ドン・キホーテ」の中にあるなど、意外な発見がたくさんあるはずです。

この記事の目次

秋葉原電気街

秋葉原は今、訪日外国人がもっとも注目する観光地の一つ。もちろん、電気街でのショッピングやメイドカフェ体験なども人気ですが、「THE JAPAN」なお土産も人気です。「痛T(イタティー)」や「バカT」などと呼ばれるおもしろおかしい日本語をデザインしたTシャツを売るお店などもあり、目が釘づけになってしまいます。

 

このほか、ありそうでなかったアイデアグッズばかりを売る「サンコーレアモノショップ」なども楽しく、見飽きません。例えば、「1人用こたつ」や下からシャツのシワを伸ばしながら乾燥できる「アイロンいら~ず」など。常人の発想の斜め上を行きすぎて「時代がついていけない」レベルのおもしろグッズも目白押しです。

336df2809744056c

万世橋駅(跡)

かつてJR中央線の御茶ノ水駅と神田駅の間に「万世橋駅」という駅がありました。その遺構である赤レンガ造りの高架橋は現在、「マーチエキュート神田万世橋」という商業施設に生まれ変わりました。建物自体が貴重で見ていて飽きないですが、中に入店するショップやカフェも当時のままの壁面や階段などを見事に生かしており、歴史を感じさせるクラシックな空間となっています。

 

作家による手芸のワークショップや、作家に希望を伝えその場で作ってもらえるオーダー会など、さまざまなイベント企画を行っていることもあります。

214184f11ba54e61

AKB48劇場

国民的アイドルグループ・AKB48。「会いに行けるアイドル」をモットーとし、秋葉原「48劇場」を活動拠点としています。それはなんと、秋葉原の目抜き通りである中央通りのドン・キホーテ秋葉原店の8階に立地。公演がない日はフロアへの入場もできないので、お出かけ前にサイト(https://www.akb48.co.jp/theater/)で確認してからにしましょう。また、公演に参加するには会員登録やチケット応募などの手続きが必要です。ちなみに、JR線秋葉原駅ホーム高架下の「AKB48カフェ&SHOP」ならいつでもAKBのグッズが購入できます!

Fcf89b4af11d97af

ガチャガチャショップ秋葉原店

何が出るかはお楽しみ♪ のガチャガチャ(ガシャポン)。数百円でドキドキワクワクできるアミューズメントです。そんなガチャガチャが一堂に会するのが「ガチャガチャショップ秋葉原店」。定番キャラクターやかわいい動物ものから昭和レトロ、ネタ系までありとあらゆるジャンルのガチャガチャ台が店内にぎっしり。時代の流行に合わせて内容がどんどん変わっていくので、いつ来ても楽しい!

 

また、こちらよりもさらにディープ&オタク向けの「秋葉原ガチャポン会館」も合わせて訪れたい。

1b7dc59a5655775f

柳森神社

電気街として発展した側ではなく、秋葉原駅南側、秋葉原ワシントンホテルのあるほうにもご注目。ホテルの裏には神田川が流れ、このあたりは江戸の昔は「神田佐久間河岸」と呼ばれた水運の町でした。

 

神田川を渡ると、小ぢんまりとした柳森神社があります。ここは「おたぬきさま」として親しまれています。これは、たぬきが「他を抜く」に通じ、受験や出世などにご利益があると信仰されています。そのため、狛犬の代わりに「狛たぬき」がいたり、たぬきの石像があったりと、たぬきだらけ。そのほか、持ち上げて力比べをした「力石」や「富士講関係の石碑群」など見どころたっぷり!

806996f881cf8bfd