初夏から見頃を迎えてくる蓮(ハス)と睡蓮(スイレン)。どちらも同じ水生の植物ですが、おおまかな違いを2つ挙げると、蓮の花は水面から茎をのばし高いところで咲き、睡蓮は水面近くで花を咲かせること。また、蓮の葉には切れ込みはありませんが、睡蓮の葉には切れ込みがあります。

そんな蓮と睡蓮、種類にもよりますが、見頃の時間帯はともに朝~午前中が多いです。今回は、気持ちのいい初夏~夏の朝に見に行けそうな、関東の蓮や睡蓮の名所・見頃のおすすめを5つご紹介します!

この記事の目次

【茨城】古河総合公園の蓮

3,000平方mのハス田に手のひらほどの大きさの蓮が一面に咲く

茨城県古河市にある「古河総合公園」は、25万平方mの広大な敷地の総合公園です。


園内の北端にあるハス田は、1975年に千葉市から古河市に大賀蓮の根を2本贈られたのが始まり。古河総合公園のハス田は今では3,000平方mに広がり、夏の見頃になると、手のひらほどの大きさの美しい花を咲かせる名所になります。

400ff426e42aa2d9

【見頃の時期】

7月上旬~7月中旬


【営業時間】

管理棟・駐車場・野外ステージは9:00~17:00


【休園日】

なし(管理棟・野外ステージは12月28日~1月5日休館)


【アクセス】

電車:

JR宇都宮線「古河駅」よりバス約5~16分

車:

①東北自動車道「久喜I.C.」より約30分

②圏央道「古河I.C.」または「五霞I.C.」より約30分


【URL】

http://www.koga-kousya.or.jp/koga-park/


【東京】上野恩賜公園不忍池の蓮

文化の香り高い公園の池が一面蓮で覆われる

「上野恩賜公園」江戸時代、東叡山寛永寺の境内地でした。それが明治維新後に官有地となり、大正13年に宮内省を経て東京市に下賜されました。 今では博物館や動物園、美術館なども建てられて文化の香り高い公園へと衣替えし、家族でもデートでも楽しめる名所になっています。


上野恩賜公園の不忍池は見頃の時期には一面蓮の葉で覆われ、そこにたくさんの蓮が大きな花を咲かせます。開園は5:00と早いので、朝早めに訪れて開花を楽しむことをおすすめします。

892471b7b3f75a4e

【見頃の時期】

7月中旬~8月中旬


【開園時間】

5:00〜23:00


【料金】

入園無料


【アクセス】

電車: 

①JR宇都宮線・京浜東北線・山手線・常磐線「上野駅」から徒歩で約6分 

②東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩で約6分 

③都営地下鉄大江戸線「上野駅」から徒歩で約11分 

③京成本線「京成上野駅」から徒歩で約6分

【千葉】水郷佐原あやめパークの蓮

栽培している蓮の品種は約300種で日本一

千葉県香取市の「水郷佐原あやめパーク」は、水郷筑波国定公園内に位置し、約8haのパークには、島や橋・水面などが配置され、昔懐かしい水郷の情緒を味わえる名所となっています。


「水郷佐原あやめパーク」で栽培している蓮の品種は約300種。日本一はもちろんですが、はすの本家中国でも300種という品種を保有している施設はありません。

また、見頃の時期の7月からは「はす祭り」が開催され、象鼻杯の体験やはす茶のおもてなしなど催し物もたくさんありおすすめです。

0cbfe40695fd69fd

【見頃の時期】

7月上旬~8月上旬


【蓮のイベント】

はす祭り

例年7月上旬~8月上旬


【開園時間】

  • はす祭り期間:7:00~15:00
  • あやめ祭り期間:8:00~18:30
  • その他の期間:9:00~16:30

※入園最終受付は閉園の1時間前


【休園日】

  • 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
  • 年末年始(12月28日~1月4日)

※はす祭り・あやめ祭り期間中は無休


【料金】

  • あやめ祭り期間中:大人 800円 小・中学生 400円 65歳以上 700円
  • あやめ祭り期間を除く5月~8月:大人 600円 小・中学生 300円 65歳以上 500円
  • 9月~11月:大人 200円 小・中学生 100円 65歳以上 150円
  • 12月~3月:無料
  • 4月:大人 200円 小・中学生 100円 65歳以上 150円

※大人とは15歳以上(中学生を除く)


【アクセス】

電車:

①JR成田線「佐原駅」から佐原循環バス(北佐原・新島ルート)(約35分)「水郷佐原あやめパーク」下車(平日のみ運行)

JR成田線「佐原駅」からタクシーで約20分

車:

①東関東自動車道「佐原香取IC」「大栄IC」から約30分。

②圏央道「神崎IC」から約25分。

【東京】町田薬師池公園の蓮

日本の歴史公園100選の池で咲く蓮を見る

東京都町田市の「町田薬師池公園」は、「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園。薬師池も「新東京百景」「東京都指定名勝」に指定されている名所です。


園内の北側にはハス田があり、見頃になると大賀蓮がきれいに花を開きます。

町田薬師池公園は蓮以外にも、梅、椿、桜、花しょうぶ、紅葉など、四季を通して花々を楽しめるおすすめの公園です。

7165b63c867899df

【見頃の時期】

7月下旬~8月上旬


【開園時間】

6:00~18:00(6月~8月は6:00~19:00)


【アクセス】

電車: 

JR横浜線・小田急線「町田駅」からバス、「薬師ヶ丘」下車徒歩で約7分

【東京】昭和記念公園の睡蓮

広い公園内の日本庭園で見られる睡蓮

東京ドーム約40個分の広さを誇る国営の「昭和記念公園」。園内にはドッグラン、フットサルコート、プール、バーベキュー施設など、花の名所としてだけでなくレジャー全般におすすめの公園です。


四季を通じて数々の植物の景観を楽しめ、睡蓮も6月ごろに昭和記念公園内の花木園(菖蒲田)や日本庭園で見ごろを迎えます。

D3a9cb14f168227d

【見頃の時期】

6月上旬~6月下旬


【営業時間】

9:30〜17:00(3月1日~10月31日の営業時間


【料金】

  • 大人(15歳以上)450円 
  • シルバー(65歳以上)210円
  • 中学生以下 無料

【アクセス】

電車:

①JR青梅線「西立川駅」から徒歩で約2分(西立川口)

②多摩都市モノレール「立川北駅」から徒歩で約8分(あけぼの口)、徒歩で約13分(立川口)

③JR中央線「立川駅」から徒歩で約10分(あけぼの口)、徒歩で約15分(立川口) 

いかがでしたか?

今回は関東の蓮(ハス)・睡蓮(スイレン)の名所や見頃を5つご紹介しました。

暑いと何かと家で冷房にあたりがちですが、朝のまだ涼しいうちに外に出て、足を延ばせるエリアで関東の蓮や睡蓮の名所までお出かけしてみたいところ。こちらを参考に蓮・睡蓮を存分に満喫してください!